« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

心の耳

心の耳。
って、恥ってことなんだね。
恥を知る。

「心の耳」

耳を傾けてくれるなら まだやれそう
君が守るゴールネットにさ 花を咲かそう

一人ずつ生きる世界 無駄な隙間を埋めよう
見えづらいって思うのなら 僕の眼を貸すよ

願いを叶えたくて 狙いを定めたくて
実際はどうでもいい いい 現実はこうだから
心配しなくてもいい いい 現実がこうだから

耳の奥 ハートに続く扉 まだ開きそう
夢で見たTV番組は 邪魔じゃなさそう

一人ずつ生きる世界 酔ったふりをして壊そう
逃げづらいって思うのなら 僕の手を貸すよ

願いを叶えたくて 狙いを定めたくて
実際はどうでもいい いい 現実はこうだから
心配しなくてもいい いい 現実がこうだから

今夜の1曲。
ウィスキーをロックでちびりちびりやりながら録音。
そのうちこれらはちゃんと録り直すかも知れないし、どうせあんまり変わらないのでこのままかも知れない。
ビールが飲みたいな~と思ったらこの前買ったプレミアム・モルツが1本冷蔵庫に入っていた奇跡。
でもエビス・ザ・ホップの方がうまいかも知れないし、最近のどこかの赤い缶の黒ビールっぽい味のやつ、あれもうまい。
どれもちょっと高いやつね。
5月、あと1日でノー残業月を達成です。
嬉しいが、金銭的には…。

| | コメント (0)

雨の季節

結局、1対1というコミュニケーションがテーマでした。
途中で演奏が崩壊。
ギター1本でソロまで弾こうとしたのがね。

「雨の季節」

雨の季節は最低だ 拭いても拭いても垂れてくる
夢の中では見えたのに 離れすぎて掴めない

震えながら 汗をかいたり 泣いたり
しるしを残してみたかっただけ
凍えながら 話した 日曜日の夜の
青白さを忘れないで

いつか届いて欲しかった 願っても願っても叶わないね
もうすぐそこまで見えたのに 大事すぎて汚せない

震えながら 汗をかいたり 泣いたり
しるしを残してみたかっただけ
凍えながら 話した 日曜日の夜の
青白さを忘れないで

狂いながら 嘘をついたり 破ったり
気持ちに気づいて欲しかっただけ
笑いながら 話せた 月曜日の夜の
青白さを忘れないで

ということで、今日のサラリーマンNEO、面白かったね!!
相当気合が入ってた。
不覚にもサラリーマンNEKOの「ねぐせ」に笑ってしまった。

| | コメント (0)

夏の計画

もうすぐ6月。
見ないふりをできない面倒ごとが近づいている。
けれど、天気がよければ、なんとかなるか。
今は、あんまり考えすぎない。
5月で有休4日も使ったけれど、あと19日ほどあるっぽい。
今年は夏になっても暇なのだろうか。

今日書いた曲、ものになるかな。
ライブ前と後で、別に俺の生活は何も変わっていないようだ。
変わったことに気がついた人は、俺にとって特別な人だろう。

ちゃんと計画を立てて、小さな火が消えないように頑張ろう。
信頼を、自分が信じないことでつぶすのは、いやだなぁと思った。

| | コメント (0)

ハロー、ハロー

午前11時くらいに起床。
少しテレビを観た。

POLICEの1st聴きながら大回りで歩いて駅へ向かう。
途中の喫茶店に入ろうと思ったのだが、おばさま方が先客でいて、何となく入りづらくてスルー。
POLICEは、このアルバムに関して言うとB級なにおいがぷんぷんする。

PREFAB SPROUT「STEVE McQUEEN LEGACY EDITION」DISC2のアコースティック再録音版を聴く。
アコースティックとはいえ、音は重ねまくってる。
うーん、いきなり感動はしないけれど、また聴いてみよう。
ボディショでシャンプー買った。
ヘアケア祭り。

一旦帰宅後、今度はこの前も行った、近所のオールドスクールな喫茶店へ。
今日の天気や客の入り具合もあるかも知れないけれど、ここはやっぱり落ち着く。
どうしようもないイージーリスニングがかかっていて、アイスコーヒーはばっちり濃くて、食事もナポリタンとか甘めのカレーとか最高ですよ。
ニッカンスポーツを読んでる俺は、今は亡き親父に似てきたのだろうか。

ルーファス・ウェインライトの新譜はまだ聴いていないけれど、それに絡めて試聴が出ていたので購入した、Antony And The Johnsonsの2005年のアルバムが凄くいい。
ルーファスやルー・リード、ボーイ・ジョージも客演してる。
強い作家性とエキゾチックな陶磁器のようなファルセットとヴィブラート。
1stも欲しい。

スタジオ個人練習で歌ってきた。
なかなか楽しかったが、若干時間をもてあまし気味。
昨日UPした音源と同じような方向性。
結局歌のピッチもカッティングの正確性も分からないまま。
それはそれで練習するけれど、半年なり1年なり経ったら、相当面白いことになっているのでは。
それまで正気を保って頑張ります。

| | コメント (0)

親愛なる君へ

夏だね。夏。
今日はいっぱいCD買った。
どれもかなり良さそうだ。
最近CD売っていなかったけれど、そろそろ売らなくちゃ。
金に困った時期に、大分売ったけれど、ひとまず金に困らなくなってからは、面倒くさいので聴かないものも手元にある状態。
これから先に聴くことがあるかどうかは大体わかる。
今日買った中で一番楽しみなのはAMERIEの新譜だったりして。

久しぶりに宅録。
「360°」
再録音です。
自宅なので抑えたところもあるけれど、全力でやったら気持ち良さそう。

あと、相棒にもまだ聴かせていないが、先日のライブから1曲。
「サマーセーター」
よろしくね。
気に入ってくれると嬉しいよ。

カジノのピックガードは外した。
エピフォンのeマークも取れてしまったので…。

ライブまたやりたくなった。
やれるように、しよう。
場所はもう、こだわらなくてもいいと思っているけれど、最初からノルマがこなせないとわかっているところでやるのはやだな。
結果的に足りないのは仕方ないとして。

東京と小倉では状況が違うかも知れないけれど、竹野君はノルマのあるライブには出ないし、若い子にもノルマ払うくらいならワンマンやれと啓蒙活動をしているそうな。
気持ちは分かる。

というか、自分がどういうシーンに所属できるのか、さっぱりわかりません。
うまくはなりたいと思っている。
より、伝えられるようにという意味で。

| | コメント (0)

はにゃー

久しぶりにExcelVBAなんて触らなくちゃいけなくて、しばらくハニワ顔でソースとにらめっこしていたが、とりあえず動きそうなところからやってみることにした。
プログラミング始めた頃のトライ&エラーの感覚を思い出して、懐かしかった。
よく、自転車を覚えるのにも例えられるけれど、何回もこけているうちにコツを覚えるというもの。
英会話なんかとも近いのかな。

自分の存在を認めつつも、客観的にとらえて、成長するように仕向けないといけないし、それは行動を伴っていないといけない。
結局、まだうまくいっていないとして、しょんぼりしているよりは、努力を続けた方がいい結果に近づいているんだぜ!ってこと。
時間が勿体無い。
目標は何で、欲望は何で、祈りは何かを見つけたら、道筋はわからなくても何かやってみよう。
失敗したら、別の方法でトライ。

あとは…傷つく準備をして、心を開こうってことかな。
誰かととことん話して、海に沈む夕陽に向かってバカヤロー!!って叫びたい気分です。
少し言いすぎ。

| | コメント (2)

In My Darkest Hour

電気はほとんど消えている。
PCのディスプレイが浮かぶ様は、まるで水槽のよう。
あのときと同じ、発泡酒を飲んでいる。
ふと、昔の携帯の、まだカラーじゃない液晶画面を思い出した。
暗闇に浮かぶオレンジ色。
普段は忘れているけれど、忘れていないね。
ついでに色々と余計なことも思い出すので、適当なところで蓋をする。

自分が泥沼にはまっていることに気づいているから、なんとかしたいと思っている。
何もしないことにしてみたり、何かをしようとしてみたり。
もう少し時間がかかりそうだ。
頑張れ!俺。

けれど、週末には動く。
何もしないまま来週の平日を迎えるのが怖い。
このまま大人の夏休みになるなら、何もしないけれど。

苦しいけれど、時間が永遠にあるような幻想は捨てて、今日や明日に夢を持たなくちゃ。
大げさなことじゃないんだ。
夢を持って生きたいのです。
夢=意味と言っても過言ではなかろう。

地獄が俺の心にあっても、天国もまた心に持ち得る。
だからまだ平気。
君の気持ちはよくわからないけれど、信じることは気持ちいい。
一生懸命なことは、格好悪いけど、いいよね。

| | コメント (0)

夢を観ている

昨日、めずらしく早めに寝たのに、寝ている間に足がつったらしく、起きたら右のふくらはぎが痛かった。

公開する日記に書けるようなことは、このくらいしかない。
今日も、このあとごろごろして、酒飲んで、また寝るような気がします。
こんな気持ちで仕事に行くのはしんどいけれど、仕事に行かないことの怖さと、頑張って仕事に行ってるぜっていう気持ちよさがあるのだろう。
午前中はまだいい気分だったけれど、午後はきつかった。

「自己実現」がテーマなんだろうな。
たとえ自分がインドのマハラジャで使いきれないくらいの金を持っていたとしても、それが自己実現につながるものでないのなら、その立場も空しいだけだろう。
ある人から見れば、ある人は幸せそう。
その人にとっては、逆かも知れない。

身の丈にあわない夢に苦しまされるのは、仕方がないか。

| | コメント (0)

VOICES

わけもわからずに、なんだか悲しい。
嬉しいことが沢山あったし、今日だって別に、そんな、悲嘆にくれるようなことは何もないのに。
ただ自分の気持ちが昂ぶっていてスイッチが変わっていないだけかも知れないけれど、なんというか…悲しい。

本当は、うっすら気づいているんだけれど、さ。
気づいていることは今のところ、解決にならない。

もうちょっと、いろんなことを自分の中で整理して、

と、ここまで書いてフテ寝しつつ、ふと心の友に電話して、ぐだぐだまったり耳が痛くなるほど長電話してたら大分心の平静を取り戻した。
最近、電話を見直している。
メールよりも日記よりも電話。
それも、用事がないときの電話。
メールってやっぱ、都合悪かったらすぐ返さなくてもいいし、いつ読んでるか分からないし、最悪返さなくてもいいし、携帯だったらあんまり長いメールなんて打たないし、とにかくドライでしょ。
電話はいいぜ。
相手に迷惑かかるし。
声が聴こえると、顔が見える気もする。
そりゃ勿論メールも便利だけど。
なんとなく今は電話の方が上、ということでまとめたい。
電話よりも会う方がいいけど、そりゃタイミングも居場所もあるから。

情緒不安定の周期はしばらく続くだろうけれど、最後まで続けるしか選択肢はない。
いつでも。

| | コメント (0)

祭りのあとは

今日、下北沢mona recordsでSUNTRONIXのライブを観てくれたみんな、どうもありがとう。
あなたがそこにいてくれて、本当に嬉しかったです。
ありがとう。

昼間のライブなので、えらく早い時間にクニツグ君と時間を合わせて下北沢へ。
ライブに必要なものはあらかじめ準備していたので忘れ物はないはず!と思ったのだが、携帯を忘れてしまった。
誰かから連絡があるやも知れんので、リハ後に急いで一時帰宅。(結構遠い)
それでも、あんなに早く下北沢の街にいることなんてあまりないので、不思議な気分。

ライブは緊張防止のためにアルコールを入れてからのぞんだけれど、スタートの時点ではあんまり意味なし。
転換時のSEをムンズにしてもらって、少しだけアウェー感を和らげられた。
ライブが始まったら、緊張と酔いとハイテンションでいつもは開いていない扉が沢山開いた。
かなりむちゃくちゃやったけれど、次はもっとむちゃくちゃをやりたい気もする。

5月20日のセットリストは以下のとおり。

1.PARCO(★)
2.babyface(★)
3.サマーセーター(★)
4.たまには本当のことを言おう
5.美しい言葉
6.Honkey Tonk(★)
7.ワイルドホース(★)
8.夏の手前(★)

★がクニツグ君参加曲。
Honkey Tonkは最後のソロだけ。

歌のピッチについてアドバイスをいただいたけれど、個人的には自分のリズム・ギターの荒れ具合(わざとのは除く)にびっくり。
クニツグ君はギターのサウンドも良かったし、プレイも存在も良かった。
本当に一緒にやって良かったな。

くたくたに疲れた(憑かれた)けれど、みんな優しかった。
同時に、終わってからは得も言われぬ空しさが。
”言いたいことが伝わったかどうだか分からない”(オリオン)
って感じです。

終わってからカフェで時間を潰して飲みに行った。
俺は君に何かをしてやれたかな。
強がりじゃなく、それだけ。
他に何があるんだろう。

| | コメント (0)

あした

頑張ります。
今日は何故かお腹こわしていて、二人の最終リハを中断するほど。
が、なかなかクレイジーな演奏もできたので、大丈夫。
当日は始まる前にお酒を飲むと思うので、ますます大丈夫。

大事をとって今日はやることやって早めに寝よう。

今日はパンツ小精の歌を聴きながら、ぶらぶらとよく歩いた。

明日下北沢で会える人たち、よろしくお願いします。
明日は会えない人にもいつか会えるように頑張ります。
目の前にいる人のために歌うっていうのは、なかなか幸せだ。
雨も降らないみたいで、いい日になりそう。

| | コメント (0)

ついに

最後の平日を終えて。
ライブをあさって、日曜日に控えています。
再度告知。

------------------------------------------------------------
2007年5月20日(日)
下北沢mona records
「mona records Sunday Lunch Live」
SUNTRONIX/アモールファティ/タイフーンミニスターズ
open12:00 start13:00

Lunch Set\2200
1drink\2000

http://www.mona-records.com/index.html

SUNTRONIXの出番は3番目、14:40~です。
------------------------------------------------------------

当日時間が空いたとか、宝くじが当たったとか、来られそうになった人。
是非来てください。
今夜の練習の感触では、かなりオリジナル、かなりエグいライブになりそうです。
場所はいいところです。
あとは、観てのお楽しみ。

この前のスタジオ練習以来、ちょっとどこかで緊張しているけれど、このチャンスを逃すわけにはいかない。
全ての情熱を注ぎ込んで、溢れさせなければならない。
言ってみりゃ、これが俺のクロスロード。
悪魔は俺自身。
ならば、勝てそうじゃん。

| | コメント (0)

メッセージ

東京ビッグサイト行ってきました。
結局。
全然ゆりかもめ乗る必要なかったんだけれど、折角だから帰りは乗ってみた。
最前列ゲットはならなかったものの、今までほとんど行ったことの無いお台場あたりの、空と海とエッジの効いたアホ建造物のコントラストは結構嫌いじゃないな。
チープなSF感はP.K.ディックみたいで。
あんなものを人が建築したんだなぁと思うと、なんとも不思議な気分。

今朝、新宿駅ですれ違った外国人のTシャツが赤地に白で「毎日が地獄です」って書いてた。

移動中はムンズ「STILL ALIVE」聴いて、帰ってきてからエラ・フィッツジェラルドを少し聴いた。
ギターも弾いたし、歌ってみた。
同じことをやるのでなくて、ただ、そこにあるものを。

| | コメント (0)

悪魔とドライブ

やっぱ。
ゆりかもめ乗らないといけないじゃん。
というかどうやって調べても遠いよー。
気持ちを切り替えて遠足だと思わないといけないわ、ビッグサイト。
同行者がいないので、気楽なような寂しいような。

今日はつくづく自分のメンタルの弱さと関心のないことへの不誠実さを痛感して、自己嫌悪。
こういう日ほどギターを握れば(自分の)魂抜かれるような演奏が飛び出すので、頭にはデルタ・ブルースの影がちらつく。
こいつの尻尾をつかめるか否か、それが問題だ。

自分の隣に悪魔がいるような気がしたとして、その悪魔は多分自分自身。
今日は、どれだけ考えてもすっきりしないだろうな。
問題はだんだんやっかいになる。
不安が増える。

その瞬間を境目に、俺は幸せになるのか、不幸のどんぞこになるのか。
分からないけれど、そこにあれば手を伸ばすのが人間。
とりあえずやってみよう。

| | コメント (0)

記憶とかTVとか

家でギターを弾いて、凄くよいときがあって、録音していないし、誰も聴いていないのだけれど、いつでもこういう風にできないとなぁ、と思う。
当たり前を当たり前にしないで、果敢にトライしたときだけ、何かが生まれる。
気がする。
今、自分の曲をアメーバ状に変化させていくのが楽しいです。
久しぶりにサン・ハウス聴いた。(not 鮎川)

神は細部に宿る。
って急に思い出した。

何年も、下手したら十年以上も記憶の彼方に葬られていた、中学校や小学校の頃のなんでもない記憶が不意に蘇るのはどういう仕組みなのでしょうか。

誰もいない山奥で、誰にも見られずに小石が池にぽちゃんと落ちたなら、その事実はあったのか、なかったのか、という話もあったね。

全部事実としかいいようがない。
見ているもの、聴いているものが。
これから起きることが早く起きて確定されて欲しい気もするし、もったいない、こわい気もする。
今日この頃。

他愛も無い話はさておいて、木曜日は初めて東京ビッグサイトに行きます。
どんなになってるのか、見当もつかないし、しょうじきなところ、ちょうめんどくさいです。

そういえば、長いものに巻かれるというのはどういう気持ちなのだろうか。
とか書いてたら、サラリーマンNEO観るの忘れたことに気がついた。
残念。
TVは、朝目を覚ますために、めざましTVをつけるくらいしか習慣的には観ていない。
あの、アナウンサーが朝からグルメレポートするやつが嫌いです。
なぜ早朝からステーキを生レポするんじゃというのが納得いかないから。
占いも、見ないようにしてる。
見たときに限って悪いような気がするけれど、それはきっと悪いことの方が印象に残るからだろう。
マーフィーの法則でいうところの、マーガリンを塗ったパンはマーガリンを塗った面を下にして落ちる、ということ。

| | コメント (4)

ケルン・コンサート

今日の練習はなかなか良かった。
今までで一番いいな、という気持ちの入ったテイクもあった。
ようやく捕まえた感じ。

二人でやる大変さもあったけれど、良さも沢山感じている。
土曜日はちゃんと練習できるか分からないから、これが最後の練習だったのかも。

なんだか疲れていて、変な時間に少し寝たら、別に悪い夢を観たわけでもないと思うけれど、不安な気持ちになった。
長いこと、昼寝なんてしていないけれど、こういう気持ちになったような気がする。

キース・ジャレットのケルン・コンサートを聴くともなしに流している。
あぁ、こんなのだったんだ。
勝手に抱いていたイメージと違った。
音数が少なくて、穏やかな水みたいな音楽を想像していたけれど、硬質でリズミカルでポップな水晶みたいな音楽でした。
ときどき唐突におっさん(キース)の声が入るのでビックリする。
最近、ジャズの名盤はどんどん安くなっている。
ブルースも安くならないかな。

| | コメント (0)

緊張した

クニツグ君の提案で、お客さんの入っている状態を想定したリハをやろうと廃人3号廃人4号をつかまえて練習。
絶対緊張しないと思ったのに、めちゃくちゃ胃が痛くなったし、1曲目のテンポもえらく早かった。
だんだん良くなって、リハの最後くらいにやった2曲は家でやるのとそんなに変わらないくらい集中できたけれど、ありえないくらい胃が痛くなった。
結局、ある環境になれても他に出て行ったらそこでも緊張するんだろうけど…スタジアムでやるバンドとか、それだけで凄い。
16時~18時までリハで、そのあと飲みに行って、足りなくてカラオケも行った。
カラオケに行くと、相変わらず俺は歌が下手で死にたいほどに。
まぁ、あとはやるしかないんよ。
家に帰るまでに今度ライブに来てくれる友達に電話して、30分も喋ってた。
俺はずっと孤独で、死にたいくらいだったけれど、多少なりとも構ってくれる人がいると、ありがたくて仕方ない。
自分勝手な歌ばかり歌うけれど、なにがしでも役に立てば嬉しい。
他にできることなんてないよ。
あと1週間、頑張る。

| | コメント (0)

笑っちゃうくらいに

ギターの弦を買いに行って、ついでにシールドも少しいい奴にしてみた。
今まで使っていたやつより、音のレンジが広くなってハリが出た…気がする。
いや、本当に。
家で試すとよく聴こえるから分かる。
シールドは高いといってもエフェクターより安いし、今はアンプに直挿しなので、いいんじゃないでしょうか。

あとは、岡村靖幸「靖幸」を久しぶりに聴いたり、ムンズ聴いたり、銀杏のDVDの続きを観た。
どれも痺れる。
本気過ぎて笑っちゃうよね。
それでいて、鳥肌が立つほど感動してしまう。
今日の練習は、前半のテンションの上げ方、入り込み方が明らかに足りなかった。
良かったのは後半だけ。
明日はあえて、ちょっと趣向の違う練習をするけど、もっともっと本気になって新しい音を鳴らさないとな。
聴いたら何かを感じるように。

| | コメント (0)

自己暗示

今日はすっかり忘れてたけど飲み会でした。
帰ってからクニツグ君に電話して、曲順の話をしたり、いろいろライブの話とかしたら、「珍しいね」だそうです。
ふむ。
ここ1週間くらいで不安は結構解消されたから、自信があるって口に出すし、もっと言いたい。
そうすると、どんどん何でもできそうな気がしてくる。
いや、やりますよ。
って言うのがいいんだ。
仕事がまだ暇なのを活かして、月曜は休み取った。
どうせ忙しくなったら使えない。
明日からまた頑張ります。

| | コメント (0)

アコギの逆襲

今週もあと一日で休み。
ライブの構成はなんとなく考えてるけど、全部は決めていない。

銀杏BOYZのDVD観ながらエレキの弦を変えようと思って、この前掃除してて見つけた弦を張っていた。
ら、なーんかえらいテンションがかかるなと思ったらアコギの弦だった。
何だかなぁと思ってこの前買った弦を見たら、3パック×2セット、全部アコギの弦。
コンビニでもギターの弦売ってくれよ!!

と思ったら、うちから一番近いコンビニの上はリハスタでまだぎりぎり営業時間だから買おうと思えば買えるな~と考えたものの、もう練習はひととおりしたので、明日にでも前と同じものを買うことに。
代わりに、風呂ためて入る。

徐々にいろんなことがわかってきて、リアルな感覚になってきている。
楽しかったり悲しかったりいらいらしたり退屈したり、人と話したり、いい感情も悪い感情も音につながっていくので、やるたびに違う演奏になるし、トラブルとかも別にこわくなくなってきた。
昨日大塚さんが言ってたことは本当だな。
俺がどこに反応したかはあえて伏せます。
時間の決まっている再放送やオンデマンド放送などあるみたいなので、見逃した方は要チェキです。
動く銀杏BOYZを観て、さらに勇気を得た。
友達にも沢山勇気をもらっている。
俺がしてやれることも分かっているし、それが俺のためであることも分かっている。

とりあえず、今週平日に学習したことをスタジオで試すのが楽しみ。
もう少し解放されるから。

| | コメント (0)

Summer Babe

昨日に引き続き、帰宅してすぐに外の空気を引きずったまま、ライブを想定して30分くらいばーっと曲をやる。
普通に練習するよりテンション上がるし新しいものも見える。
昨日の方が良かったけれど、悪い出来でも勉強になる。
あーでも、もっといい着地点がどこかにある気がして。
自分のテンションと観ている人のテンションをつなげる方法。

最近の寝不足もあり、今、ちょっとくたくたです。
マリアンヌ・フェイスフル聴いたりビール飲んだりしてる。
けど、早く寝るよ。

とか書いているうちにも寝かけてました。

ニーネのインターネット配信の生放送も見た。
特にスタートはかなり緊張したんじゃないかと思ったけれど、後半のインタビューの大塚さんの言葉が良かった。
なかなかライブに来られない地方のファンにとっては凄く嬉しい企画だったのではと思う。
ムンズも是非…と思ったけれど、生放送だとあとで出入り禁止になりそう。
余計なお世話か。

それにしても、ラジオのDJとかって独特の喋り方になって、アナウンサーとか普通のタレントとも違う口調で、あれはどこか学校で学ぶんだろうか。

天気のせいもあるかも知れないけれど、全体的にはハイな気分。
気持ちの揺れは結構大きい。
鬱々とした感じではなくて、切ないというかそういう感じかな。
わからんけど、冬の感情じゃなくて夏の感情。

| | コメント (0)

美しい言葉

昨日書いたのはこんな曲。
「美しい言葉」もしくは「ビューティフル・ライアー」
この曲を本番でやるかというと、まだまだ分からんねぇ。

ライブが日に日に近づいて、緊張してみたり、興奮してみたり、まぁ、忙しいよ。
今日も早く帰れたから、あえてリラックスする前にさっさとビール1本飲んで歌い始めたら、演奏は荒いけれど、最近の練習で得られなかった興奮を感じることができた。
もう少しコントロールできた方がいいかも知れないけれど、自分でやりたいこととかがわかっている状態だし、一歩踏み出せた。

明日からはもう少し仕事もするけれど、暇だったら月曜休もうかなぁ。
ちなみに今日は久しぶりにサラリーマンNEOが見れたけれど良かった。
かなりこってりと力が入っている。
確かに、誰か一人にアピールするのもマスにアピールするのも、本質的には変わらないはずなんだ。
だから、メジャーなものは色んな人が総合的に気に入る要素がある、と。
そこでスポイルされるものが沢山あるとしても、その事実はあるんだから、無視しちゃいけないね。
映画なんかは、最初からマスに向けての発信しか基本的に有り得ない形態だと思うけれど、音楽や絵は本来はパーソナルなものなので、その辺のバランスは気になるところ。
マスに向けるとか、メジャー感とかを言い換えると、カジュアルということかも知れない。
太さとか。
上の曲も表現も、とことんやったらカジュアルになるかも知れない。

頑張りますよ。
俺は。
相棒も奴なりに頑張っている模様。
本当、頑張ります。

| | コメント (0)

5月20日詳細決まりました!!

ライブの詳細が決まったので、まずは告知から。

------------------------------------------------------------
2007年5月20日(日)
下北沢mona records
「mona records Sunday Lunch Live」
SUNTRONIX/アモールファティ/タイフーンミニスターズ
open12:00 start13:00

Lunch Set\2200
1drink\2000

http://www.mona-records.com/index.html

SUNTRONIXの出番は3番目、14:40~です。

ランチセットもほとんど料金変わらないので、普通にオープンからのんびり楽しんでいただければと思います。
特にランチ食べたい方は、予約のメールをいただけると確実に用意できるみたいです。
メールはブログ左袖に「メール送信」とあるところをぽちっとなとしてください。
携帯やミクシィメールでもらっても承ります。
お店でも予約可能です。

皆様、お誘いあわせの上、是非いらしてください!!
------------------------------------------------------------
ここから普通の日記です。

平日はやっぱきつい。
何がダメって、今暇なんですよ。
長い目ではやることあるんだけれど、それもすぐには動けなかったりするし。
良かったことは、研修の予定がずれてライブよりもあとになってたこと。

そういえば、昨日の晩、久しぶりに寝つきが悪くて参った。
ずっと頭の中で色んなイメージが交錯していて、しかも妙に外が明るい気がして、朝寝坊できないプレッシャーもあるし、気がついたらあっという間に2時間経っててなんだか汗もかいていた。
トイレにいって、仕切りなおして、もうこれから俺は何も考えません宣言アンドやっぱ布団って気持ちいいねという自己暗示をしたら結構あっさり寝られたみたい。
そうでない時は忘れてしまうけれど、不眠って本当にきつい。
朝になれば、まぁ眠いしきついけれど動けないわけじゃないから、それが続くと追い詰められる。

曲を書いて、ライブでやるかどうかは微妙なので時間が許せばさくっと録音してみようかと思う。
そんな、余裕こいている場合ではないのだけれど。
多分、ライブとは違うところで、録音は録音でしたい…という欲求だな。

今、自分がブログでついついよく使っている言葉があるような気がしたので、調べてみた。

「しかし」52個
「そういえば」55個
「ところで」79個
「それにしても」40個
「やっぱり」140個
「まぁ」212個

「そういえば」を良く使っている気がして調べたんだけれど、そうでもなかったね。
で、びっくりしたのは「ニーネ」で調べたら240個使ってました!!
固有名詞なのに。

| | コメント (4)

FAITHFULL

今日は雨ということもあって、おとなしく家でギターの練習とかしてた。
エレキ・ギターという楽器は、実はとても珍しい楽器ではないかい?と思ったけれど、現在の音楽では非常にスタンダードになっているのが不思議だね。
自分にまだ伸びしろがあることが感じ取れたので、あとは時間が欲しい。
そうです。時間は作るものです。頑張ります。

いや~しかし、マリアンヌ・フェイスフルは歌がうまいなぁ。
それに、歌が好きなんだろうなぁ。
とりあえず1st聴いてます。

今日も今日とてクニツグ君と練習した。
練習始めた頃を思えば相当進歩しているけれど、レベルが底上げされれば別の課題が気になりだすし、求めるもののレベルも上がるから、ずっと物足りなくて、焦ってしまう。
自分の考えていること、感じているものはできるだけ出し切りたい。
ようやく分かり始めたことも沢山ある。
あと2週間でどこまで行けるか。

そういえば、GW中に「いいとも」とか「ごきげんよう」とか久しぶりに見たんだけれど、小堺さんがゲストの若手と比較して明らかにギャグ・センスが古くて8割方滑ってるように思ったので、なんともいえん気持ちになった。
ちなみに欽ちゃんも野球で出てくる前にそういう時期があった。
夕方、そういや「笑点」って最近観てないな~と思って、TVをつけたらちゃんとやっていて、このメンバーのを見るのは初めてだな~と思いつつ、別にちゃんと見なかった。

というか、GWもおしまいですよ。
今までで一番廃人色強いかも。
なんかちゃんとやっていけるのか、とてもとても不安です。

| | コメント (0)

土曜日の夜は

昼間クニツグ君と練習して、午後は相模原に移動してミズニワ君と飲んだ。
昼間の練習は、別にこれまでにしたら悪くもないんだけれど、ライブが近づいている焦りもあるし、こんなんじゃ足りないという気持ちが。
結局体調がまだ優れないのと、めずらしく喉に違和感を感じて、自分の中で煮え切らなさが残った。
結果的には、要するに、こんなんじゃダメだ。

相模原は実は近い。
ミズニワ君の家で色々CDを聴きながら話したのも楽しかったし、近所の飲み屋もいい雰囲気。
相模原は少し懐かしいような、不思議な感じだった。
多摩センターは所詮はニュータウン。
ずっと可も無く不可も無く、何も無い街。
多摩センターはGW中3日間に渡りお祭りをやっているけれど、全く足を踏み入れていない。
子供の頃はそれなりに楽しかった。
明日、GW最終日。
単なる土日の日曜日。

| | コメント (0)

エデンの東

昨日飲みすぎてしまって、体調面は絶不調。
精神的にはフラット。
スタジオに電話したけれど、誰も出ないのでクニツグ君の家で練習することに。
昼は近所のオールドスクールな喫茶店に行った。
案外落ち着くね。
年に1、2回くらい行くかな。
FLYING RYTHMS聴きながら移動。
クニツグ君の家でちょこっと練習。
しかし、あの家はあんなに音出していいんだろうか。
一旦帰宅してギターを置いて、下北沢へ。
買ってからずっと聴いてなかったCHARAを聴きながら移動。
下北沢leteでネタンダースの塚本さんと、塚本さんが良くカバーしている雨の日の国道バンドの佐藤さんのライブを観る。
leteは本当に小さくて、でもとても良い空間。
自然と親密な感じになる。
ライブは2部構成で、前半は塚本さんソロ。
後半は佐藤さんがギターと歌で、塚本さんはほぼギターに専念。
前半は、エレキ・ギターという楽器の限界に挑戦するような、圧巻の演奏。
スタンダードでありながら、エキセントリック。
右手のニュアンスの表現とか相当勉強になる。
リズムとメロディを同時に弾きこなすのとかは職人技の域。
音だけ聴いたらギター2本に聴こえるようなアレンジ。
雨の日の国道バンドの佐藤さんは、テレキャスターにコンパクト・エフェクターのトレモロをかけてた。
で、凄くいい歌を沢山歌った。
思ったより、土臭い感じじゃなくて、もっと洗練された感じ。
ジェイムス・テイラーとか、ポール・サイモンとか、ああいうアメリカのシンガーソングライターの70年代な感じかなぁ。
エレキ・ギター2本の絡みという点でも今観ておいてよかった。
塚本さんの伴奏もソロ・ギターとは違ってブルージーな落ち着いた感じになるけれど、随所に小技が効いている。
やはり、ギターの演奏において右手でつけられるダイナミズムっていうのが結構大きいんだなぁと再認識。
leteはお酒もおいしいので、いい気分になった。
お店の外の花がいい匂いだった。
しかし、下北沢の夜は、なんだかフリーな人が沢山うろうろしていて、どうもそこにいることに後ろめたさを覚えてしまう。
GWはあっという間。
あとは普通の土日なんだよな。
すでに夕焼けを迎えたような、ちょっとした寂しさもある。

| | コメント (0)

ゴールデン

クニツグ君の家でギター弾いたり酒飲んだりCD聴いたりしてた。
CURVED AIRも、THROBBING GRISTLEも、ジュディ・シルも、良かった。
FREETWOOD MACもJガイルズ・バンドもあがた森魚も。
ひどいのはひどいので最高。
でも一番盛り上がったのはYUI。
そんな、今年のゴールデン・ウィーク。
何がゴールデンなのか良く分からない。
いつの日か、本当にゴールデンなゴールデン・ウィークを味わいたいものです。

| | コメント (0)

プログレ

TVKでビデオクリップが流れていた、ナターシャ・べデリングフィールドという女性R&Bシンガーがなんか良さそうでした。
でもその前に見たクリスティーナ・アギレラも凄かった。
ビョークの新しいのはどうなんだろう。
トラックはなんかMIAみたいだけれど、ビョークの歌のキャラが強すぎるよなぁ。

THROBBING GRISTLEの24年ぶりのスタジオ録音アルバム、「PART TWO THE ENDLESS NOT」を聴いた。
これはかなりいい内容。
脳みそを這う、音の舌なめずり。
もう、昔のがどんなのか覚えてないけれど(聴いたのは1年以内と思う)、とりあえず全然ダサくない。
ジャケも意味わからない山の風景写真でバンド名も入っていないし、ケースには謎のトーテム?が封入。
しかも開けたら戻せなくなった。

しかし、最近の紙ジャケ&リマスターの嵐には、俺ですら嬉しい悲鳴なので、オールド・ロック・マニアたちは真剣に困っているのではなかろうか。
ついに、というか、CURVED AIRまで購入。
YESやKING CRIMSON、PINK FLOYDくらいならなんとなくセーフな気がするけれど、これはかなりド・プログレ。
でもかっこいいし、ある意味SPARKSやSTEELY DAN、初期ROXY MUSICみたいな…凄く過剰なロック?
とりあえず1stを聴いているけれど、やたら本格的なヴァイオリンが入っていて、ドラマチックで退廃的な感じ。
あと、女性ヴォーカルでFREETWOOD MACの「噂」を聴いたときの印象も思い出した。
あっちの方がメロウだったかなぁ。
で、この紙ジャケは相当凄い。
まぁ、こういうものが出ることで今回の購入につながったので、いいんじゃないかなぁ。

マリアンヌ・フェイスフルのBOXも買ってしまった。
さすがに迷ったけれど、試聴したら、これはずっと聴けるよなぁ、と。
だんだん音楽に対して、求めるところが贅沢になってきて、何回も同じ音楽を聴くことは少なくなってきていて、それはなんとなく悲しい。

上に書いているような音楽は、自分の音楽にそのまま取り入れられるようなものでもないけれど、どこかで出ると思っている。
色んな音楽を聴くのは自己育成でもあるし、自己確認でもあると思う。
他人を知れば知るほど、アイデンティティと孤独とを知る、ような気もする。
今、そう思っただけで。

今日はカレンダーどおりなら平日で、休みを取っているので休みだったんだけれど、夜、スタジオで孤独に歌ってたらクニツグ君がスーツ姿でやってきた。
モッズ?モッズ?ってからかったけれど、単におやじバンドのようでもある。
練習が終わると会社から奴の携帯に着信があって、そのまま会社へ戻っていった。
俺は毎日ギターを弾いたり歌ったりで、なんというかフリーターに戻ったような気分。
これでいいんだろうかという気もしたりするけれど、スタート切ったら、やっちまえという、そういう感覚も久しぶり。
5月か。
5月は空が青いよね。という印象。

| | コメント (0)

リユニオン

有休をとっているので今日も休みだったのですが。
ダイナソーの新譜を聴いた。
ダイナソーは聴いていないアルバムもあるけれど、ルー・バーロウがいようがいまいが変わらんね。
結局は。
そういえば最近、メタルとかハードロックのバンドのビッグ・ネームの再結成とか多いよね。
ガンズとかね。
みんなお金もなくなってきたし、角も取れたんだろうね。
同窓会とか、そういう気持ちもあるかも知れない。
批判する気持ちは全く無いです。
ファンも当時のままなのかなぁ、とか思った。
紙ジャケやリマスタリングによるリイシューにも似てるのかも。
あとティンバランドの新譜を聴いた。
昨日は陳信輝。
今日も一人で練習したけれど、ちょっと消化不良というところもあって、焦ってきた。
小さくまとまるのは避けたい。
何回でもやり直そう。

| | コメント (0)

アンディ・ウォーホル

服なんかを買うときに、妙に派手なものとか変わったものを買う傾向にある。
たまにひどい格好のときがあるので、もうちょっとあわせやすいものも…と思うけれど、いつも帰ってくると、そういう結果にはなっていない。
今日ももう少し早く起きたかったな。
ひとつずつしか用事が終わらない。
靴が欲しい。
あわせやすい奴を…。
新宿のOSHMAN'Sに行ったけれど、ちょっと混んでいて店員がまわってこないのでやめた。
ユナイテッド・アローズで帽子を買った。
幾つか悩んだ中で一番おかしな奴。
どうもアンディ・ウォーホルのデザインを使っているらしい。
休みの日につけている時計もウォーホル。

今日は二人でスタジオ。
個人練習で予約すると(二人なら個人練習の料金で入れる)部屋が選べないけれど、今日は珍しく大きな部屋になった。
よく気分転換にドラムを叩くけれど、大体セッティングされたままで叩く。
今日は凄く叩きやすくて、部屋の鳴りも気持ちよいので、うまくなったような気分になった。
アップライトの生ピアノもあるので時間があれば弾きたかったな。
部屋の大きさの割には控えめな音で曲を合わせる。
クニツグ君は前のエメラルドグリーンっぽい(もうちょいブルーだっけな)ストラトを手放して、ブラックのストラトを新たに購入。
今日はいつもよりは注文を出した。
段々演奏はあってきたので、ネクスト・ステージに挑戦しなくては。

ずっとギターを弾いていると、何となく、お、お前いいじゃんみたいにギターに愛着を感じる時がある。
自分でも嬉しい瞬間。
それにしても、時間があるって嬉しいな。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »