« 風に吹かれて | トップページ | モーニング »

桜の木の下

おにぎり食べてはらいっぱい。

土曜は実家の方で姉の誕生日祝いで食事して、期日前投票行って、実家に帰って片付け。
大して力仕事していないのに、なぜか昨日から筋肉痛がひどい。
こけし数本もらって帰った。
状態もよく、満足。
一緒にあんまりいらないものもいろいろと渡されるんだけど…。

そういえばさっきこけしの写真が出ているBlog見ていたら、アメ車のミニカー販売をしている店長からいろいろとこけしについての質問をされた。
こけしは1本だけだとただこけしとして認識されるみたいだけれど、複数のバリエーションを見ると、みんな興味深く思ってくれるみたい。
ここからさらに実際に購入するに至る人はまた限られてくるだろうけれど、ただフォルムや模様のバリエーションだけではなくて、時代や作者による微妙な差異のバリエーションがあり、結果的にひとつとして同じものがない、というところがこけしの魅力を深みのあるものにしていると思う。

日曜は井の頭公園でささやかに花見。
まぁ例年通りに桜の木からはちょっと離れている場所、でも芝生で天気もよく気持ちよかった。
ただ生きているだけで、こんなに気持ちよいんだな、と体感できることは、大人にも、子供にも、いつの時代の人にもとても良いことだと思う。
近くにいる人はみんな、ゆったりと楽しんでいた。

選挙結果に対しては、現職が立候補したときは、圧倒的に有利なんだなー、ということなのでは。
結局、現職が一人しかいないのに対して、対抗は票が割れてしまう。
0からのスタート、未知数の候補を選ぶことに慎重になる人が多いのでは。
しかし、あらゆることを無視しても、4年の任期を勤めると、石原は82歳である。

ともかく、今日で、あの日から1ヶ月。
日々生まれ変わるように、自分にできること、したいことをすること。
それぞれがそれぞれに、金はなくとも知名度はなくとも力はなくとも、何かできることがある、と思う。

|

« 風に吹かれて | トップページ | モーニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風に吹かれて | トップページ | モーニング »