« はしご | トップページ | 恋に関するいくつかのフィルム »

LOST RARITIES

L⇔Rの「LOST RARITIES」っていうアルバム、中古で100円で買ったんだけれど、めちゃくちゃいいよ!
ELO、ポール・マッカートニー、BEACH BOYS「PET SOUNDS」、トッド・ラングレン、フリッパーズ・ギター、PREFAB SPROUT、大瀧詠一「LONG VACATION」、そういう感じ。
声もわりと好きだし、音も今聴いてもそんなに悪くない。
曲はかなりいいし、アレンジも良く出来ているんだなぁ。
洋楽のブライアン・ウィルソン・フォロワーは色々いるけれど、L⇔Rはそれに比較してもかなり良い方だと思う。
当時だと、爽やかなイメージでしか受け取れなかったのかな。

色々考えてはいるのだけれど、ぐるぐるするばかりというか、あんまり考えられていません。
ただ、事実とか、幸福な過去とか、相手の心情、それを察することができずに傷つけてばかりいる自分、将来の不確定さ、そういったものが目の前をふわふわとしているばかりで。
昨日はあんなに喋ったのに、なんでだろう。
圧倒されたのかも知れないな。
ここにこうして書くのは、自分への対話と、手を開くこと。

昨日寒かったね。
今日も寒いのかな。
夜の水面は、街灯の灯りを映して、とても綺麗で、少し怖い。

俺が思うのは、正しいことだけが正しいわけじゃないってこと。
曖昧さも、自己矛盾も、なにも考え付けないことも、堕落も、甘さも、偽善も、偽悪も、あるに決まっているさ。
俺の言うことがわかるかい?

出会うことの偶然性による難しさと、別れることの必然性による簡単さ。
あるいは。
出会うことの偶然性ゆえの簡単さと、別れることの必然性ゆえの難しさ。

俺に出来ることは、そのドアはずっと開けておくっていうことかな。
目を見て、素直に話をするのが好きだ。
誰とでもってわけじゃないけれど。
人間は、幾らでも孤独になれるものだから、率先してなることもないんじゃないかな。
俺なら、あとしばらくは、ここにいるよ。

29歳の自分との対話。
自分の中の君との会話。
どうしてこんなに何も分からないんだろう。
凄く頭が悪くなった気がする。
元から、ですね。

|

« はしご | トップページ | 恋に関するいくつかのフィルム »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はしご | トップページ | 恋に関するいくつかのフィルム »