« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

春眠暁を覚えずにして君を想う

もうGW。

天気がいいし、連休に片足つっこんでる気分。

しかし、来月の給料5日分少ないっていうのは、どう考えてもまずい。

昨日は4時間も昼寝してしまった。

岡村ちゃんみたいに真剣に音楽とつきあいたい。

でも、前に進まなきゃね。

誇りと自覚をもって、新しいものを作らなきゃ、だめさ。

あーでも岡村ちゃんいいよ。

フレッシュ!!

| | コメント (0)

眠たいBaby

なぜか携帯でココログにコメントが入れられないけど、サチちゃんナッツさんありがとう。
ツイッターね。

思った以上に面白いことが書けなさそうだけれど、そのうち慣れますか。

引越し準備は今日入れて5日。
どうする?
って、やるしかないのだが…
しかし眠くて眠くて…

| | コメント (0)

twitter

登録してみました。

やってる方、フォローお願いします。

やっていない方、気が向いたら登録してフォローお願いします。

http://twitter.com/suntronix_fuga

4649!

昨日高円寺でミカちゃんとすれ違ったなー

あと昨日は佐野元春「NO DAMAGE」を事務所で聴いたらよかった。

今日は昔のPREFAB SPROUT聴いた。

なぜかまわりで聴いている人が少ない。

| | コメント (1)

エクスプロージオン

朝から少年ナイフ「Brand New Knife」聴いて仕事。

エクスプロージョン!!

いい調子。

それからジョナサン・リッチマン。

曲もしばらく書いていないし、ギターもなかなか弾いたりできないので不安というか、ストレスというか。

ライブのペースも落としたほうがいいのか、このまま続けたほうがいいのかよく分からない。

バンドとか、誰かサポートしてくれる人がいたらやってみたいなぁとは思っている。

それにしても、この天気。

落ち着かないよねぇ。

自分も、早く引越し終わって、録音とかできるようになったらいいな。

エクスプロージョン!!

| | コメント (0)

ライフワークス

昨日は千駄ヶ谷ループラインに、我等がたなしんこと田中慎一郎・写真家のイベント見に行きました。
アンデルセンズとしては初めて観る小野崎君。
小野崎君は前にライフワークスで競演したし、金曜日エチカのライブにもわざわざ来てくれて、ちょっかい出したりリラックスさせてくれた。
フルートなんかで参加のおこめちゃんも前に話したりしたし、楽しみにしてた。
前に音源聴いた時も思ったけど、絵本みたいな音楽で、各メンバーにはアレンジの指示とかどのくらい出してるのかな、とか思った。
ウッドベースが弓弾きだったらもっと合ってるかも、とか。
でも、アカデミックな音楽と、素人っぽさの微妙なバランスにあるから難しいね。

田中亜矢さんはオズディスクから出たCDを昔買っていて、おお、芸能人、と思った。
その時の曲もやっていて、カバーでさかな、オクノ修、ドノバンやってた。
ドノバンは元曲知らないけどよかったな。

竹野バンドは3人編成で、しっとりした曲を聴かせるには、こういうシンプルな編成、演奏がいいね。
選曲もよかったし、感動した。
竹野くんの表現する才能、センスは同世代のミュージシャンの中でずば抜けている。
俺も含め、今音楽をやっている人は、ジョン・レノンやディランと戦うように、竹野くんともやりあわなきゃならない。
退屈には退屈してるから、もっともっと面白いことやらないとね。

今日はいい天気。
ライフ・イズ・ビューティフル。
ビューティフル・サンデー。
はいから・びゅーちふる。

| | コメント (0)

エチカ

ライブ終わりました。
相変わらずのスロースターターっぷりだったけど、22時から1時前まで、雑談や自分のトイレ休憩交えつつ。
アットホームでハートウォーム、最後にはやっぱりいつもの展開。
お客さんは少なかったけれど、やってよかった。
続けてきてよかった。
ただ声とギターがあって、マイクなし、でも適度にリバーブとノイズ、心と体。
メッセージは伝わったみたい。
引っ越したら早くたくさん曲を書きたい。
もっと練習して、もっとロックして、生きて、生きて、生きます。
今日も明日も今までも、本当にどうもありがとう。

| | コメント (0)

今夜は西荻窪エチカで

ライブです。

お店は通常営業で21:30オープン、ライブチャージはいらないです。

2Fというかロフトのようなスペースで、歌います。

1Fのカウンターでドリンク注文して、2Fに上がってしんみり聴き入るもよし。

カウンターに腰掛けてBGMとして聞き流すもよし。

いつ来ても、いつ帰っても、また来ても良いので、気楽に遊びに来てください。

自分にとっては、普段のライブとは違う演奏上のチャレンジができて、家で一人いるときにも近く、それでいてちゃんと相手が見える場所でのライブというのが面白いだろうなという気がしている。

ひとつ、よろしくです。

昨日は餃子冷蔵していたら皮が固くなっていたのでスープにして春雨ともやし入れて食べました。

毎日うまうま。

| | コメント (0)

仕事中のスティーリー・ダン

BEACHE BOYSの「PET SOUNDS」の本を読んでいるので、聴きたいのだけれど、たぶん手元にないので、聴かないまま、読み終わった頃には聴きたいなぁ。

マイク・ラヴの名台詞、「誰が聞くんだ?犬か?」の発言されたシチュエーションは知っていたのと違ったようで、納得いく流れでの発言だった。

職場に2000年以降のSTEELY DANのアルバムが2枚あって、これがやっぱり気持ちいい。

精密でアーバン、でも結果、どれを聴いても同じような印象に。。。

歌詞がわかったらまた違う世界があるのかな。

昨日は水餃子を家で作って食べた。

皮も手作りで、自分は餡を作るのと包むのを担当。

うまいけど時間がかかるね~。

今日の夜、残りを食べます。

弁当は何もないので、油揚げをかつどん風に。

うまい。

栄養的にはどうかわからんけど。

これって何か名前があったような気もする。

ついに、引越しのダンボールがやってきた。ヤァ!ヤァ!ヤァ!

この部屋が空っぽになって、もう入れなくなるとき、どんな気分になるのだろう。

片付け・荷造りはモチのロン、進んでいません。

| | コメント (0)

屋根裏の住人

昨日、ちょうど仕事が終わった頃に写真家のたなしんさんから電話がかかってきて、西荻窪のカフェ・オーケストラで会った。

今週土曜のイベント、Life Worksのフライヤーもらった。

HPでも写真見られるので、チェックしてください。

後からソウル兄弟のごうくん(竹野恭章の新作アートワーク、特典DVDを製作)もやってきたし、アンデルセンズの小野崎くんもいたので、いろいろ話を聞けて面白かった。

覚えているのは、結局はまあ、もてたいって話とか。

もてている人は、それはそれで大変そうだね。

たなしんさんはその後バイトへ。

夜間のバイトは応えるだろうなぁ。

今回のイベントに出演するわけではないけれど、いつも世話になっていて、今後も世話になるであろうし、そうでなくても、せっかくいいフライヤーができたので、少しでも配布に協力できたらいいな。

今日の帰り、高円寺近辺、吉祥寺近辺に配布したいと思います。

雨降らないといいなぁ。

にしても、もう土曜だからねぇ。。。

かくいう自分も、今週金曜の自分のイベントに関しては、お店が小ぢんまりしていることもあって、特に宣伝もしていない。

まぁ、飲みにきた人、くつろぎに来た人とオープンに接しながら、屋根裏の住人として歌いますよ。

西荻窪エチカ、21:30オープン予定です。

ライブチャージはないので気軽に来てください。

1杯おごってくれてもいいですよ。はい。

CD+まんがセットも例によって販売すると思うのでよろしくです。

仕事終わったあとになるので、眠くならないように注意。

途中休憩もするかとは思うけれど、自分の終電くらいまでがんばりたいもの。

誰も来なかったら作曲でもしようかな~。

| | コメント (0)

どんぶり

髪の毛を半分くらいに減らしました。

きれいさっぱり評判は上々。

今日の弁当は、しいたけとたまねぎと豚バラ肉をいためてめんつゆで煮て、卵まわしかけて丼に。

彩りもないので、七味とあおさとゴマかけた。

七味もっとかけておけばよかった。

うまうまです。

弁当は大体そんな感じ。

もっと手を抜くことこそあれ、手をかける時間はない。

ビーチボーイズの本を読んでいると、なんだか不思議な気持ちになる。

自分たちの喜びのために曲を作っていたのが、あっという間に押しも押されぬスターダムへ。

売れるっていうのは、どんな気分だろう?

それはともかく、マンションの隣室に住人が越してきてから、おちおちギターも弾けず、作曲もはかどらず、録音もできず。

5月に引っ越すまではそんな感じかな。

天気も早く落ち着かないかな~。

| | コメント (0)

山内 智博「窓灯り」

このアルバム知ってる?
アシッド・フォーク、そこはかとなくソフト・ロックの超名盤ね。
名もなき俳優、やまちゃんがこんなにやる男だなんて、知らなかったよ〜。
一人でコーヒーいれたり家事しながら流してくださいよ。
今の生活がなんだかたまらなく美しく思えて泣ける。
この抽象的なロマンティシズムに、朴訥とした、素直な歌い口に、装飾的でもあり、トラッド的でもあるギターワークに、きゅんとしちゃうよ。
このアルバムのレコーディングには、Mempisが大々的に関わってるんだよね。
二人のロックンロール・ドリームが詰まってる。
最初にライブ観たときはやまちゃんの良さがそんなにわからなかったけど、この前のライブで、あっいいな〜と素直に思えた曲、Ruby Sunshineと窓灯りが入ってます。
これは改めて、名曲。
ありがとう、やまちゃんとメンピス!
熱く語りました。

これからついに断髪式。
ザビエルかジダンかアルシンドか迷うところです。
行ってきます。

| | コメント (0)

ごはんとおかず

最近になって驚いたというか、うすうす感づいてはいたがよもやこれほどとは!!

というのは、自分の薄毛ではなくて、周囲におけるiPhoneとtwitterの浸透具合。

いつの間にか利用者が増えている気がする。

twitterとblog両方やっている人が、twitterを始めてからblog更新のハードルが上がってしまったとつぶやいている(リアルで)のを聞いたが、全くそのとおりではないかと思う。

まぁ携帯は変えたばかりで、あと2年は使うわけで、その間、iPhone的なものには縁がないでしょう。

twitterに関しては、今すぐにでも始められるわけだけれど、自分の友人のいなさ加減が突きつけられそうなので、もうしばらく静観しよう…というか、当然やっていないので、twitterが何なのか、大きく誤解している可能性もある。

僕はやっぱり、音楽でつぶやこうかと思います。

会社にあるCDを聴いていて、ぐっと来たのは、今のところ、クリス・レインボウのベスト盤と、T-ボーン・ウォーカーのベスト盤。

こりゃあいいです。

うまうま。

先日、とある洋楽マニアに弾き語りイベントやるんだけど、という話をしたところ、その人にとっては、音楽の面白さは、アレンジや音楽スタイルに大部分があるということで、弾き語りってなんとなく、ご飯なしでおかずを食べるような感じがする、と言われた。

人によっては、白米だけ食べているようなものか?

自分にとっては、曲ありきで、それをどうアレンジしたって、曲がよければ響くような気もするけれど、そのあたりは難しいね。

ビートルズの曲とか、オリジナルがやっぱりいいね!ってなるだろうし。

もちろん、弾き語りでも上手な人はいくらでもアレンジの道はあります。

ビーチボーイズのペットサウンズだけをテーマにした本を読み始めたけれど、最後までは読めないだろうなぁ。

その前はホンマタカシの写真の本を読んでいました。

| | コメント (0)

ライブの日程変更

西荻窪エチカでのフリーライブですが、4月23日の金曜夜に変更させていただきました。
取り急ぎご報告まで。
仕事帰り、週末にディープでゆるい夜を過ごしましょう。

| | コメント (0)

祭りのあと・あとの祭り

コネクシオンでのライブを振り返り。

DJの加藤さんは、面白い曲、よくわかるなーと共感する曲、いろいろ取り混ぜてかけてくれた。

アーサー・ラッセルは自分も好きな曲をかけてくれたので嬉しかった。

自分の出番の前に岡村ちゃんの「聖書」のNEWバージョン?かけてくれたのも楽しかったなぁ。

コネクシオンはDJブースがバーカウンターのところにあって、スピーカーは上の方の壁面についているのだけれど、これはイベントやるなら使わないともったいないなと感じる、素晴らしい設備。

竹野くんの最新作における、ポップさや親しみやすさに、加藤さんのマスタリングは大きく貢献している。

竹野くんは、前回の無善寺での弾き語りの時もそうだったけれど、いたってまじめにしっとりとやった。

もう少し聴きたかったけれど、今回のライブでやりたい曲はやったのかな?と思った。

終わってから、最近のライブで聴けなくて聴きたい曲を2曲伝えたら、本人もまんざらでもなさとうなので、覚えていてくれたらいいな。

弾き語りのライブのときは、聴きたい曲をリクエストするチャンスかも知れない。

MEMPISは、デーモンズの名曲「世界にひとつの桃」をやってくれたので、それだけで十分嬉しかったけれど、まわりが野次ろうが何しようが、あまりにも孤高で危うく美しい、ロックンローラーなので、今回一緒に出ることができて、本当に良かった。

MEMPISがやまちゃんにギター手伝ってもらうというのは事前に聞いていたけれど、実際は、最後はやまちゃんに弾き語りをさせて、MEMPISがコーラス。

二人の友情を感じました。

この日は、使用するギターも、竹野くんはストラト、MEMPISはテレキャス、自分はカジノというのもなんか面白かったです。

それにしても、みんなギターがうまかった。

やまちゃんは今でもうまいけど、このままあと2、3年したら、凄くうまくなりそうな。

自分のことは、よくわからないけれど、ちょっとこの日は長く演奏しすぎたみたい。

まぁ、いつもほど厳選した選曲でないにしても、1時間程度のライブで長いと思われるようじゃ駄目だなぁと思った。

1時間やって、短い!あと2時間聴きたい!と思われたい。

コネクシオンは、スピーカーが演奏者から見て右上にあって、リバーブもかけられないので、リハのときは若干違和感があったけれど、本番になったら、何曲かは、これまでのライブでもないくらい、演奏に入り込める瞬間があって気持ちよかった。

それを感じられただけでも良かったなぁ。

また何か面白い企画を考えて、コネクシオンでやりたいです。

ちなみに、この日入場した方には漫画の新作を配布しました。

コネクシオンは古本も置いていて、友達が買っていたようなので、そんな風にも楽しんでもらえてよかったなぁ。

そんな感じで、また次回未定ですが、そう遠くなくやりたいので、よろしくお願いします!

5月頭に引越しが決まったので、そっちもこれから大変だなぁ。

あ、あとエチカのライブもよろしくです。

高円寺も楽しいけれど、西荻も楽しい。

今日はいい天気。

| | コメント (0)

高円寺ライブ終了アンドモア

昨日、高円寺コネクシオンでのイベント「Rock N' Roll Connection」においでいただいた皆さん、ありがとうございました!!

