« 結局のところ | トップページ | How Deep Is Your Love »

スピリチュアル・デイ

P1030933上野に若冲観に行ってきた。
今日の東京は暑かった!
灼熱の下の噴水は、ドリーミィ。

「若冲と江戸絵画展」ってことで、伊藤若冲以外にも江戸、明治初期くらいの日本画が色々見られるんだけれど、若冲以外にはびしっと来るほどの発見はなかった。
と、いうか、人が多すぎる。
自分もそこにいるわけだから当然観に来る人を批判するつもりはないけれど、採算とろうと思ったらああするしかないのかなぁ。
絵の近くまで行くのも大変なら、引きで見ようにも絵の下半分が人で観られない。
大きな絵は全体のバランスも見たいし、近くで細かい筆致も見たい。
それこそ家で図版を見ていた方がマシ…と言っても、売ってる図録も別に良くなかったから買わなかった。
こういう大きな展覧会は、点数が多くて全部見ると2時間とかかかるとか言われていて、さらに混雑していたら自分のペースで見ることもままならない。
バンバン飛ばして、目当てのところだけ気合入れて見たほうがいい。
若冲はよく鶏の絵が紹介されている。
物凄く細かく書き込まれていながら、生命力豊かな雄鶏。
今回は鶴の絵が印象に残った。
豪快に省略するところは省略して、同じ絵の中で繊細な筆致もみせる、ダイナミクスが他の画家とまるで異なるところ。
ちなみに若冲を知ったのは澁澤龍彦の著作によるところ。

ECD「ECDIARY」を読んだ。
優しい人だと思うんだ、基本的に。
優しい人は、好きです。基本的に。

タワレコでLITTLE JIMMY SCOTTの五百何十円かで買えるコンピレーションみたいなのを買って今聴いているんだけれど、凄くいい。
若い頃のなんだけれど、ちょっと女性みたいな、綺麗な声で、力強く、ピュアに歌い上げる。
大きいんだよなぁ、歌が。
遠くまで届く。

続いてLONNIE LISTON SMITHの「ASTRAL TRAVELING」。
この人のCDは結構前から見ていたけれど初めて聴いた。
これはまた全然違うスピリチュアルな、エーテル状のジャズ。
なんですか~これは。
かなりチルアウト。深夜から明け方へ。
宗教くさくなくスピリチュアルに浸りたい方へお勧め。
これいいな~輸入盤1200円で買ったんだけれど。
ラッセンinアマゾン。withアロマandレーザー。

今日は他にも、うたた寝しながら女性アシッド・フォーク・SSWのコンピも聴いたので、まぁいい日じゃないか。

夕方のうたた寝したいな。
自分の体が何となくオレンジになって、蝉の声を聴きながら、だんだん暗くなってきて、あ~このままじゃダメだ~起きろ~みたいなのが、最高に気持ちいいですね。
できれば、寝るから観ないのに映画のDVDを垂れ流しながらっていうのがいいね。

失敗にも、障害にも、前向きな気持ちがあれば、自己成長につなげられる。
危ない状態なんだよね。
紙一重。
それは、実はチャンスでもあるってことかな。

|

« 結局のところ | トップページ | How Deep Is Your Love »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局のところ | トップページ | How Deep Is Your Love »