« 夢を観ている | トップページ | はにゃー »

In My Darkest Hour

電気はほとんど消えている。
PCのディスプレイが浮かぶ様は、まるで水槽のよう。
あのときと同じ、発泡酒を飲んでいる。
ふと、昔の携帯の、まだカラーじゃない液晶画面を思い出した。
暗闇に浮かぶオレンジ色。
普段は忘れているけれど、忘れていないね。
ついでに色々と余計なことも思い出すので、適当なところで蓋をする。

自分が泥沼にはまっていることに気づいているから、なんとかしたいと思っている。
何もしないことにしてみたり、何かをしようとしてみたり。
もう少し時間がかかりそうだ。
頑張れ!俺。

けれど、週末には動く。
何もしないまま来週の平日を迎えるのが怖い。
このまま大人の夏休みになるなら、何もしないけれど。

苦しいけれど、時間が永遠にあるような幻想は捨てて、今日や明日に夢を持たなくちゃ。
大げさなことじゃないんだ。
夢を持って生きたいのです。
夢=意味と言っても過言ではなかろう。

地獄が俺の心にあっても、天国もまた心に持ち得る。
だからまだ平気。
君の気持ちはよくわからないけれど、信じることは気持ちいい。
一生懸命なことは、格好悪いけど、いいよね。

|

« 夢を観ている | トップページ | はにゃー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢を観ている | トップページ | はにゃー »