« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

Blog納め

ようやっと本日、仕事納めです。

あと約5時間。

お昼は中華弁当。

今胸焼けが…

たぶん今年のBlog更新は、本日でおしまい。

なんかあったらtwitterでつぶやくかも、しないかも。

twitterのアカウントはsuntronix_fugaです。

カッパのラテン語学名です。

フォロー・ミーです。

年末年始はこれといって予定あるわけじゃないけれど、正月は親戚の家に行く模様。

あとはクロスロードでロックンロールハートを手に入れたり、しこしことギターの練習したり。

やー案外いそがしいね。

僕はギターを練習するんで、君はベースの練習。

そっちの君はドラムね。

君はオルガンで君はピアノ。

じゃ、年明けにせーのでロックンロールしましょう。

今年もありがとうございました。

年末年始、はめをはずしすぎないように。

また来年元気で会いましょう。

あ、すっかり忘れていましたが告知。

1月23日(日)は高円寺コネクシオンにて北村早樹子、プリミ恥部とライブですー。

予約はsantoteruyukiあっとまーくgmail.comまで。

4649!

また来年~

| | コメント (0)

未だ来ず

もうじき2011年かぁ。

あと4日ですか。

年号ばかり未来っぽくなっていく。

でも、twitterとか、スマートフォンとか電気自動車とか、それなりに未来、来てますか?

あんまり自分の身の回りにはないんだけど。

今年の反省点…全然録音していないこと…いや、ちょっとしたんだけれど、発展途上過ぎて、もうちょっとこなれてから録ろうかなぁと思ったり。

家で大きい音出せないとなると、作曲と録音は滞りがち。

と、しみったれたことを書いていても仕方ないので、前向きに。

ちょっとずつ多くの人に伝わるようなアクションと、それに見合う表現を発していくようにします。

でも、今年は結構充実というか、生活を立て直すこともできたし、ライブも誘ってもらったり、自分でもできたし、よい年だったと思います。

まだあと3日ほどあるけど、気持ちよく過ごせたらいいな。

最近は一日の半分くらいはギターのことを考えている気がします。

別にピアノでもドラムでもいいんだろうけれど、まぁ自分の場合はギターで。

明日まで仕事して、少々お休みです。

| | コメント (0)

冷蔵庫

職場でガスのヒーターつけているんだけれど、なっかなかあたたまらない。

というか、ほぼ、足が寒い、というところに集中している。

今朝は自宅の台所で弁当作りながら、寒いので温度計見たら6.5度…

冷蔵庫要らずですなぁ。

北海道とかに木造アパートってあるのかな?

先ほどは職場でスティーヴィー・レイ・ヴォーンのブート・ライブ盤があったので聴いてみたり。

今週は仕事やることなくなるんじゃないかと危惧していたけれど、今のところほどよくある。

年始、親戚との食事会に出ると答えたものの、ちょっと迷う。

土日+2日間休みなだけだもんなー。

まぁ仕方ないですかねぇ。

ギターの練習方法について、いろんな角度から研究を進めたい。

並行して、作曲も…。

ところで世の中昨日で仕事納めの人って多かったのかな?

なんか今日は道や駅がいつもより空いていた気がする。

今日入れてあと3日、頑張ります。

| | コメント (0)

先週末は

24日の金曜日はいただきもののチキン(地鶏、もも)にバーベキューソースかけてオーブントースターで焼いていただいた。

思いがけず、豪勢な夕食になりました。

ケーキはトリアノンのスペシャルショートケーキ。

食べすぎで若干の胸焼け。

25日は今年最後のLife Works。

このイベントは、出演以外もほぼ毎回行ったけれど、なんかいろんなことがあった。

アンデルセンズは小野崎くんがインフルエンザでリタイア、でも他のメンバーで音楽を形成していく様に感動したし、なんというかクリスマスらしいアクトで、素敵なプレゼントでした。

