« さなぎ | トップページ | ウォーリー・ビーズ »

ルドンラテンシカダオサケミントトキオ

渋谷で版画家ルドンの展覧会を見た。
美術館ってのは、雰囲気が好きだ。
渋谷Bunkamuraなんかは、たまに場違いなギャルとかいたりして、そういうのもいい。
京都でも、一人でフィラデルフィア美術館の展覧会を見てた。
印象派中心で大して面白くなかったけれど。
澁澤龍彦が好きなので、シュルレアリスム系が好き。
けど、ポップアートもときどき好き。
で、ルドンは???
なかなかよかったけれど、あんまり入り込めなかったな。
小さい版画っていうのは、どういう距離感で観ていいのか、難しいな。
版画だったら、ビアズリーの方がよかったな。
今までで良かった展覧会っていうのは…ポップアートやシュルレアリスムの作品が沢山観れたMOMAのやつとか、去年みた伊藤若冲とか、いつだか新宿で観た四谷シモンの人形展とか。

最近、南米モノが熱いんですよ。
音楽の話なんですけど。
あんまりにもたまらんので、またLOS APSON行ってきた。
南米もロスアプも懐が深いね。
人も懐が深いといいね。
最近といいつつ、今聴いているのは古いやつ。
EL KINTOって、ウルグアイの60年代のバンド。
まぁ、ムタンチスとかヴェローゾとかゾンビーズとかスパイダースみたいなビートルズ・チルドレンかな。
懐かしいような、新鮮な感じで。

エキゾチシズムってのはいいよね。
知らないから安心する。
知らないから惹かれる。
知らないから飽きない。
けど、そこはずっといる場所ではないのかな!?
憧れるからこその、エキゾチシズムなのかな。
同化するわけでもなく。

昨日と同じ場所に、蝉のさなぎがいて、相変わらず動いていた。
いつかそこに、抜け殻が落ちているのかな?
CICADA。夏のおもひで。にほい。

なかなか減らないスパイス・ラムとウィスキーをジンジャー・エールで割って飲みましたとさ。
こんなだから…。

ボディショにペパーミントの入ってる足・踵用のスクラブがあるんだけど、効果はともかく気持ちよい。
夏場、いいんじゃないでしょうか。ね。
色もにおいも形も明るさも、色んなのが好きすぎて困るよ。
パレットみたいに。

東京で誰かを案内するとき、どんなとこがいいだろう。
東京にずっといると、よくわからないな。
行くところが凄く限られているからな。
夏だし、涼しいところ。どこかな~。

|

« さなぎ | トップページ | ウォーリー・ビーズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さなぎ | トップページ | ウォーリー・ビーズ »