« わすれてた | トップページ | RIGHT PLACE, WRONG TIME »

物凄くいい!について

個人的な日記を先につけると、改めてここに書くようなことが何も残らない。
半日働いて、昼寝して夢を見て、少し本を読んで、TVを観て、ギターと歌を練習して、それだけだもの。
ご飯は食べたよ。

もっといい演奏をして、もっといい歌を歌いたい。
それで何が変わるのかもわからないけれど、そういう風にあることは、自分の長いこと忘れられないでいる夢だと思う。
もっといい演奏ができて、もっといい歌を歌えるようになったときには、さらにその上に行きたくなっているんだろうね。
終わりがない。

絵や文章も好きだけれど、音楽への欲求が一番高いように思う。
自分の場合。
音楽が一番好きというのも思い込みかも知れないけれど、CDとかよく買うし。
最近はあまり聴けていないけれどね。

自分で演奏したり、歌ったりしていると、わーっとなって、胸が熱くなって、泣きそうになったりする。
曲を作っているときもある。
聴く人にももし何か伝わることがあるとしたら、そういうときなのかなと思う。

音楽を聴く回数が減ってしまうのは、自分の理想の音楽が実は凄く限られていて、ああ、いいねと思う音楽はそこそこあるけれど、物凄くいい!という音楽は本当に少ししかないから。
自分も、物凄くいい!になりたい。

物凄くいい!音楽って何よ、とおっしゃられる御仁もいるかと思う。
物凄くいい!音楽を聴くと、やっぱり、わーっとなって、胸が熱くなって、泣きそうになったりする。
そうすると、大げさな話、生きていて良かったなぁと思ったりする。
物凄くうまい料理を食べたときとかと同じなのかな。
しみじみとうまい料理っていうのもいいけど。

大人っていうのは、子供に比べて驚かない。
だから喜ばない、という部分もあるだろう。
大人が喜びたい場合には、さらに斬新で奥深い、真実に迫った驚きが欲しい。
大人になっても喜びたい、驚きたいというのは結構な努力や苦痛や退屈を伴うもの。
音楽に限らず、優れた表現とは、比喩でなく、魔法だなと思うのです。
そして、世界を変える第一歩は諦めないことなんじゃないのかな。

|

« わすれてた | トップページ | RIGHT PLACE, WRONG TIME »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わすれてた | トップページ | RIGHT PLACE, WRONG TIME »