そして何より、コネクシオン小池さん、DJ加藤さん、竹野くん、MEMPIS早川くん、飛び入りというか召喚?やまちゃん、すばらしい場と音楽をありがとうございました。

一人ではできないこともあるし、自分の可能性は自分だけが決めるわけではないということも知り、人と関わる可能性についても学んだイベントだったと思う。

しっかし、久しぶりに自分のイベントをやると、集客がまったく読めず、気が気でない。

前売りにしてもまぁ、当日にどうしても来れなくなってしまう人もいるし、来たくても最初から都合の悪い人もいるし、難しいね。

今年はもっと人と関わって、いい音楽を作り、ライブをやって、自分の音楽を好きになってくれる人を増やしたいな。

ただまぁ、その目の前にいる人を意識したりしなかったりしながら、自分なりの音楽表現に没入していくのは、たまらないスリルだなぁと思う。

くたくたに疲れても、そう遠くない未来にまたやることになりそうです。

そのときはまた、コネクションしましょう。

さて、次回ライブですが、4月24日(土)、西荻窪の夜カフェ、エチカで、こっそりと入退場自由チャージなし、1ドリンク制の、フリーライブやります。

これは今回フライヤー配っているときに、西荻窪の古着・雑貨屋さんのドミノからつながった縁。

その縁をたどると、ライフワークスで出たカフェ・オーケストラだったりして。

エチカは通常営業が21時30分くらいなので、その後のスタートになります。

次こそは、ゆったりしっとりどっしりしっかりやりたいな。

なんか、部屋に飲みに来てもらってちょっと演奏みたいな雰囲気になりそうなので、そんな気分で一緒に楽しみましょう。

コネクシオンのライブについては、また時間のあるときに感想書きたいな。

ではでは。

皆さん、本当にありがとう。

| | コメント (0)

いよいよ明日です

明日は高円寺コネクシオンで弾き語りイベントです!
しみじみ熱く語り合うような夜になるでしょう。
Mempis!やあくん!加藤さん!さんちゃん!4649!

「Rock N' Roll Connection」

【日 時】
2010年4月11日(日)
OPEN + DJ START: 18:30〜
START 19:00〜

【出 演】
■山藤 輝之(FUGA)
■mempis(from デーモンズ)
■竹野 恭章(from ザ・ムンズ、竹野 恭章バンド)
◆DJ:加藤 啓一郎(from 竹野 恭章バンド)

【場 所】
コネクシオン(JR高円寺駅南口徒歩2分 音楽と本のあるカフェ&バー)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-23-4 中銀高円寺マンシオンB1
Tel&Fax 03-3312-8688

【料 金】
Charge 1000円 + 要1ドリンクオーダー

| | コメント (2)

Take No! Your Sweets And Kicks!!!

昨日の竹野くんのライブはやっぱり凄かったと思う。

シンガーソングライターとして、ロックンローラーとして、生活する表現者として、憧れ、嫉妬し、共鳴せずにはいられない。

新しいアルバムはライブとまた違う完成度。

凄いとうわさのDVDはまだ観ていないけれど、丁寧に作られたこのアルバムは、永遠の名盤だよ。

濃すぎるかもしれないくらいに濃い。

いつもより音はすっきりしているのだけれど、それだけに曲のよさがストレートに伝わるなぁ。

結局言葉じゃうまく書けないけれど、みんなの生活にあるべき音楽だよ。

凄いです。

もっと聴いてもらいたいよね。

君の心のベストテン第何位?

| | コメント (0)

ライブ終わった

高円寺で竹野恭章レコ発ライブ終わりました。
竹野くん弾き語りは本当にきっちりやって、レコーディング後だからか、いつもよりギターがうまかった気がする。

かなり完成度の高いエレキ弾き語りのあとで緊張したけど、自分もエレキとハーモニカ、ブルースドライバーで弾き語り。
やりたい曲は大体できたし、悔いはないです。
11日はもっとどっしりやりたいけど、その時々で音楽に、伝えたいことに深く踏み込むだけで、どうなるかわからない。

楽しい打ち上げお先に抜けて帰宅中。

井の頭公園は半ばスラム化。
昼間ゆっくり花見できた。

今日のライブ見てくださった方ありがとうございました。
日曜は高円寺コネクシオンで竹野くん、デーモンズのMempisさんと弾き語りやるので是非遊びにきてください!

| | コメント (0)

明日は高円寺無力無善寺で竹野恭章レコ発ライブ!!

なんか忙しがっている間に…

あっという間に4月のライブ第1弾です。

『竹野恭章レコ発ライブ』
2010.4.6(tue)
高円寺・無力無善寺(
http://homepage2.nifty.com/muzenji/index2.html)
OPEN 18:30/START 19:00
Charge ¥1,500 + 1drink¥500

【LIVE】
山藤輝之
竹野恭章

竹野くんが北九州は門司港から東京は狛江にやってきてから、

ついに竹野恭章名義でのソロアルバムを完成させました。

まだ聴けていないけれど、なにやら相当気合の入ったアルバムになっているようなので、今から恐ろしいです。

http://www.myspace.com/takeno_yasuaki

生活から歌をつむぐっていうのは、業が深く、それだけに美しい??

音楽は、ただ鳴らすだけでよいのかな。

難しいことは、なかなか分からないね。

6日よいライブをやって、11日は高円寺のコネクシオンで、またよいライブをやる。

思っていることを歌うのだから。

本物の、ネイキッドなロックンロール・ハートに触れたいあなたに。

是非観に来てください!!

| | コメント (0)

花よりダンス

うまくいかない日は、何をやってもどこへ行っても同じ。
デジャヴュというかループというか全部の電車に乗り遅れる。

リハスタで練習。
マンションの隣の部屋がずっと空室だったのが最近入って、神経質になる。
壁薄いから。

新曲がいいような気がする。
一瞬はちみつぱい、一瞬フランソワーズ・アルディ。
新曲が出来て、しかもいい曲の時は本当に楽しい。

久我山から西荻窪までギターしょって歩く。
物件の下見をしつつ、どこか練習するのにいいところがあればと思ったけど無し。
西荻窪で某老舗喫茶店に入る。
コーヒーはもっと濃い方がいいな。
その後公園に人がいなかったので少しギター弾いて歌う。

一旦帰宅して高井戸に夜桜見に行く。
また帰ってポークソテー作って夕食。
まんがの下書きも書いた。
アド街の大江アナは本当にかわいい。

夜、この前ドミノで教わった夜カフェ、エチカへ一人で行く。
小倉にもないんでないかいというルーズな店で驚く。
ここでライブやるなら…どう出る?とシミュレーション。

吉祥寺に戻りバーで締めたいと思ったが、花見だからか混み合い、荒れた雰囲気なので早々に退散。
店の人はいい人そうだが。

6日、竹野君のレコ発ライブは多分エレキでやります。
初ライブ以来。

11日はまだ決めてないけど、とにかく二日間でできるだけ多くの曲を時にフレッシュに時にこくまろにプレイしたいものです。

| | コメント (0)

西荻窪ドミノでCD販売します!

西荻窪のドミノという古着・雑貨屋さんでFUGAのCD-R、2タイトル販売開始しました!!

「End Of Summer」「Rock N' Roll Fanclub」どちらも\1,000、今なら楽しい漫画つき。

ドミノは、西荻の南口、ピンクの象さんがぶらさがるアーケードを通って、カフェ・オーケストラのやや手前、右側にあります。

先日、今度のイベントのフライヤーを置いてもらおうと初めて入ったら、店番をしていたjung musterd(ユング・マスタード)というバンドのベーシスト、あいねちゃんやたまたまお客さんでいた女の方とも意気投合、2時間くらい長居してしまいました。

いやー世の中、何があるかわかりませんな。

ドミノは中古ビザール・ギターの販売なんかもやっているみたいで、楽しいお店です。

jungとはまたいずれ対バンとかできたらいーなー。

西荻近辺に御用の方、ぜひドミノにお立ち寄りの上、CDお買い上げください!

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »