« こっそり帰還 | トップページ | クラシック »

こころ

気分は随分と良くなったけれど、お腹が痛かったり、疲れやすかったりする。
仕事から帰って来て、ばたんと倒れて、少し寝た。
何か夢を見て、布団は柔らかくて、幸せな気分だったような気がする。

俺は好きなことをどんどんやっているように見えるらしい。
そうかな?
自分では、よく分からない。
やらなくちゃいけなくてやっているだけのような気もする。
でも、楽しいことを増やしていかないと、現状維持は俺にはできない。
現状維持しようとしていると、いつの間にか落ちていくようになっているみたい。

三島由紀夫の「美しい星」は昨日寝る前に読み終わった。
SF調の仕組みがあって、わりと親しみやすい文体。
でも、読み飛ばすのは難しくて、読むのに時間がかかった。

夏目漱石の「こころ」を読み始めた。
文庫本の値段って、本のページ数によらず、結構違うんだということに気付いた。
ほとんど同じ厚さでも倍くらい値段が違うものがある。
古い作品の値段が安いことは分かるけれど。

|

« こっそり帰還 | トップページ | クラシック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こっそり帰還 | トップページ | クラシック »