« インタビュー | トップページ | 田園 »

フライヤー

大橋くんに貰った素材を大胆にもリミックスして、ポップなフライヤーを作りました。
が、特に効率的に配布できそうなあてもないので、PDFのファイルをUPします。

SUNTRONIX企画「あの夜」第二夜フライヤーPDF

PDFファイルが開けない場合は下記URLより最新のPDFリーダーをダウンロードしてください。
http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html

フライヤーをオンラインで配布するという、ある意味画期的な手法なんだけれど、どうかな??
お家にプリンターがある人はカラー出力して、お部屋を彩ったりしてみてはいかがでしょうか。
大橋くんのイラストは、後にHPにもフィーチャーするので、また告知させてもらいます。(イベント特設ページと書いてあるけど、まだ公開していません)

ライブはさ、毎回毎回言ってるけれど、楽しませるよ。
どんどん良くなっているし、他のライブではなかなか見られないアプローチをしていると思う。
だから、楽しみたい人は楽しみに来てください。
3月19日(水)、江古田フライング・ティーポットです。
ウタムラミカちゃんのライブを観に行って、どうしてもここでやりたい!と思った素敵なお店です。

今日はランタン・パレードの「清水君からの手紙」(買ってからずっと聴いていなかった)を聴きながら、新宿へ行った。
ランタン・パレードはもともとハードコア・パンクをやっていた人らしいけれど、静かに尖っている。
そして、文学性と、どうにもならない肉体性を感じさせる。

通院して、いつもと同じような受け答えをして、タワーレコードに行った。
試聴とかしつつ、ちょっとイライラしつつ。
10音楽があったときに、1しか好きじゃない。
でも、その1は大好きだ。
少し極端に過ぎるかも知れないけれど、大体そういうことなので、そういう人間がWebマガジンとかやっていいのかしらん?と思う。
でもまだ音楽雑誌とは言ってないもんね!!
毎月毎月、都合よく名盤が出たり、未知の新人が出てきたり、新人だから表現が青臭かったりとか、ベテランが満を持してアルバム出したら過去最高傑作だったり問題作だったりとか、そんなに都合よく物語が進むわけないんだよ!って思う。
サッカーとかじゃないんだしさ。
いや、サッカーだってどのゲームもつまらないときもあるかも知れない。

それはさておき。
ECDの「FUNCLUB」もかなり欲しかったのだけれど、気になっていたし、エレカシのNEWアルバム買った。
宮本さんの歌声は、外国人みたいに倍音が出ていて、太くて、ロックっぽい。
少年のような純粋さと、中年のほろ苦さが入り混じるロックン・ロールだと思う。
狂気と安定感が入り混じるのは、サンボ・マスターに似ているなあ。
ちなみに、エレカシのアルバムは初めて買いました。
ECDも買いたいな、やっぱり…。

毎日足が止まりそうになるけれど、止まったら地面に根を下ろしてしまいそうだから、どうにかこうにか踊っている。
新しいことに常にトライしたい。

|

« インタビュー | トップページ | 田園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インタビュー | トップページ | 田園 »