竹野バンドは、うたしろさんのドラムが、なんというか、大きくなって、ドラマチックな演奏に貢献していた。

あと、竹野くんがサビ2回歌わずに最後に思いっきり歌ったときのも、よかったな。

コネクシオンでの打ち上げは朝まで。

その後にラーメンに行く猛者たちも…。

あと数日仕事。

1年の垢を落とすような気持ちで日々見直し、生き直し、来年に向かいます。

ん?昨日は…結構寝てました。

| | コメント (0)

クリスマスだよLife Works Vol.12

今日はクリスマス・イブ。

これーといって、それらしいことはしていません。

ケーキぐらいは買うと思う。

昨日TVで19世紀イギリスの生活とクリスマス準備の再現の模様をやっていて、なかなか面白かった。

静謐で厳しさも持つトラッド・フォークの世界。

生まれてこのかた、海外旅行というものをしたことがない。

最近じゃ随分安くなっているとは思うんだけれど。

サンタさんお願いします。

明日25日は…

Life Works vol.12
12月25日(土)

無力無善寺 高円寺
open/start 18:00/18:30 charge/¥1500+1drink order
LIVE:TOMMY THE GREAT / アンデルセンズ / フジワラサトシ / 竹野恭章バンド
写真:田中慎一郎(タナシン )

ちなみに、このイベントの打上は高円寺コネクシオンでするので、参加予定の方は、山藤かたなしんまで連絡いただけたりすると人数把握の都合上、助かります。

今年も怒涛の勢いで、いろんな出逢いを提供してくれたLife Works。

自分が出るわけではないけれど、1年の締めくくりに、是非遊びにいらしてください。

アンデルセンズには、先日山藤ライブでドラムやベースを担当してくれた関くんがたぶんギターで参加します。

無善寺は写真の展示は難しいスペースだけど、写真家、田中慎一郎a/k/a/たなしんには何らかの形で、ちゃんと写真見せて欲しいです。

でもって、来年1月23日はコネクシオンで自分のイベントをやります。

いちにさんで覚えやすいね。

忘れないね。

Rock N' Roll Connection Vol.3

【出演者】
山藤 輝之(FUGA)/プリミ恥部/北村 早樹子

【日時/料金】
2011.1.23(sun) OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 1,500YEN / DOOR 1,800YEN + 1Drink Order
ご予約はこちら(または各出演者)まで
→ santoteruyukiあっとまーくgmail.com

(※あっとまーくを半角@に変換してください)

【場所】
コネクシオン(JR高円寺駅南口徒歩2分)
音楽と本のあるカフェ&バー
東京都杉並区高円寺南4-23-4
中銀高円寺マンシオンB1
Tel&Fax 03-3312-8688

北村早樹子ちゃんのアルバムは来年1月1日発売で、タワレコ新宿店は特典CD-Rがつくそうな。

1月20日はインストアライブもやるそうです。

さて、1月23日はどんなライブやろうかなー。

ってまぁ、エレキにするかアコギにするかぐらいなんですけど。

家で遠慮しぃしぃ歌っていても、よくわからないので、一度スタジオでも入らないとなぁ。

ともあれ、全員途方もなくいい曲を歌うっていうだけで成り立つイベントなので、自分もなるたけそこのど真ん中に向かっていきます。

お楽しみに。

あれだなぁ、イギリスのクリスマス準備は、日本の大晦日~お正月、おせちの準備とかにイメージ的に近いかもなぁ。

話戻すとね。

| | コメント (0)

美しい雑音

久しぶりに弁当作った。

おかず一品、どんぶり方式。

久しぶりだと手際も悪くなるけれど、昼に食べるとやっぱりほっとする。

昨日はちょっと暇ができたので、事務所をいつもより念入りに掃除。

が、そもそも整理整頓すべき箇所がたくさんあるなー。

徐々に取り組みます。

明日はお休みだー。

実家も大掃除しに帰るかどうするか。

昨日ニール・ヤングの演奏シーンを初めてちゃんとYou Tubeで観て、その動きに感銘を受ける。

ジミ・ヘンドリックスもまた。

楽器は絵筆であり、音楽家の数だけ文法がある。

本来は。

別に何かを成しても、ただ享受していても同じ人生かも知れないけれど、何かやりたくなるのはなぜかしらね。

もうすぐクリスマスだけれど、今年はなんとなくやっている感薄い?高円寺と西荻窪くらいしか行かないから?

