« Will To Death | トップページ | 人間 »

やっぱり俺はアホだった

この季節、雨が降っていても日中は明るい。
夕方も何だか明るい。
グレースケール感、リバーブ感、どこまでいっても、何もない。
何もないっていったら嘘だけれど、なんだかビシっと来ないんだ。
こういう時間が、何もしなくていいみたいに、俺を騙す、という言い訳。
仕事中は、日に日に自分がアホになっていっている気がして、いや、実際、アホになってると思う。
それか、前からアホだったけど、そのことにも、気づいていなかったんだね!
よくわかんないけど、最近俺は何か、あるいは全てから脱出しようとばかりしているっぽい。
本を読むのも、ギターを弾くのも、喫茶店に行くのも、あれも、これも…とか思うとマジで暗くなります。
いやだー。
今日は、たまにやるんだけれど、色んな曲を色んなCDから落として、MIX CDみたいにして。
前半はわりとディスコティックに、後半はソフトロックでまったり、みたいな、そんなことをやっていたり。
ジャンルはかなりクロス・オーヴァー。
そんなことをしながら、夜も更けていくのです。
まったくいやになるぜ。
体はここにある。せめて心は遠くへ飛ばすように。

|

« Will To Death | トップページ | 人間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Will To Death | トップページ | 人間 »