« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

あの娘が眠ってる

誰かのせいにするよりは神様のせいにした方がいい。

神様なら許してくれるだろう。
憎んだり、がっかりしたくないんだ。

神様のせいにするよりは自分のせいにした方がいい。

自分がやるのが一番早い。

景気のいいことのひとつも言ってみたいぜ。
語尾を「ぜ」にするだけで雰囲気(イキフン)が変わるんだぜ。

事実の中で意味が埋もれていく。
意味は妄想。

チャンピオンJはまるで世間だ。

もう俺は時間や世界に振り回されてガリガリにすり減らされるのはいやなんだよ~!(掘った穴に向かって)

チャンピオンJに打ち勝つためには、ひたすらにボディ・ブロウを打ち続けろ。

人生にもロジカル・シンキングを。
何が上手く行っていないのか見極めよう。
やりたいことを見つけよう。
やるべきことをまとめよう。
プライオリティだってつけてやろう。
地盤をしっかり固めよう。
そんでもってここでボディ・ブロウ。

口にしてるだけじゃ駄目だ。
文字にしてるだけじゃ駄目だ。
世界を動かせ。動け自分。

蒸し暑い部屋。
ビールを飲んだら毛布をかぶってるみたいだ。

厳しい試合だ。

そう。
今日は携帯を取りに行かれなかった。
明日はアウェーだ。
いつだってそう。
楽な試合なんかあったか?いや、ない。倒置法。

駄目だ駄目だはもういいんだ。
始めよう。

優しさが目にしみても、前を向いて歩こう。
俺は幸せだ。
果てしなくついてないだけで、まだ幸せだ。
生きてる間は頑張れる。
死んでたまるか。

…あんまり景気よくならなかったね。

何度だってやり直せるさ。

| | コメント (0)

世界の終わりには雨が降るらしい

今日は秋葉原にモニーを観に行ったのだが。
メイドが普通に歩いてる街、A-TOWNです。

今日は色々大変なことが起こりました。自分に。
ここからはだら~っと事実を追う日記。

朝、今日は直接行くかもしれないから肩掛けのカバンで行こうと思って準備周到に荷物を詰め替えたつもりが、やはり会社のIDカードを忘れた。
庶務の人に臨時入館証を出してもらった。
うちの会社はIDカードがないとトイレも行けない。
「さんとうさんは超定時ダッシュ(ライブ行くとき)の時カード忘れますよね!」と突っ込まれる。
さすがに今日はやばいと思って昼に取りに帰った。

で、ここで既に嫌な予感がしていたんだ。

今日はほぼ定時で仕事を終えて一旦帰宅して軽装に着替え。

ランタン・パレード聴きながら京王新線の急行に乗って新宿へ。
調布で携帯で乗り換え案内を見て、何時くらいに着くかな~って見てたのは覚えてる。
その後、携帯を手に持ったまま寝てた。
しまわなきゃな~と思いつつ寝てた。
で、新宿。
慌てて降りて、ふと携帯入れてるはずのポッケに手を突っ込んだら空。
なくした。
カバンも見るけどない。
公衆電話で電話するもつながらない。

新宿駅の京王新線の駅長事務室に行って泣きついたら、若いお兄さんが、「この時間だからこの駅でつかまえられる!」とか火曜サスペンス劇場みたいに捜索してくれたが見つからず。
連絡先を聞いて秋葉原へ。
京王新線だったのがついてなかった。
電車は本八幡まで行ってしまう。

秋葉原GOODMANには行ったことがない。
地図も携帯にしかない。
いちかばちか飛び出すも見事に迷う。
かなりしょんぼりしつつもコンビニで「ぴあ」のライブハウス情報を観てGOODMANの電話番号を入手。
公衆電話からかけて場所聴いた。全然逆に行ってた。

なんとか到着。
友達に会えて一安心。

ナカムラ君は、未来のファンタジスタ。
とりあえず、ずっとメガネはONでお願いします!
いいと思うよ。(セルシオ越後)
玉田がね。(セルシオ越後)

GOODMANの公衆電話で駅に電話しようとしたら、テレカが使えない。
小銭が20円しかなくて、ミズニワ君とキイチさんが貸してくれた。
結局、新線のどこだかの駅に届けられていて、明日本八幡まで取りに行くことになった。
千葉ですよ…。
心配してくれた皆さん、ありがとう。
明日一日は携帯なしです。しょんぼり。アンドしょぼ~ん。

まぁ、どうせSPAMしか来ませんが、ね。

出ない杭も打たれる。
今日携帯をなくしたことに、きっと意味なんて、無い。
世界の終わりには雨が降るらしい。
今はいいよマイライフ。もうすぐさ。

| | コメント (0)

太陽が胸をえぐる

ランタン・パレードの「太陽が胸をえぐる」というアルバムを聴きながら寝た。
ボサやサンバのシンプルなループの上で、彼はラップをするというより、ひたすらぼやいている。
いとうせいこうやスチャとは勿論違うし、かといってかせきさいだあ≡でもソウルセットでもないわけで。
なぜかJマスシスを思い出しますしす。
というか、スッパマイクロパンチョップがローテンションになったらこんな感じかも。
というたとえもどこまで有効なのか。

暑い。
俺の部屋が暑い。
先が思いやられる。
クーラーを使うのは負けだ。
俺は負けたくない。

どぉしよっかな。

ちなみにうちの現在の部長は高校生の頃にクーラーを自作したことがあるという。
井戸水を引いて車のラジエータに流して、扇風機で後ろから送風したんだって。
D.I.Y.!!!

ランタン・パレードの音楽は、世のB-BOYじゃないヒップホップ好きには勇気をもたらすであろう。
MOTHもいいよね。

明日はTHE MONY@秋葉原GOODMANを観に行く(モニる)予定です。
今日の仕事の進捗がイマイチだったので若干心配だけれど、まぁ、何とかなるさ。
メガネ男子好きの女子は新ドラムのナカムラ君必見です。
ナカムラ君のドラムは端正かつフレッシュ。
その柔らかさはライブハウスで観るドラマーの中でもかなり稀有な存在と思う。
モニーだからできるのかもしれないけれど、音の強弱によるダイナミクスが他のバンドと全然違う。

新宿RedClothでの初ライブにはとても感動したんだ。
ニーネもメンバー変わるのを観ているけれど、ナカムラ君の場合は完全に新規参入だったから、みんなドキドキして見てた。
ちょと雛鳥と親鳥みたいで、優しさと厳しさと照れくささを感じさせるような、そんな特別なライブだった。
今後は、アンファン・テリブル(恐るべき子供)のナカムラ君がいかに自由にスケール・アップしていくか、楽しみ。
たまねぎの皮をむくように、むいてもむいてもの新しいモニー・ワールドが期待できるんじゃないかと思っています。

暑いとあせもができる。
この夏は、何ができるんだろう。
あせもじゃなくて。

| | コメント (0)

あの子はいつもおこってる

SKA FRAMES「SKA FEVER」聴いて発泡酒「円熟」を飲んだらいい気分だった。
ふわふわした日々が続いてる。
それでも良ければ、それでもいい日々。
目的に適うかどうか、なんだ。
日テレのドラマが無意味に怖くて目が離せません。
いとうせいこう?と思ったら八嶋さんだった。
この前、稲垣吾郎が映画「デスノート」について、エキストラがひどいと珍しい内容の批判をしてた。
バランスとスパイスが欲しい。
斬新な幸せが。フレッシュな楽しみが。
いつも眼を覚ましたいのに、ガラスのまぶたがのっかってる。
今日は早く寝ます。

| | コメント (0)

Money Can't Buy Me Love

今日は月曜日。
何もないような一日も、無かったことにはならない。
外に打ち合わせに行くと、少しは風景が変わっていい。
移動中はやっぱり「建設的」。
変えるのが面倒くさかったってのもあるんだけれど、とにかく何度聴いても気合とクォリティは圧巻。

帰りは新宿経由なので、当然のように寄り道。
タワレコでヤン富田のインタビュー集を少し立ち読み。
「MESS/AGE」のミックスでは、10年後、20年後のことまで考えてバランスをとったんだって。
ヒッキーの”Keep Tryin'”かかってた。
あれもシングルなんだね。
やっぱりああいうところでかかってると、凄くいい。

消費することは、必ずしも悪ではない。
そういうのがぐるぐる廻っているんだし、買った人も人生に彩りを与えられる。
だから、商品にはそれだけの愛情がこもっていた方がいい。

何もない一日から、どうやって変わって行くのか。
キープ・トライン。

| | コメント (0)

ぜんぜん

歯医者に行ったり見舞いに行ったり髪を切ったり立川で買い物したりしてた。
「建設的」今日も2周聴いた。
格好いい。
というかクォリティとバリエーションがもう飛びぬけてる。
文字通りの金字塔。

昨日は何もできなかったので日記も書く気がしなかった。
今日も消費することでちょっとは人間らしい一日になっただけで、生産性はまだまだまだ。

多摩都市モノレールは車両間の仕切りが小さくて、ずっと電車の中を見通せるので不思議。

歯医者では「ALWAYS(三丁目の夕日)」をやってた。
なんでいつも邦画なんだろう?
字幕付きの場合洋画の方が自然と思うけれど、俺が行ったときがたまたまなのかな。
一人見覚えのある若い女優さんがかわいらしいなぁと思ったけれど、名前が思い出せないというかそもそも知ってるかもよく分からない。
最近、映画公開→DVD化って早くないですか?
やっぱ海賊版が出回るし、鉄は熱いうちに飲め!(2回目)ってことかな。