個人的にも、1年間いい子にしたのにサンタさんが来るのかどうだか微妙な空気です。

真実の愛とサラダスピナーとニール・ヤングのアルバムが欲しいんですけど。

| | コメント (0)

楽しい場所

どうも憂鬱な話を聞いてしまったもので、憂鬱な気分の火曜日。

でも今週は木曜休み。

明日行ったらお休み。

頑張ります。

はい。

高円寺フェスで遅れていた仕事もようやく追いつけ追い越せ。

前も書いたけれど、高円寺のフリーペーパーSHOW-OFF Vol.41には「極悪レミー」の紹介文を書きました。

表紙は毛皮のマリーズで、これがフリペなんですか?という高級な紙で作られているし、他の誌面は高円寺のことが色々といやでもわかってしまう楽しい内容なので、ぜひ買い物ついでにSHOW-OFF手に入れてください。

古着屋さんの店頭などなどにあります。

12月は出不精の自分も毎週ライブ観に行くようなことに。

今週末は、Life Works。

http://shinichirotanaka.net/

Life Works vol.12
12月25日(土)

無力無善寺 高円寺
open/start 18:00/18:30 charge/¥1500+1drink order
LIVE:TOMMY THE GREAT / アンデルセンズ / フジワラサトシ / 竹野恭章バンド
写真:田中慎一郎(タナシン )

家でギターを弾いているけれど、一進一退。

ジミヘン毎日聴いてる。

ニール・ヤングの新譜もじっくり聴いてみたいものだ。

| | コメント (0)

戦い方を考えよう

土曜はがんがん昼寝、寝だめしてから、高円寺Show Boatへ。

水庭くんのイベント、ラプソディ観に行きました。

会場では、いろんな人に会えたし、ニーネ、さかな、割礼はちょっと事情あって途中で失礼したけれど、よく考えるとかなり音楽性バラバラな3組、面白かった。

なんとなく、インディーズというと想起するイメージはあるけれど、今やあまりにも音楽性は限りなく広がっている。

となると、自分が何をやるかというと、開き直って、自分の好きな音楽、伝えたいことを素直にやっていくのが一番な気がする。

テクニックがある人、センスがいい人、上には上がいくらでもいる。

自分よりうまい若い人もいくらでもいるし。

表現として、より明確なものとか楽しめるものにはしたいけれど、ただやりたいことをやるってのが一番なのかな。

と書くとちょっと安易だけど…なんて最近また思いました。

| | コメント (0)

万華鏡

今朝も寒かった。

起きられないもので、今週は一度も弁当作っていない。

はー。

まったく早起きの皆さんは偉い。

今も足元が冷えている。

最近はもっぱら、ギターのことを考えている。

少しずつ、あれとこれとつながって、出来ることが広がる感じ。

もどかしくもあるけれど、少しずつ、成長はしているだろうか。

寝食を忘れて、という言葉があるけれど、そこんところは全く忘れられませんなぁ。

生活を軽んじては、表現も薄っぺらになってしまうだろう。

とはいえ、ギター、ギター。

音楽全体のことを考えつつ、ギターという楽器の特性も考えて、最大に、弾きこなしたいなぁ。

ギターの特性を活かした演奏法。

ということで、ジミヘンからのクラプトンです。

ジミヘンの「Concerts」は本当に素晴らしい、豊穣な、エレクトリック・ギター・ワールドです。

もし聴く機会があったら是非。

| | コメント (0)

SHOW-OFF Vol.41発売!!

