« 夏の手前 | トップページ | 時計の針を戻して »

小さな世界

今日は帰宅時、かなりくたくただった。
今の仕事で一番きついのは、残業時間じゃなくて、プレッシャー。
本当は、ミスったとしても、別に大したことないんだよ。
まぁ、信用問題ということでいえば大したことはあるんだけれど、事象としては取るに足らない。
世の中、本当はこういうこと多いと思う。

例えば、あの人が今日なぜだか私に冷たい!とか、世界的視野では相当軽いけれど、やっぱりそれは重要なことで、人間はそういう狭いところで、結局生きていて、そこが世界なんだなぁと思う。
今手に触れているものとか、天気とか、景色とか、目の前のもの。
経験論じゃなくて、汎神論的な感覚かな。
そこに何かある。

どこかで飽きるかと思ったけれど、全然そんなことないな。
曲も書けたし、何度も何度も練習したい。
それで、あと一歩でも二歩でも踏み込みたいし、もっと自由にやりたい。

ここのところ、ずっと思っているのは、しょんぼりしているときも、できるだけ楽しいほうに持っていくように気持ちを切り替えること。
うまくいくかは分からないけれど、楽しくなればしめたもの。
大体、自分が気にしているほど他人は気にしていない。幸か不幸か。
あとは、いいと思うポジティブな発言はどんどんしていくこと。
本当にいいと思っていることは、自分も伝える努力ができるし、結構伝わるものだ。

それにしたって欲しいのは、時間。
先月の残業代は結構ついた。
またそのうち小倉に遊びに行こう。
全く時間を売ってるな。
灰色のスーツの男達に追われている。

|

« 夏の手前 | トップページ | 時計の針を戻して »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の手前 | トップページ | 時計の針を戻して »