無音でコントDVDとか音楽コンサートDVDかけられたらむかつくだろうなぁ。

今日は歯医者も美容院も微妙に雑な仕上がりだった気がする。
きっと俺からそういうヴァイブスが出てるんだろう。
分かるから、腹も立たない。

何かしたいけれど何をしたらいいのかも分からないようなときは、何をしたらいいんだろう。
そういうときは、良く考えると、本当にしたいことはあるけれど実現できないから別の方法で埋めようとしていて、それに対して乗り気じゃない時、なんじゃないかな。

俺に必要なのは、多分、禅。

| | コメント (0)

建設的

朝から茅場町へ。
地元密着型の俺はたまに平日都心に行くのは結構嬉しい。
が、ちょうど俺が駅へ向かう時間とみんなが出社する時間がかぶっていたので色んな人とすれ違ったり目撃されたりする。
ラッシュも過ぎた電車でプロペラ聴きながらちょっとスヤスヤ。
プロペラ、CDウォークマンで聴いたら何故か1曲目の終わりからしか再生できません…。

打ち合わせはまぁいい感じに意見交換できたし、何より気分転換になる。
一人で帰ることになったので、新宿で昼ごはんを食べようと思ってぶらり途中下車。
タワレコちゃんに寄って、いとうせいこう&TINNIE PUNXの「建設的」紙ジャケ購入。
南口のおにぎりが食べられるカフェみたいなコンセプトが良く分からない店でお昼を食べて、CDチェンジ。
味は意外といいんだけれど、ランチセットにすると自分でトレーを持って順番にフードをのっけていくシステムが凄く気になる。
学食みたい。
それにしても都心で働いている人はランチを食べる場所に事欠かないんだろうな。
羨ますしす。

いとうせいこうはマジでいい。
ダブオさんはリアルタイムに聴いてたのかな。
めがね君に超おすすめ。
俺もう、ちょっとせいこうになりたいって思ったもん。

ところでメガネ男子はまだ分かるんですがスーツ男子は分かりませんな。
いやもうそこら中にいるから。
本を見ても結構基準が曖昧なんだって。
スーツでメガネといえばおぎやはぎ、いとうせいこう、南海キャンディーズの山ちゃん…ってあれスーツか??

もうそのうち貧乏学生萌えとか、病弱萌えとか、駄目人間萌えとか、アンドロイド萌えとか、そんなんなるっていうか、今ここに書いても別にありそうだな~っていう気しかしないし。

実はこれって、音楽やファッション界で無かったことになっていた80年代が実はいいんです!ってことになったのに似ているような気もする。
あんまり考えてないけど。
今思いついたから。
だから、とことんまでフラットになって、ポーズとしてのものは再び淘汰されて、メガネはメガネでもよりリアルなメガネが残るようになるんじゃないかな。
ケント・デリカット。
このくだりも思いつきで。

昔、いとうせいこうじゃなくて伊藤政則(今本気で間違えた)の本で、ふりこの話が出てた。
BURRN!とパワーロックトゥデイでは飽き足らず本まで買ってたことをカミングアウト。
音楽(メタル)業界では、ハードコアなものが流行ったら今度はメロディアスな方に揺り戻すんだと。確か。
それはほとんど全ての業界にいえるような気がする。
右翼と左翼とか、宗教と無宗教とか、マッチョとフェミニズムとか、なんにでも。

そういうことを冷静にジャッジできると、ちょっと世渡りしやすくなるような気がする。
それかがっつり抵抗無く波にのるか、どっちかだよね。

最近の俺たちのくよくよ感って実は80年代のいとうせいこうとか岡村ちゃんとかとリンクしていくんじゃないかと思ったりする。
妙にリアルなんだよ。
だから、バブル青田もきっとそういうことなんだよ!あんまTV見てないんで知らないけど。
80年代のバブルとかディスコとかファミコンとかに似た状況が今あると思うんだよな~。
今だったら絶対ネットと携帯でしょ。
俺たちを揺さぶってるのは。
テクノロジーの不安感と閉塞感と近未来感とどこか楽天的な感じが80年代ぽい。
あんま80年代分かってないけどね。子供だったから。
そこへ来てヒッキーは時代の寵児ではないでしょうか。あとしょこたん?

今夜決着をつけようったって無理な話だ。
90年代はなんだったのか?っていうのもあるし。
グランジとテクノって考えるとちょっと70年代かな~って思う。
これ振り子。

ダビンチ・コードってフーコーの振り子みたいな話ですか?

