« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

大晦日

29日は仕事納めで、全く集中力を欠いたまま定時まで仕事して、そそくさと帰って忘年会に行った。
電車もないので朝まで飲んだ。
よく考えるとみんな途中で帰れたんだけど、つきあってもらった形。
素敵な友達に恵まれてうれしいです。
良く飲んで、良く喋った。
ちなみに今年は忘年会の誘いを2本パスしてしまった。
タイミングと体調により。
ごめんなさいごめんなさい。

帰りはもう、果てしなく寒かった。
ディアンジェロのRemix盤みたいなの聴いてた。
貰ったみかんがおいしかった。

30日はほとんど寝てた。
食べる以外は、脳みそが溶けるまで寝てた。

ぐだぐだの年末。
今日もテレビはきっと見ない。
なんかDVDでも買おうかな~~~。
本とかな~~~。

ニーネの大塚さんがタイからの日記を(必要に迫られて)ローマ字で書いていたのが可愛かった。

外は天気がいい。
ちょっと出かけようかな。

今年はそこそこ頑張った気がする。
今までがダメだったね。
今年頑張ったけれどうまくいかなかった人もいるだろう。
来年はきっとうまくいくよ。
積み重ねだし、失敗を覚えていれば、成功に結び付けられるだろう。

面倒くさがらずに、いい音楽を聴いたりして、いい刺激を受けよう。
何聴こうかな~。

皆様には良いお年を。

| | コメント (0)

東西線、雨の音、デルタ・ブルース

雨の中、久しぶりかつ2回目の茅場町に行った。
九段下で東西線に乗り換えるので、途中で急行から各駅に乗り換えなきゃいけなかったのにそのまま乗っていて、神保町から慌てて引き返した。
東京に住んでいても、ほとんど京王線(都営地下鉄)と小田急線、あとはせいぜい山手線に中央線くらいしか使わない。
東西線ってこんな風に走っているのか、と路線図を見ながらびっくりした。

帰り、あんまりにも雨がひどいので駅からタクシーに乗った。
個人タクシーだけれど、運転手の人は感じが良く、ちゃんとタクシーの目的に沿ったサービスの質を高めようとしているようで好感をもった。

雨の音を聴くと、何も考えられなくなる。
ランダムにしてミニマル。

流通のシステムの話を聞いて面白かった。
あまり、自分のところではやっていない業務。
話を聞くと面白いけれど、現場は大変だろうな。
結局、どこも大変、という話に落ち着くもの。

雷の音。
久しぶりに聴いた。

もうすぐ休み&年末&年明け。
新宿駅で正月飾りを売っていた。
休みは予定がないから沢山音楽を聴いたり本を読んだり、歌ったりしよう。
来年はどんな年になるんだろう。

そういえば、今日はヘヴィでどろどろのブルースを書いた。
明日ちゃんと覚えてるかな~。
デルタ・ブルースのことは良く考えるし意識しているけれど、あんまり聴いてはいないかな。
その表現の存在を知ったし、聴いたことに意義がある。
ファースト・コンタクトの衝撃ね。

デルタ・ブルースのコクを感じさせる音楽をやっている人はそう多くない。
曽我部恵一さんやムンズ竹野君にパラガ豊田さん、ニーネ大塚さん…う~ん、我の強い表現ってこと?
でも、その実際のところは、どろっとしてるようでとても綺麗な、魂としかいいようがないなぁ。

| | コメント (0)

パーティー

昨日は、タワレコで買ったJOHN VALENTI「ANYTHING YOU WANT」ってアルバムを聴いて、良かった。
スティーヴィー・ワンダーみたいなメロウなソウル。

曽我部恵一のHPでのインタビューが面白かった。
こんな人が日本にもいるから、ありがたい。
彼が全てではないけれど、沢山の色の存在を認めて、見出している人だから。
俺も頑張ろう。

新曲のブリッジのすわりが悪くて、歌いながらしっくりくる節回しを練っている。
歌うことが楽しくなってきた。

今日は、この曲を上げようと最初から決めてた。

「BabyFace」

ひとまず、これで打ち止めかな。
ストックはまだあるけれど、自分を見つめなおす旅に出ます。
16小節の旅の始まりね。

ダメだと思ってた曲も改めて聴くと良かったりするので迷う。
けれど、何より本当に聴かせたい曲って何なのよと考えると、分かってくる気がする。
自分にとっても、みんなにとっても。

クリスマスも終わる。

年末。
正月。
また桜が咲く。
海は開く。
蝉の鳴き声が鈴虫になって、紅葉して。

沢山いい曲を書きたいな。
俺は作曲中毒だ。

| | コメント (0)

やばいやばい

サラリーマンNEO面白いね。
って、そうじゃないよね。
おっサラリーマン体操もきた!
って、そうじゃないよね。

「Honkey Tonk」

あー、おもしれぇ。
って、そうじゃないんだよね。

| | コメント (0)

三日目

Photo_22当たり前だけど、毎日曲は書けないしギターに触る時間もないような日もあるので、最近のストックから出そうとしているのです。
が、今日は今日作って今日録った曲。
本当はこういうことをやりたい。

「旅の宿」

今日は新宿に行った。
タワレコに行ったら欲しいCDがぱぱっと見つかって、キーワードはメロウで。
適当に買った。
新宿は凄い人だった。
渋谷の方がまだ人が拡散するから歩きやすい。
京王線なので、渋谷の場合はマークシティーの側とか、空いているところから出ると楽だ。

曽我部さんのニューアルバム聴いて帰って来た。
流石に、音楽のうわっとくるメロウさとか、温度が日本人離れしてる。
それでも、ちょっと昔とは自分の聴き方、受け止め方が違っているんだけどね。
それは仕方ない。

俺は今、自分の音楽を結構楽しんでいる。

久々にボディショに行くと、色々と商品が変わっていたので、ふむふむと眺めつつ、実用的な買い物をした。
今日は実用的じゃない買い物をするはずだったんだけどな~。
CDは自分にとっては実用的なアイテム。
特に歌ものはそうかな。

CAMPERの靴欲しい。
高いのでちょっと気が狂ってるときじゃないと買えない。

部屋で百合の匂いがしてる。
ピンクじゃなくて、紫じゃなくて、なんつーんだろ、この色。

| | コメント (0)

二日目

P1040113今夜は、こんな感じ。

「Your Favorite Thing」

知りたいことはなかなか知れない。
知りたくないことは、すぐに生活に入ってくる。
そんな世の中だから。

明日は、街をぶらぶら。
明後日は、法事。

ところで、みんなが今欲しがっているものって何なのだろう?
クリスマスに欲しいもの。
あの、愛とかお金とか、土地とかじゃなくて、自分にご褒美で買えるくらいのものね。

俺が最近見る度にほしくなって思いとどまってるのはこれ。
http://shop.ehonnavi.net/shopdetail/042001000001/order/
がまくんとかえるくんぬいぐるみ。
萌え~。
しかし何の役にもたたないね。
けど、こういうものを買おうと思う。

これもいいんだよね。
http://www.rakuten.co.jp/little-mammy/241918/322165/327085/
かいじゅうたちのいるところ。
けど、こっちは出来がいまいち。

欲しいものがいっぱいあるんだよ。

あとは、コム・デ・ギャルソンのキャンドルとか。
自分の部屋のにおいが良くなっても、ちょっともったいないけど。

それから、ミニチムニー。
http://www.caina.jp/commodity_detail/90829697/
これは愉快。

加湿器といえばこれもいい。
http://www.caina.jp/commodity_detail/15066566/

写真は最近買った時計。
仕事にはこれで。

そうして手に入れた幸せは、自分のための買い物であったとしても分かち合えることだろう。
何も、買い物じゃなくたっていいんだよ。
楽しいことなら。

| | コメント (0)

そろそろ

クリスマスですな。
たまの贅沢の口実にでもしたらいいんじゃないかな。
無駄な優しさの口実にも。
それで明るくなったり幸せになったりするのは、いいことだ。
軽く軽く軽く浮ついて明日のことだけ楽しみに。
クリスマスといえば七面鳥。
幼稚園の頃に移動動物園とかいうのがあって、簡単な金属の柵にウサギとか放して、大きいのではロバかポニーが来ていて、そして七面鳥がいた。
という淡い記憶。
服が汚れないようにスモックを着る。
うちの母親は家事全般、粗い。

ということで、クリスマスまで気がついたら毎日曲をUPしていこうかと。

「テレパシー」

日記は別に書くこと無い。
今までどうして毎日書けていたのか。
それはね、どうでもいいことでもとりあえず書いてたからだよ。

ところで今年の俺の目標のひとつにプレゼント上手になることが。
さり気なく、しかし喜んでもらえるプレゼントを。
それにはまずプレゼントを渡すこと。
俺はやっぱり誰かに喜んでもらうのが好きだな。
喜んでもらうと俺も嬉しい。

カンニングの人が亡くなったのが悲しい。
若い人の病死は悲しい。
亡くなった人の気持ちが悲しいのか、遺された人の気持ちが悲しいのか。
両方だろうな。
その間にある気持ちがさ。
後戻りはできないんだ。
今頑張ろう。

そういえば、最近時計を買ったよ。
仕事にしていける腕時計。
それはまだ役に立つ買い物。
役に立たないけど欲しいかな~とか思っているものがあって、それを買うなら今かも知れない。
楽しもう。

| | コメント (0)

年末の過ごし方

もうすぐ、今年が終わって、来年になる。
どんどん1年間が過ぎるスピードは早くなるけれど、なんだかんだで結構楽しませてもらったので、そのことにお礼を言いたいね。
俺たちは、今いることに感謝して、この奇跡と当たり前を、受け止めてやっていかないとね。

曽我部恵一のニューアルバムは明日発売だったかな。
ということは、今日の帰りがけに買えたはずだな。
サニーデイの解散は2000年の暮れ。
時の経つのが早いこと。

本当は、毎日もっと丁寧に生きていけたらなぁと思うよ。
今日は、昨日に戻れない今日であり。
そうして、交換することの素晴らしさよ。

年末年始に向けて、何かロック名盤を聴きたいです。
いつもこの時期は何を聴こうかな~って考えるよ。

ロックじゃない、いい音楽も聴きたいな。
年末ですから。

| | コメント (0)

でんぐりでんぐり

P1040104P1040105P1040106P1040107昨日は渋谷の街をぶらぶらして、BunkamuraでMCエッシャーの展覧会やっているのでぶらりと入った。
エッシャーといえば、誰しもあ~この人ねと気づく絵があると思う、だまし絵とか超絶技巧系の版画家。
自分は使わなかったけれど、館内の絵の案内を任天堂DS使ってたり、エッシャーの絵をCGで動かしたり、色々やってた。
興味のある人は是非。
作品点数が結構多くて、細かい描写の作品が多いので、じっくり見ると時間がかかるかも。
作家の性質からして、別に生で見なくても図版でもいいかなという感じではある。
芸術家と工芸家とか数学者の間みたいな立ち位置の人。
球体に映る自画像みたいなのが凄い。

そして今回、とてもびっくりしたのが出口のところにガチャガチャがあって、エッシャーの作品に出てくるキャラクターのフィギュアを売ってる。
これはもう、みんなガチャガチャ廻してるね。
老若男女問わず。
それで2回廻して出てきたのがドラゴンと想像上の生物でんぐりでんぐりです。
でんぐりでんぐりは、キモカワイイ。
各パーツが動いて色んな形になる。
美術展も変わるのかね~。

今日も仕事に行った後に渋谷に行った。
ムンズの「STILL ALIVE」をディスクユニオンで買うとCD-Rがついてくる。
ので、それを聴いてた。
最初はスクリーミン・ミーミーズのもっとひどい感じで、後ろの4曲くらいが音楽的になってる。
ムンズに歴史あり。
バムブルビーからカセットで出てたやつ聴きたいな~。
その、過渡期というか、竹野君が開眼したところの音源を聴いてみたい。

クリスマスが過ぎれば、あっという間に年末で正月でしょ。
そわそわした街。

最近書いた曲はいい曲だ。
いい曲をどんどん書きたい。
もっともっと、圧倒的に感情を支配するいい曲が欲しい。

| | コメント (0)

あと半月だ~

今日は会社の忘年会に行ってきた。
行く前は体調悪いし、なんかもう帰りたいとか思ってたけれど、結構楽しくやれた。

最近キリンの復刻ラガービールとかいうのを期間限定で売っていて、明治時代と大正時代の製法を再現みたいなのがあって、普通に好きな味。
缶のデザインもかわいい。
前もあった気がするけど。

親父は平凡な人間だった。
平凡以下なところこそあれ、平凡以上というところはあっただろうか。
親父に似たところは酒好きなところ、くらいかな。
まぁ、別に強いわけでもなんでもないけど。

帰り道に曲がうかんだりして、普段は帰るのが遅いからそのままにしちゃうんだけど、今日は多少早かったのでギターを持ったけど何も浮かばず。
というか惜しいところで駄目。
人生そんなもんだ。(え~?)

曲はでも、その人の枝であり、葉であり、花であり、実でありというところで、それを実らせるのは、幹としての自分。
しっかり根っこを張るのが何より。

毎日そこそこ楽しく、大分しんどい。
当たり前だけど、しんどい部分をしっかりやって減らして、そこそこの楽しい部分を、大切にしたい。
楽しいニュースをくれる人にはいつも憧れるし、俺もそうしたいものだ。
そうしたら、また会いたいと思えるものね。

| | コメント (0)

陰陽

今日はメンタルを試される一日。
結果は惨敗。
それでも積み重ねだから、明日があるなら、明日はもっとうまくやれるはず。
今は、しんどいことにも進んで立ち向かいたい。

平凡だけど幸せな生活というものに、死ぬほど憧れます。
みんながうまくやってるように見えるのは、きっと気のせいなんだろうな。

昨日録音しておいてよかった。
平日はどうにもならない。

ニーネ大塚さんのブログで来年のムンズとのツーマンが発表された。
ニーネとザ・ムンズ。
こう、名前を並べて書いただけで満足しちゃうくらいの夢の対決。
う~ん、やばい。
どうにかして、届くべき人たちに届いて欲しいこの知らせ。
人生捨てたもんじゃない、という一例。

来年はもしかしてものすごくいい年になるんじゃなかろうか。
俺の灰色の人生が洗濯されるかも知れない、そんな浮ついた予感。
だから、毎日頑張っていよう。

| | コメント (0)

どこよりも早く

あああ。また夜更かし。
録音とか、いろいろしてた。
なんか今年はもう、終わった気分。
どこよりも早い、ゆく年くる年。
終わってみれば(終わってない)、意外と濃い、いい年だったんじゃないの?
対人関係において、何度か、豊かに感情を交換できたと思うし、それがもっと曖昧なふれあいであったとしても、そのことが幸せと思うのさ。

とりあえず、どこかで一旦自分のスイッチをぱちっと切りたい。
大体年末だの正月だのは自分の思うようには過ごせなくて、それが面倒なんだよな。
今年は喪中だから暇になるのかな。

死と、誕生日の感覚って意外と近い。逆に近い。

走って、走って、ここではないどこかへつけるかね。
来年は、今よりも成長した自分だ。
何がどれだけ変わるのか。
みんな、もうちょっとだ。
静かな気持ちになったり、盛り上がったり。
よい年を過ごすんだぜ。

| | コメント (0)

ハイエナ

仕事上で、結構カチンとくる話があって、あくまでも卑屈に、しかしお前だって人のこと言えんだろメールを休日の夜中に送ってみたが、2時間くらいたつとやっぱりこっちの精神が汚れるだけで何もいいことないな。と思った。

そんなことより、「ほぼ日」でタイの漫画家のタムくんことウィスット・ポンニミットさんのライブを見ることができて、物凄く良いのです。
仕事は仕事でみんなしっかりやればいいけど、人間だったら大事にしたい感情があるんだぜ。

明日は…早く起きたら映画「スキャナー・ダークリー」を渋谷まで観に行くかな。
混んでそうだな~。
P.K.ディックの原作が好きで、ディック作品には珍しく原作に忠実に再現されているようだし、できれば映画館に観に行こう。

あとは、なんかクリエイティブな作業とかね。
とにかく俺は、いいことを考えて、いいようにやっていきたい。

| | コメント (0)

知ってるよ

俺の好きな人たちは、いつも俺のことを助けてくれてる。
求めればきりがないけど、それだけでも結構いい感じなんじゃないかな。
とにかく、俺は、だからこそ自分が何とか、何者かにはなりたいんだね。

今、愚痴を書こうとしてやめた。
そんなんは別に人に知って欲しいことじゃないな。
また少しずつ好きなことをやろう。
そうしよう。

不思議なアンテナを持っている人はいて、それで俺の気持ちをキャッチしてくれるようだ。
そういう人が、やっぱり偉いと思う。
ズバっと素直に生きたいんだよ。
音楽はそういうのを表現できる術だな。
次は、だからこそもっと深いところからそれを実践したい。
分かってくれば、きっとできるんだ。
大切なのは、分かること。

部屋が線香くさい。
今までうちでは無かったこと。
線香の匂いは嫌いじゃない。
誰かの服がクリーニングの匂いがするのも嫌いじゃない。

| | コメント (0)

365*24*60*60

まったく不思議なんだけれど、こういうときに限って仕事もミスる。
なんでこういうミスって、やった瞬間に気づくんだ?
2秒くらい早く気づけば回避できたのに。
やりきれないねー。
そして、色々と結びつけて考えて、居場所をなくして、恐ろしく孤独になる。

前に、傍目から見ると異常にテンションが高い社交的な人間なのに、自分はうつなんだと言い張る友達が、ダウナーの状態になったら、ひたすらそれが通り過ぎるのを待つんだと言ってた。
とにかく明日を乗り切らなければ。
布団かぶって耳をふさいでいたい気分だけれど、現実の北風にも立ち向かわなきゃならん。

光と影は表裏一体で、求めれば求めるほどに傷ついたりするわけで。
ギリシャ神話のイカロスの話、知ってるよね?
太陽を目指して飛んでいって、ロウで作った羽が溶けちゃうってやつ。
ギリシャ神話ってそういう、なんともいえない悲劇とかが多いよね。
そういうことにいちいち納得したくないんだけれど、体感的に分かるよ。

スチャダラパーに「ツイてる男」って曲があったね。
同じ出来事を、ツイてないと考えるヴァージョンとツイてると考えるヴァージョンで1番、2番になってるやつ。
ま、明らかにツイてないんだけど。

そうやって、何とかやっていかれる方法を考えてる。
なんだかんだで、一日は24時間だ。
一日だったら頑張れるだろう。

| | コメント (4)

Passing By

P1040087漸く、父の通夜と葬儀・告別式を終えた。
(くれぐれもお構いなく…)
プライヴェートすぎる事象だし書こうか迷ったけれど、そもそもブログってなんで書いてるんだっけ?とか思ったりした。
それでも、少しは誰かの役に立てるかな。
とにかくいろんな人にお世話になった。
ありがたいありがたい。

正直、父親が亡くなったことには現実感が薄い。
長らく、そこにあった景色のようなものだから、馴染みすぎていてピンとこない。
というのが正直なところ。
まぁ、時々は、ん?この感じは…ナンダ?っていう、感じはあるんだよ。
とりあえず、社会の仕組みとか、会社というものとか、人生のサイズとか、そういうものについてのリアリティとか距離感は今回初めて感じられた部分もある。

受付とか、自分の会社の人たちにお願いしたのだけれど、自分の親戚と、日ごろ会っている会社の人たちが一緒にいる空間は何か不思議で、現実感がなかった。
夢で、この人とこの人が一緒に出てくる訳ないんだけど…みたいなことがあるよね?
葬式、結婚式くらいかな。
それが有り得るのは。
自分が死んだときもこんな感じかな、とか思うと、ちょっと安心するような。
全く世の中、ちょっと腹が立つほどうまくできてるんだ。

仏教とか、葬式とかもうまくできているというか、やっぱりしっくりくる。
葬儀は浄土宗で、途中でお坊さんが篳篥みたいな笛を吹いたのがびっくりした。
お経をあげるときの木魚も裏打ちでツービートを感じた。

毎日、どういう風に生きていくんだろうな。
楽しい毎日がいい。
人と人との関わり合い、大事にしよう。
一人の、自分しか知らない時間。大事にしよう。

こういうときでも音楽を聴きたくなるってのは、何かね。
今のところしっくり来ているのは、BEACH BOYS「PET SOUNDS」、あと、今かけてるアルゼンチンのラテン/スウィング・ジャズみたいなの。

まぁ、とにかく、これが人生にある、1ページなんだな。
これっぽっちも思い通りになんていかないけれど、最後には幸せに。
じゃないと寂しいもんな。
生まれたからには、生きたからには。
これから頑張ろう。
改めて、感謝、感謝。
どうもありがとう。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »