« 鍋 | トップページ | 幸福感 »

世界のルール

昨日は高円寺の無力無善寺で竹野くんのライブを観てきた。
だらっとお客さんに話しかけながら、ぐっと来る、いい歌を歌った。
じゅんちゃんは会うたびに綺麗になるので、女の子って凄いなぁと思う。
ウタムラミカちゃんとも少し話した。
お客さんは少なかったけれど、途中でパラガ豊田さんも来場。
「パラダイスガラージと結局俺は会ったんだ」と熱唱する竹野くん。
途中からカーマイン・アピスみたいに(よく知らないけど)手でドラムをどんどこ叩きながらお客さんにコーラスを要求して、誰も乗ってこない竹野くん。
クリスマスの歌もかわいくて良かったな。
最後に22日のイベント「あの夜」の告知をさせてもらったけれど、もうちょっと余裕をもって、ライブの雰囲気が伝わる話ができれば良かった。
終わってから、水庭君も下北沢から自転車でやってきて合流。
中華の安くてうまい居酒屋?で軽く打ち上げ。
といっても、帰りは本当にぎりぎりの終電になって怖かった。

今日は会社が終わってからカウンセラーとの面談などで3時間ばかり話して疲労困憊。
どんなに長く話しても疲れない相手もいるけれど、会社関係で人と話すのが苦痛になってきていて、俺自身が避けていることもあるのに気付いた。

世界を作るルールについて考える。
愛と重力が大きなルールと考える。

「あの夜」で歌う竹野くん、ミルコン、俺に共通しているのは、ロマンチックな歌が多いってことじゃないかなー。
ギターを弾いて、自分の歌を誰かに聴かせるなんて、相当ロマンチックだよね。
結局は、歌う人がいて、聴く人がいるだけのイベントだけれど、何かが違ってくるはずなんだ。
それぞれどんなライブをやるのか楽しみですね。

君にもきっと、「あの夜」はあるはずなのです。
眠る前のほんの少しの時間だとか、旅先のホテルから眺める景色だとか、雨の車窓を眺めつつとか、そういうことです。
俺はよく喋れないと思うけれど。
22日、千駄ヶ谷Loop-Lineに来てくれたら、きっとわかるよ。
「あの夜」が好きな人、お待ちしています。

|

« 鍋 | トップページ | 幸福感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍋 | トップページ | 幸福感 »