高円寺で10年続くタウンマガジン、SHOW-OFFにモーターヘッドのレミー・キルミスターの映画「極悪レミー」の紹介文書きました。

http://showoff.jp/

気がつけば、高円寺となんの関係もない文章に終始してしまったけれど、モーターヘッドだもん。

高円寺の若者は興味ありありでしょう。

皆様、高円寺にお越しの際は、ぷらっとお店巡りして、SHOW-OFF入手してください。

「極悪レミー」もとっても面白い音楽ドキュメンタリーなのでぜひ観てね。

ちなみに表紙&インタビューは毛皮のマリーズです。

伊藤政則に憧れた中高生の頃。

今になって、ふとしたきっかけでレミーの映画のレビューを書けて、良かったです。

朝、もう遅刻寸前まで起きれず、今日も弁当なし。

寒かったので、ふと思い立って、外では滅多に食べないラーメン食べに行きました。

ラーメンもっと安ければいいなー、と思うけれど、実際作るのお金かかるんだろうね。

とんこつラーメンで、味は普通…でした。

体は温まった。

| | コメント (0)

くちづけ

昨日は忘年会とやらに数年ぶりに出た。

小規模なものだけれど、なんとなく、年の瀬感を感じつつ楽しかった。

もう、あと半月だものな。

ミッシェル・ポルナレフのベスト盤をかけている。

特になんということはないのだけれど、いい曲だし、歌声もいいし、たまにアレンジが狂っていたりして、結構楽しめる。

ジミヘンのライブ盤も、会社のラジカセで聴いているときの方が、家のスピーカーでかけるより燃える。

なんか、音の輪郭がはっきりしているというか。

年末、一度家に帰って、CDとか送るか持ってきたいなー。

同じ音楽でも人によって、随分感じ方が違う。

自分が聴いても、昔面白いと思っていたものが、まるで面白くなかったりしてね。

長く、多くの人に聴かれるのが良いに越したことはない、か。

自分が作りたいものに真剣に取り組むのが一番ね。

その上で意見を聞いて生かしたほうがよい。

他人の意見ばかり聞いていたら、ラーメン屋がカレー屋になるかも知れない。

| | コメント (0)

生涯の芸術

昨日、西荻窪サンジャックで北村早樹子ちゃんを観た。

前回観たときと大きな変化はなかったけれど、やっぱりいいなぁと思う。

今回は、抑えて歌っているところの方がすっと入ってきた気がする。

崇高さと退廃を同時に感じる音楽で、何よりメロディが美しいです。

今は演奏や歌に素朴なところがあるけれど、これからどうなっていくのかな、と思う。

来年1月1日に出るアルバム、新宿タワレコだとCD-Rがつくみたい。

来年、1月23日にプリミ恥部の白井くんと、北村さんと、3人でライブをやります。

自分はエレキかアコギか、どちらにしても丁寧な弾き語りをやりたいなと思う。

Rock N' Roll Connection Vol.3

【出演者】
山藤 輝之(FUGA)/プリミ恥部/北村 早樹子

【日時/料金】
2011.1.23(sun) OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 1,500YEN / DOOR 1,800YEN + 1Drink Order
ご予約はこちら(または各出演者)まで
→ santoteruyukiあっとまーくgmail.com
※あっとまーくを半角@に変換してください

【場所】
コネクシオン(JR高円寺駅南口徒歩2分)
音楽と本のあるカフェ&バー
東京都杉並区高円寺南4-23-4
中銀高円寺マンシオンB1
Tel&Fax 03-3312-8688

年末年始、時間があったら曲も少しでも書きたいけれど、ギターもまた研究したい課題がでてきた。

時間をうまく使いたいな。

| | コメント (0)

ミスター・ロックンロール

土曜日は千駄ヶ谷Loop-lineでLife Works #11に出演した。

写真家、田中慎一郎のイベントで、やや例外的な回は幾つかあったけれど、基本的には、壁面に写真を展示して、音楽のライブと、写真と、同時に見れるものではないけれど、相互作用をもって場を作るようなイベント。

