« とぎすまそう | トップページ | GET READY »

LOW-LIFE

ディスク・ユニオンへ行くつもりじゃなかった。
けど。

気付いたら朝だったので、体調がどうなのか、ちょっと考えた。
けど。
ちゃんと起きて、シャワー浴びて、パン食べて、コーヒー飲んで、スーツ着て、幾分凍った雪を踏みしめ出社。
今日は天気が良くて気持ちよかった。

新宿へ向かって、本屋で漫画買って、通院。
風邪引いた以外は大分調子良くなっている。

CDまた買っちゃったよ。
NEW ORDER関連とか。

DINOSOUR JR.「QUEST」。
新宿に行くときに聴いた。
シングルB面とかの編集盤だけど、結構いい。
気持ちとリンクしてるのかも知れないけれど、Jのギター・ソロもなんか自由に飛び回っていて。
これは手元に残すでしょう。

帰りはNEW ORDER「TECHNIQUE」2回半くらい聴いた。
小便小僧みたいなジャケ。
全然飽きないよ。
気持ちいい。

帰ってきて、同じくNEW ORDER「LOW-LIFE」。
1985年。
これもめちゃくちゃいい。
名盤。
良すぎて、1回じゃ分からない。
何回も聴きます。
友達にアナログ盤貰って持っているんだけれど、押入れの中…。
この頃のNEW ORDERはヤバい。
音響、リズム、メロディ、構成のセンスが良すぎる。
あと、歌が下手というかキーが多分合ってなさ過ぎてほとんどオカマみたいに聴こえる曲があるのも迫力を増している。
石野卓球が当時ライブで観たとき、ずっこけるほどオンチだったという話をしていて、そういうところもたまらない。
CDで聴くと、ロック的な、かっこいいヴォーカルでもある。

で、2005年の「WAITING FOR THE SILENCE CALL」。
ロック界のベテランが、どれだけ輝きのあるアルバムを今でも現役で作れているかと思うんだけれど、これは十分合格ラインでしょう。
なんだけど、どこかスムーズ過ぎるかなぁ。
いいんだけどねー。
贅沢過ぎるかなー。
ちなみに日本盤には、ボーナス・トラックでアジカンの人が日本語詞をつけた曲が入ってる…。
バーナード・サムナーってめちゃくちゃいい人なのかも知れん。
日本語で歌っても、英語で歌っているときと同じザラッと感がある。
意外と違和感少ない。

小玉ユキ「マンゴーの涙」読みました。
(最寄り駅の本屋にはこっちしかなかったのです)
少女マンガっぽいなぁ。
けど、なかなか良い。
やまだないとの初期の作品と近い匂いがする。
新宿で「羽衣ミシン」も買えたので、明日あたりに。

太宰治の短編集「富嶽百景 走れメロス他八篇」読み終わった。
軽いやつはいいんだけれど、ちょっときついところもあった。
でも、面白かったな。
文豪となると、尻込みしてしまうのだけれど、読んでみると、結構読みやすい作品もあったりする。
それに、文章の力を感じる。

コンビニで「龍角散のど飴EX」というのを買った。
墨汁の匂いがすることで一部でお馴染み、「龍角散のど飴」にローヤルゼリーとプロポリスが配合されているというのだから、なんだか良く分からないけれど効きそうじゃないか。
ライブ前なのに風邪で喉がやられて、声がガサガサしてる。
いつも以上にピッチが取りづらい。
金曜日には治るはず、と信じてる。
2月8日(金)下北沢Artistでライヴです。
SUNTRONIXは19:30~です。
よろしくお願いします。
新曲書いてるし、多少ハスキー・ヴォイスでも、かなりいいライヴが出来そう。
仕事帰りに是非お立ち寄りください。

|

« とぎすまそう | トップページ | GET READY »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とぎすまそう | トップページ | GET READY »