« リユニオン | トップページ | ゴールデン »

プログレ

TVKでビデオクリップが流れていた、ナターシャ・べデリングフィールドという女性R&Bシンガーがなんか良さそうでした。
でもその前に見たクリスティーナ・アギレラも凄かった。
ビョークの新しいのはどうなんだろう。
トラックはなんかMIAみたいだけれど、ビョークの歌のキャラが強すぎるよなぁ。

THROBBING GRISTLEの24年ぶりのスタジオ録音アルバム、「PART TWO THE ENDLESS NOT」を聴いた。
これはかなりいい内容。
脳みそを這う、音の舌なめずり。
もう、昔のがどんなのか覚えてないけれど(聴いたのは1年以内と思う)、とりあえず全然ダサくない。
ジャケも意味わからない山の風景写真でバンド名も入っていないし、ケースには謎のトーテム?が封入。
しかも開けたら戻せなくなった。

しかし、最近の紙ジャケ&リマスターの嵐には、俺ですら嬉しい悲鳴なので、オールド・ロック・マニアたちは真剣に困っているのではなかろうか。
ついに、というか、CURVED AIRまで購入。
YESやKING CRIMSON、PINK FLOYDくらいならなんとなくセーフな気がするけれど、これはかなりド・プログレ。
でもかっこいいし、ある意味SPARKSやSTEELY DAN、初期ROXY MUSICみたいな…凄く過剰なロック?
とりあえず1stを聴いているけれど、やたら本格的なヴァイオリンが入っていて、ドラマチックで退廃的な感じ。
あと、女性ヴォーカルでFREETWOOD MACの「噂」を聴いたときの印象も思い出した。
あっちの方がメロウだったかなぁ。
で、この紙ジャケは相当凄い。
まぁ、こういうものが出ることで今回の購入につながったので、いいんじゃないかなぁ。

マリアンヌ・フェイスフルのBOXも買ってしまった。
さすがに迷ったけれど、試聴したら、これはずっと聴けるよなぁ、と。
だんだん音楽に対して、求めるところが贅沢になってきて、何回も同じ音楽を聴くことは少なくなってきていて、それはなんとなく悲しい。

上に書いているような音楽は、自分の音楽にそのまま取り入れられるようなものでもないけれど、どこかで出ると思っている。
色んな音楽を聴くのは自己育成でもあるし、自己確認でもあると思う。
他人を知れば知るほど、アイデンティティと孤独とを知る、ような気もする。
今、そう思っただけで。

今日はカレンダーどおりなら平日で、休みを取っているので休みだったんだけれど、夜、スタジオで孤独に歌ってたらクニツグ君がスーツ姿でやってきた。
モッズ?モッズ?ってからかったけれど、単におやじバンドのようでもある。
練習が終わると会社から奴の携帯に着信があって、そのまま会社へ戻っていった。
俺は毎日ギターを弾いたり歌ったりで、なんというかフリーターに戻ったような気分。
これでいいんだろうかという気もしたりするけれど、スタート切ったら、やっちまえという、そういう感覚も久しぶり。
5月か。
5月は空が青いよね。という印象。

|

« リユニオン | トップページ | ゴールデン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リユニオン | トップページ | ゴールデン »