« 立ちくらみ | トップページ | 十字架 »

Webマガジン「月光荘」6月号公開!!

Webマガジン「月光荘」6月号リリースです。
是非読んでください!!!
http://suntronix.michikusa.jp/gekkoso/

今月は、東京で開催されているライブ・イベント「都会の迷子さん」と「Rhapsody(ラプソディ)」の特集。
「都会の迷子さん」は佐藤くん、「ラプソディ」は水庭くんが個人で企画・運営しているイベント。
彼らは二人とも俺より若いけれど、その情熱と誠実さで出演者やお客さんを引きつけていると思う。
座談会の様子や、過去にイベントに出演したアーティストの方からいただいたコメントを掲載しているので、是非読んでください。
何も持っていない一人の人でも、何かを思い立って、誰かを動かすことができる。
自分も何かやってみようかというエネルギーをもらえると思うんだ。
あと、各イベントとも、旬なアーティスト、まだ見ぬ強豪を連れてきてくれるので、是非次回開催の際には会場に足を運んでみてください。

5月号はユニーク・アクセスで300人以上の方が読んでくれた模様。
読んでくれた方、協力してくれた方、ありがとうございました!
今後もおもしろい紙面にできるよう頑張ります。
バックナンバーも上記のURLからアクセスできます。

「月光荘」Mixiコミュニティはこちらから。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3229468

あと、自分のライブ。
いよいよ今月になりました。

2008年6月16日(月)
下北沢 mona records
http://www.mona-records.com/index.html
片貝篤史/SUNTRONIX/traffic light/佐野雄亮
open18:30 start19:00
前売\2000
当日\2300

SUNTRONIXの出演は1番目、19時からです。
平日19時から早いよ!と思われるかも知れませんが、たまには早く帰って、お洒落カフェでまったりするかっていう気持ちで遊びにきてください。
遊びに来られそうな方、前売り取り置くので予約メールくださいね。
よろしくお願いします。
このBlogで面白いなぁと感じている方には、面白いと感じてもらえるライブにします。
こういう毎日の積み重ねと昇華だから。
この先もまだライブの予定がないし、くつろげる会場なので、是非ここで遊びに来てください。

午前中は「月光荘」更新・告知の作業。
結構集中して、時間を忘れてやってしまう。

水庭くんとメールしていたら、午後から町田の中古盤屋に行くとのことで、同行させてもらうことに。
町田の前に古淵のブックオフも寄ってきたのだけれど、探しているHAL FROM APOLLO'69「SUCK MY BLOOD, BABY」は無かった。
各地のブックオフとか巡っているので、もうどこで見かけたのか分からなくなってしまった。
淵野辺だったのだろうか…。
他にも探したけれど、ここは何もない。

古淵のハードオフも見た。
ここはCDが沢山ある。
堀之内のハードオフはCD少なかったので、結構店によって違うんだな。
置いてあるCDはみんな105円。
少しだけ引っかかるものを選んだ。
ただ、ハードオフで売っているCDはジャンク品扱いとのことで、あまり綺麗でなかったり、ブックレットなしも普通に売っているので気をつけないといけない。

町田の水庭くんオススメの中古CD屋へ。
ここは何か、ベン・リーとか3枚だけ買った。
ベン・リーはこのあとブックオフでもう少し安くあったんだけれど…。
少し雨が降ってきた。
今日は天気が悪いけれど、動くとすぐ暑くなる。

町田のブックオフ。
ここも結構本気で見た。
10枚くらいは買ったのかなぁ。
水庭くんと、中古CD買うのは一度はまるとやめられないねと話す。
それにしても、CDを買うペースが高まったから、売る方も増やさないと置く場所がない。
音楽には新しい刺激、驚きが欲しいので、保存するのはよっぽど好きなものだけでいいかな、と思った。
まあまあのものは、そのあとなかなか聴く機会がない。

今日聴いた音楽。

・CIBO MATTO「STEREO TYPE A」
ショーン・レノンのアルバムにも参加していたCIBO MATTO。
その雰囲気もあるけれど、もっとヒップホップ寄りかな。
SEAGULLみたいな雰囲気もあるし、BEASTY BOYSみたいな雰囲気もある。

・LOVE PSYCHEDELICO「THE GREATEST HITS」
こういうのも、リアルタイムでアルバム買うには至らなかったねぇ。
今更説明不要な気もするけれど…。
70年代風というスタイルだけじゃなくて、ちゃんと曲を書いている感じはする。

・SIMPLY RED「STARS」
屋敷豪太は参加しているけれど、91年リリースのこのアルバムはまだ斬新な音作りにはなっていない。
普通にAOR、ブルーアイド・ソウルという感じ。

・DES'REE「SUPERNATURAL」
98年のアルバム。
これもブックオフとかで良くみるんだよなぁ、と思ったら、収録曲がレオナルド・ディカプリオの「ロミオ&ジュリエット」に使われたそうな。
他にも有線とかで聴いたことがある曲が入っている。
ストリングスとか入って音が厚くてキラキラしていて、少しポップス寄りのR&B。
そう書くと安っぽい気もするし、そういう部分がないでもないけれど、この人の歌が抜群に上手くて優しいところが一番の魅力だと思う。
聴きやすいし、疲れているときに癒されるような音楽だと思う。
こういうのはトラックの出来とかサウンド・プロダクションに左右される部分も大きいけれど、他のアルバムも買ってみようかなぁと思う。

・SUKPATCH「PHAZED AND RE-FUZED」
宅録ヒップホップ+インディー・ロックっていう感じかな。
昔、米国音楽の付録CDに入っていた気がする。

|

« 立ちくらみ | トップページ | 十字架 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立ちくらみ | トップページ | 十字架 »