フライヤーも配布して、毎回、持って行くと喜んでくれる人が多い。

今回は、諸事情あって、展示はなし。

このイベントを作ってくれたたなしんのことを考えて、音楽のことを考えて、30分5曲、精一杯のパフォーマンスをした。

1.ミスター・ロックンロール

2.僕のメトロ

3.僕は幸せ

4.スタンド・バイ・ミー

5.ロックンロール・ハート

アンデルセンズとかでマルチ・プレイヤーとして活躍する関春彦君がドラムとベースで一緒に演奏してくれた。

3曲目、新曲で、関くんがベースを弾いた「僕は幸せ」が評判良かったみたい。

関くんドラムも好評いただいてよかったけれど、何しろ初めて一緒にライブをやったし、本当に難しいライブだったなぁ。

イベントいろいろあったけれど、竹野バンドの演奏は、俺は燃えた。

音が大きかったので、前の方の人は大変だったと思うけれど、ドラムのうたしろさんがずっと竹野くんを見ながらプレイしていて、今までになく、一体感を感じた。

「淡い夢」のときの大塚さんの短いリード・ギターとかも格好良かった。

竹野くんのパフォーマンスは圧倒的にロックンロールだった。

はっきり言って、音楽に明らかに結果は出ていたと思う。

20人くらい参加していた?打ち上げも色々な人と話したりできて、良かったです。

たなしん、本当にありがとう。

いつか、もっと恩返しします。

昨日はほぼ一日中二日酔い。

今日はとーっても寒いけれど、北村早樹子ちゃんが我がホームタウン、西荻でライブやるので観に行きます。

12月13日(月)
@西荻窪サンジャック
時間:19時開場20時開演
料金:チャージ2500円+1ドリンクご注文
出演:河内伴理、北村早樹子

| | コメント (0)

Life Works #11

今日もジミヘン「Concerts」からのクラプトン&CREAMの編集盤。

両方RAREで125円で買った、ジャンク品みたいなやつだけれど、ジミヘンは長らく廃盤だったライブ編集盤で、徹頭徹尾、素晴らしい楽曲&神がかったなんて言葉も使いたくなるような演奏で満ち溢れている。

クラプトンはかったるい曲もあるけれど、泣ける曲、かっちょいい曲ももちろんありあり。

これに先日買ったビル・ウィザースの「Still Bill」なんかも加えて、自分を奮い立たせてライブに挑みます。

そう、ついに明日こそ、その夜。

本当に、ちょっとでも気になったら来て下さい。

損はさせません。

http://shinichirotanaka.net/

Life Works vol.11
12月11日(土)

Loop Line 千駄ヶ谷
open/start 18:00/18:30 charge/¥1800+1drink order
LIVE:豊田道倫 / 王舟 / 竹野恭章バンド / 山藤輝之

写真:田中慎一郎(タナシン )

あ、でも18:30までにちゃんと来て下さいねー。

それには理由がある。

HPにはイベントを組んでくれた写真家、田中慎一郎の写真が2回分出ているので、そちらも是非。

| | コメント (0)

ロックンロールハートを手にいれた

土曜日のイベント、ライブのことを考え続けている。

結果を出すために。

ライブも先日の友人の結婚パーティーを除けば、ほぼ半年ぶりでしょうか。

音楽は、俺に応えてくれるだろうか。

それには、自分が限界を手前に置いてしまわないことだな。

たなしんは、頭がいいとか、やり方がうまいとか、礼儀正しいとか、そういう人間じゃないかも知れないけれど、好きにならずにいられない、人間くさいやつです。

まぁうまく説明、宣伝できないけれど、次につながる最高のライブをやって、彼に応えます。

ちなみにこのイベント、ライフワークスは今月2回あるので、2回分のインフォ載せます。

楽しみましょう。

http://shinichirotanaka.net/

Life Works vol.11
12月11日(土)

Loop Line 千駄ヶ谷
open/start 18:00/18:30 charge/¥1800+1drink order
LIVE:豊田道倫 / 王舟 / 竹野恭章バンド / 山藤輝之

写真:田中慎一郎(タナシン )

Life Works vol.12
12月25日(土)

無力無善寺 高円寺
open/start 18:00/18:30 charge/¥1500+1drink order
LIVE:TOMMY THE GREAT / アンデルセンズ / フジワラサトシ / 竹野恭章バンド
写真:田中慎一郎(タナシン )

| | コメント (0)

RARE盤

マックで昼食べたあと、レアで125円のCD3枚買った。

結構いいタイトルなんですが、うち2枚はジャンク品と言ってもよい汚さで盤面もだいぶ汚いんだけれど、とりあえずジミヘンのライブ盤。

ちゃんとかかってる。

しかーもかっこいい。ロック!

一安心ですな。

とりあえずもとはとった気がする。

| | コメント (0)

you can't do that

日記にタイトルつけないと、mixiの連携とかおかしくなるのかも。

まぁ思いついたらつけるようにします。

昨日は夜新宿で友達に会った。

30分かそのくらいだと思うけれど、ケンタッキーでコーヒーおごってもらってしゃべった。

友達は疲れているらしく、色々と愚痴をこぼしたけれど、話すことで和むならいいかと思う。

その友達に対して怒ることは何もないけれど、ただ、彼のストレスの原因について、なんか後から怒りがこみあげてきた。

そういう気持ちを音楽に変えることは正しいことかわからないけれど、ただ、とてつもないエネルギーになることは確か。

アドレナリンが出るからね。

怒りも優しさも音楽にすることはできるよ。

お陰様でエモーショナルなライブができそうです。

今週末、とても素晴らしいイベントに出るので、是非遊びに来てください。

一番最初に出ます。

Life Works vol.11
12月11日(土)

Loop Line 千駄ヶ谷
open/start 18:00/18:30 charge/¥1800+1drink order
LIVE:豊田道倫 / 王舟 / 竹野恭章バンド / 山藤輝之

写真:田中慎一郎(タナシン )

| | コメント (0)

先週金曜日はのどが痛いし、急に具合悪くなったので休んだ。

夕方、荻窪に出かけた。

土曜日は友人、やあくんとサチちゃんの結婚パーティー。

下北沢で、初めての店だったけれど、なかなか面白い作りで、広いテラスがあるので開放的な気分。

友達もたくさん来ていたので、とても楽しく、ここぞとばかりに飲みまくり、食いまくった。

1曲半歌わせてもらって、”ロックンロールしてますか”~竹野バンドのウタシロさんにドラム(ブラシでハットとスネア)会わせてもらって、”幸せになりたい”だっけ、ライブではたぶんやったことがない2年くらい前?の曲をやった。

たくさんの人がいるところで歌わせてくれて、とてもありがたかったです。

サチちゃんは綺麗なかっこうしていて、やあくんはセネガル人みたいな格好していて、あ、自分はスーツでした。

あとでプリミ恥部のたっくんが歌って、それはそれはもう最高に愛情に溢れていて、楽しかった。

竹野くんも、こうして東京で組んだバンドで自分の結婚パーティーを飾ることができて、それはそれは幸せだったろうと思います。

帰りは駅が同じのうーくんと一緒に帰った。

彼の人間くさいところが、とってもいいです。

昨日は、週末のLifeWorksに向けてフライヤー配布と最終リハ。

今回手伝ってくれることになった関君と、吉祥寺のスタジオに4時間。

途中休憩入れたのと、いつもよりセッティングに時間がかかってしまったけれど、とにかくあっという間だった。

関君には、色々と惜しみなくアイディアを出してもらって、この二人でやる意味を存分に感じてもらえるライブになりそう。

この日、一番最初に出て、30分くらいで濃いライブをやるので、土曜日だし、間に合うようにお出でくださいませ。

今日はブックオフで250円で買ってみたビル・ウィザース何度も聴いている。

マーヴィン・ゲイ、ダニー・ハサウェイみたいな、もうちょい泥臭いところで、その塩梅が絶妙にいい。

| | コメント (0)

1/23はロックンロール・コネクション!

12月に入ったので、来年の話でも少し。

1月23日(日)、イベントやります。

Rock N' Roll Connection Vol.3

【出演者】
山藤 輝之(FUGA)/プリミ恥部/北村 早樹子

【日時/料金】
2011.1.23(sun) OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 1,500YEN / DOOR 1,800YEN + 1Drink Order
ご予約はこちら(または各出演者)まで
→ santoteruyukiあっとま~くgmail.com

※あっとま~くを半角@に変換してください

※件名は「1/23ライブ予約」、本文にお名前と人数を入れてください

【場所】
コネクシオン(JR高円寺駅南口徒歩2分)
音楽と本のあるカフェ&バー
東京都杉並区高円寺南4-23-4
中銀高円寺マンシオンB1
Tel&Fax 03-3312-8688

プリミ恥部のたっくんは、以前LifeWorksで共演させていただき、初めてパフォーマンスを観ました。

友達の大学の先輩だったりして、それ以前にも古い音源は聴かせてもらったことがあったなぁ。

ともかく、ライブがぶっちぎりでよかったです。

そのプリミ恥部のイベント「光のコンサート」で北村早樹子さんを観て、おぉ、この人凄い!と引き込まれて、今回、そっくりそのままお呼びさせていただく次第。

早樹子ちゃんは、来年1月1日に豊田さんプロデュースで新しいアルバムが出るので、とっても楽しみです。

会場は高円寺のコネクシオン。

とっても良いお店だけれど、何せ広くはないので、予約がたくさん集まった暁には、締め切る可能性もなきにしもあらずんや。

ちょうどよい塩梅で入っていただけるとよいなー。

ご予約お待ちしております。

昨日、今日はスティーヴィー・レイ・ヴォーン聴いてます。

友達が聴いていたときは、うーん、どうなのよって思っていたけれど、まー弾きまくりではあるけれど、なかなかに参考になるものがあります。

あくまで泥臭いブルースがベースで拡大されたプレイ。

やっぱり、太く歪んだストラトの音って、エレキ・ギターらしい音だなぁ。

何はさておき12月。

クリスチャンではないけれど、クリスマスのイメージは昔から好きだなぁ。

ヘリで夜景見ようとかは思いませんが、ささやかなクリスマスらしい買い物っていうのは楽しみたい。

| | コメント (0)

昨日の晩はおでん食べた。

ほっこり幸せな気持ちになりますなぁ。

あと、なんか夜、たけしの番組でうつ病についてやっていたんだけど、会社は辞めない方がいいとドクターが断言していて、まぁ休職できる状況にあればという条件つきのコメントだったけれど、ストレスの原因が会社にあって長く治らない人は最終的には辞めた方がいいと思う。

その人は生き方を変える必要があるけれど、実際昨日の番組に出てたツレうつの人は辞めてすぐ会社もつぶれるような状況だったし、今幸せなのは、環境を変えて好転したことが大きいのではないかなー。

もちろん、会社側にしてみれば、辞められちゃかなわんのだろうけれど、休職中も社会保険の年金とかまで会社に支払ったり、心から休める訳じゃないんだよなー。

自分のことで言えば、休職して貯金も底ついて会社辞めて、家も出て彼女と住んで、苦手な人と会わないようにしたり、環境変えまくったけれど、特に後悔なんてないし、前と同じ仕事に戻りたいとかあの頃は幸せだったとか、全然思わないです。

収入が低くても、今の方が毎日はるかにのびのび暮らせているな。

別にたまたま今居る会社に尽くす必要なんてなく、みんな幸せになる努力をする権利があると思うんだけれどな。

番組は、いいこともやってた(気がする)けど、なんか、その視点が気になったな。

だって、いろいろ考えた挙句に、心底辛くて、会社辞めようと決意した人に、うつ病だから辞めちゃ駄目なんて言われたら、それこそ追い詰められると思うんだけどな。

そのあとちらっと爆笑問題の番組で、人間は多様性を認めないと、云々という話をしている人がいて、なるほどなーと思った。

数を見れば、共通するものがたくさん見つかるだろうけれど、人間の性格、置かれている環境、完璧に同じなんてことはないんだ、ということを念頭に置かなくては。

そして、音楽の多様性にまで思いを馳せるのでした。

古いものを大切に、新しいものを創造しなくちゃ駄目でしょう。

本気で追求すれば、新しいもの、まだいくらでも作れるはずなんだ。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »