« シャレオツ | トップページ | That Summer Feelin' »

Too Much To Rock N' Roll, Too Young To Die

あぁぁ。
底の底まで落ちていくと、少しだけ気が楽になるというか、ある意味開き直るというか、そんな気がする。
っていうのが今日。
俺が現実をそう簡単に変えられないように、現実もそう簡単に俺を変えられる訳じゃない。
現実は俺を変えようともしていないと思われるので、それなら虎視眈々と機会をうかがう俺の方に分があるんじゃないか。
V字回復なんつったら回復しても知れているので、そんなんじゃなくて再生したい。

最近、またアコギを弾いて歌っている。
少しずつ良くなっているっぽいぞ。
いつも録音しようと思いつつ、結局今はまだそのときじゃないよと思って、まだしていない。

優しい人が好きだ。
傷ついている人に手を差し伸べるときは自分も優しい気持ちになるし、毒を吐いている人の隣では、自分も殺伐とした気持ちになる。
そりゃあ、いつだって誰にだって優しくできるわけでもなければ傷つけないわけでもないけれど、ともあれ、優しい人には優しくしたくなる。
そういう気持ちを確認できるのが嬉しいね。
問題は、こういう気持ちを分かってくれる人もいれば、分かってくれない人もいて、うまくいかないことが多々あるってこと。

本当のことを少しずつ知ろうとしているよ。
俺はバカなんで、すぐに大切なことを忘れてしまうだろう。
ついさっきだって、今だって、これからだって。
生きていくということは、全て真実を、虚構を、受け止めて、投げ捨てて、この先もやっていかなきゃいけないんだろう。
いいことも、悪いことも。
ただ、知っているか、知らないかで、世界は変わる。

バランスをとって学ぼう。
抽象的な自我に問いかけ、具体的に暴いたりして。
それから、ぼんやりした欲求を形にして。

君がそうでないなら、俺が君の分までそうしよう。
強い気持ちで、(といいながら結局ぼんやりと)明日を過ごして、短くも待望のSUMMER VACATIONに突入します。
こんなに嬉しい夏休みは生まれて初めてかもしれない。
生きててよかった。2007。夏。

|

« シャレオツ | トップページ | That Summer Feelin' »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャレオツ | トップページ | That Summer Feelin' »