« 友達じゃがまんできない | トップページ | MELLOW MY MIND »

ぼちぼちいこか

ニーネのHPや、the camps白石君の日記、バンブルビー・レコードのHPなどでWebマガジン「月光荘」の告知がされています。
Blogとかやっていて「月光荘」面白いなぁという方がいたら、是非ひとつリンクを貼っておいてください。
http://suntronix.michikusa.jp/gekkoso/index.html

今日は、市内を合計2~3時間ぐらい歩いたんじゃなかろうか。
朝、会社で産業医の面談。
ついでに傷病手当の申請を出そうと思ったら、書類を間違えて持ってきていた。
うむー。

それから、結構距離があるブック・オフまで運動不足解消がてら、歩いて行こうとてくてく歩いているうちに、図書館もあるな、と思って、図書館に寄る。

ウォーキングの友は、上田正樹と有山淳司「ぼちぼちいこか」。
なんか、ロバート・クラムのイラストや音楽みたいに、楽しく猥雑で、えげつなくて、ひょうきんな音楽。
音もいいし、歌も演奏もいい感じ。
しかし、なんというか、ずるずるとダメ人間に引き込まれそうな、怪しい魅力を感じる。
いましろたかしっぽくもある。

図書館では、CDばかり5枚借りた。
・L⇔R「LACK OF REASON」
・CARNATION「MELLOW MY MIND」
・CARNATION「A BEAUTIFUL DAY」
・KIRINJI「3」
・ACO「ABSOLUTE EGO」
やったー。
ここの図書館は、邦楽CDが結構豊富な感じだった。

図書館からブック・オフまでも結構距離がある。
子供の頃に近くに住んでいた商店街、すっかりゴーストタウンかと思いきや、微妙に定食屋とかの新店舗ができてた。
まぁ、それも微妙な雰囲気を醸し出していたので、入らなかったけど…。
夏になったら、こんなに距離は歩けないなぁ。
熱中症で倒れてしまう。

でかいブック・オフ、しかし今日はCD売り場へ直行。
中古CD屋とかは、ついでに寄ると、あんまり熱心に探す気力がないけれど、今日は目的もある。(L⇔R)
アルバムは100円コーナーはないみたいで、一番安い250円のコーナーで探す。
結果。
・古内東子「恋」
・ポテトチップス「自主制作」
・スチャダラパー「ポテン・ヒッツ」
・バブルバス「ASSNALLO」
・L⇔R「LEFTY IN THE RIGHT」
・L⇔R「LET ME ROLL IT!」
・SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER「SWEET HOME」
・GREAT3「ROMANCE」
・GREAT3「RICHMOND HIGH」
・宇多田ヒカル「FIRST LOVE」
結局2500円も買ってしまったけれど、これを全部売ったとして、幾らになるんだろう。
ブック・オフって最初の売値は普通に1500円とかつけているけれど、幾らで買い取っているんだろう。
気になる今日この頃。
しかし、ユニオンだと、古い邦楽の買取は10円とかのこともある。
転売するほど明確な価格の知識もないし、一応は買いたいと思うものを買っている。
一応洋楽の方もさらっとみたけれど、洋楽はCDの背中の文字が小さかったり、目が追いつかない。
L⇔Rは、最初ないかと思っていて、いや、ブック・オフになければどこにあるんだ!と自分を鼓舞して二度見、三度見したら見つかった。
嬉しい。
昨日も、315円で一度見つけたけれど、一応100円のエサ箱もチェックしておこうと思ったらその中に同じタイトル、同じコンディションであった。
中古で買うときは、ある程度の目的と気力・体力が必要になるなぁと思った。
邦楽は、洋楽よりも探しやすい気がする。

さらに歩いて、いつものブックカフェへ。
というか、図書館→ブック・オフ→喫茶店という、絵に描いたようなニート生活。
ぼちぼちいこか、という感じだ。
ランチにピザのセットを食べて、L⇔R「LACK OF REASON」を聴いた。
「LOST RARITIES」ほどブライアン・ウィルソンじゃないけれど、これも良質なポップ・ミュージックだ。
そうこうしているうちに、お店で読み始めた村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」を一冊まるまる読み終えてしまった。
短編がいくつか入っているけれど、かえるくんがみみずくんを倒して東京の大地震を止めるお話が面白かった。かな。
それからCDウォークマンの中身をCARNATION「A BEAUTIFUL DAY」に換えて帰る。
俺もしかしたら、カーネーションよりも、フリッパーズ・ギターよりも、L⇔Rが好きかも知れない。
微妙にInかOutか判断つかない歌詞とか、ちょこっとナルシスティックなとこもいいスパイスに感じてしまう。

家に帰って、美容室に電話してみたら、本日で予約が取れたので、再び歩いて美容室へ。
「伸び過ぎじゃないですか?」と開口一番突っ込まれる。
髪は長いのもちょっと飽きてきたので、思い切り短くしようと思ったのだけれど、「長いのもいいです」なんて言われるので結局おまかせに。
少し短く(でも比較的長め)になって、だいぶ軽くなった。
切り終わった頃に美容師さん(女性)に、「切ることは好きなんですけれど、髪の短い男性があまり好きじゃないんです」と言われた。
そんな理由。
今日も音楽の話をしていたけれど、結構守備範囲が違うので、最近L⇔Rが好きというのは話さずにおいた。

家ではギターを弾いて、歌も歌った。
演奏や歌は進歩していて、6月16日下北沢モナレコードのライブでどれだけのことができるのか楽しみなのだけれど、新曲はしばらく書けていない。
曲を作るときは、いつもメロと歌詞はセットで出てくるのだけれど、作曲を牽引するような歌い出しが出てこない。
「ねむり姫 IN THE CITY」の曲はわりとするするっと出てきた気がするのだけれど、「THIRTY-LOVE」は結構時間がかかった。
なので、昨年12月ぐらいから、ずっとスランプな感じではある。
曲が書けないときは、いつもどうやって曲を書いていたのか、全然分からなくなる。
書ける時に書かないとね。

なんだか時間が空くと色々考え事をしてしまうので、今日はずっと何か作業をしている。
こんな時こそ、曲が書けると嬉しいんだけれどなぁ。

|

« 友達じゃがまんできない | トップページ | MELLOW MY MIND »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

L⇔Rいいよね~!!
中学の頃すごーく好きだった。
ファンクラブも入ってたような気がする。

確かI love to Jamっていう英詩の曲があるんだけど、
ものすごくビーチボーイズ臭くていいよ。

投稿: smn | 2008年5月16日 (金) 23時44分

L⇔R!わたしも好きです。
年に数回、無性に聴きたくなるときがあるんですよね。
「君に虹が降りた」が飛びぬけて好きです。
数日前の日記の大滝詠一はこの曲じゃないかと…

ジャケットがおしゃれだったり、
ある時期まではタイトルが「L」「R」だったり、
音楽以外の部分にも心くすぐられませんか?
今はベスト盤2枚しか手元にないから
わたしもBOOK OFF漁ってみようかな~。

投稿: Kyo | 2008年5月17日 (土) 01時06分

おお。L⇔R、人気あるんだねぇ!
嶺川貴子が在籍していたことを知って気にはなっていたけれど、普通のポップス・バンドかと思っていたんだ。

シモ>
今聴いても相当いいよー。
俺が最初に買った「LOST RARITIES」に”I Love To Jam”入ってたよ!
ロックンロールだね。
「LOST RARITIES」名盤!!
俺はポップな”Tumbling Down”、”Bye Bye Popsicle”が特に好きかなー。
”Love Is Real?”の出だしがモロに「PET SOUNDS」。

Kyoさん>
「君に虹が降りた」も”LOST RARITIES”だねー。
今聴きなおしたら、確かに大瀧詠一っぽかった。
しかし、好きになるポイントがKyoさんらしいです。
大きめの中古チェーン店なら、結構安く買えそうだよ。

投稿: SUNTRONIX | 2008年5月17日 (土) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友達じゃがまんできない | トップページ | MELLOW MY MIND »