そういえばハリー・ポッターってメガネ男子?
メガネ男子がありならカツラ男子もいいんじゃないの。
外したときのギャップにどきどきするんじゃないの。
色んな意味で。
カツラというと、未だにキン肉マンのアデランスの中野さんを思い出すね。
さすがに今そんなの演劇用しかないと思うんだけれど。

完全に着地点を見失いました。

| | コメント (0)

超不思議ちゃん

今日会社のFAXに超あやしいFAXが来ていた。
発信元は、「不思議研究所 所長 森田 健」だそうです。
文面は忘れたけれど、突っ込みどころ満載でかなり衝撃的な内容。
というか今時FAXですよ。SPAM FAX。

しかもググると、17万件もヒット。
いや~有名なんでしょうか。いろんな意味で。

笑えるけれど、笑えないこともやっているかもしれないので、気をつけて遊びに行ってください…。
http://fushigi.accnet.co.jp/menu.asp

個人的にはどん引きでほとんど見てません。

って感じであまり書くことがないんだけれど、友達の日記が更新されると嬉しいものなので、こんなことでも書いたほうがいいのかな?とか思った。

明日は朝から茅場町に行ってきます。
打ち合わせがかなり延期されたので、そもそも何でやるんだっけ?って感じ。
鉄は熱いうちに飲め!
って誰かが言ってた気がする…。

大切なことにはタイミングがある。

本当の愛は死んでも死なない。
って、ニーネの歌詞が果てしなく好きです。
下らないことも、それはそれでいいんだけれど、たまには本当のことを言おう。

| | コメント (0)

Keep Tryin'

高円寺でプロペラとニーネ観て来た。

立見で辛くないように、いつもと違う肩掛けのカバンで会社に行ったら入館に必要なICカードを忘れて遅刻した。
仕事中何度も宇多田ヒカルのアルバムの2曲目、"Keep Tryin'"っていうのかな?頭をぐるぐるしてた。
結構聴いちゃう。
シングル以外だと、あとは男性ボーカルの入ったサンバっぽい曲とか面白い。

な訳で、ヒッキー聴きながら高円寺へ。

プロペラは凄くまっとうで、皆が共有できる、前向きになれる音楽を真正面から繰り出すバンド。
今日まで俺は、うっすらと記憶の片隅にあるポケベルのCMでしか知らなかったのだが…。
個人的でありながら皆の歌になるものを作るというのは、大変だ。
CDを買ったら全員のサインを入れて、俺の名前も入れてくれた。嬉しい。

ニーネは名曲目白押しのライブ。
やっぱりJIROKICHIライブは良かった。
ちゃんと、今のニーネのピークに位置するライブになっていた。
ポジティブで明るく、ぐっと来る。
久々の”やさしい気持ち”、アンコールの”ブラブラマン”、”夏休みは終わりだ”。
自分も、変わっていける気がする。

ヒッキー聴きながら、他者との距離について考えながら帰宅。
認めることとか、知りたいこと、伝えたいこと、思いやることについて。
考え?勿論まとまらない。

とりあえず、ちょっとしたアクション。
距離を縮めるための。認め合うための。
それしかない。
そのことが、俺をポジティブにさせる。
おかげさまで、最近俺は、何とかなってる。

| | コメント (0)

ロネる

ロネる【ろねる:動詞】
ゆったりとした気分でビールを飲みながらロネッツを聴いてまったりすること。
甘美。揺れる。
い~い曲だなぁ。
BEACH BOYSのブライアン・ウィルソンの家のジュークボックスにはロネッツの「Be My Baby」しか入っていなかったという逸話もある。
【用例】ちょっと俺んちでロネってく?
【類語】フィル・スペクタる(ふぃる・すぺくたる)
【この動詞を使う人は他にこんな言葉も使っています】ビートる(びーとる)

サーバー室には窓がない。(智恵子抄)
まぁ必要あってそうなんだろうけれど、人間には窓が必要です。
あと、他の人が。
一人は嫌いじゃないはずが、窒息しそうになる。

いつからか知識欲というものをほとんど失った俺は、この仕事に向いてないと時々強く思う。
それでも続けちゃうのは、スラム街のドラッグ・ディーラーみたいなもんですか?
もんですか?なんて聞くものではないよね。
前にTVで家業を継いで何十年もクリーニング屋をやっている人が、「この仕事一度も好きだったことがない」と衝撃の告白を淡々としていて、なんで仕事変えなかったんだ!?と思ったものだけれど、一度就職してしまうと、腰は重い。
ここのところのうちの職場はさながら人間交差点。
中心にいるようで、風景を見ているよう。

俺はとにかく、楽しむことを思い出したくて。
手ごたえを取り戻したくて。
が、そんなの過去にもあったのか、今はないのか、実際のところは良く分からない。

考えすぎないコミュニケーションが吉。

底のところで分かり合っているのなら、そうした方がいい。
一度確かめられたら、それを試す必要はない。と思うけれど、どうですか?
丸腰友の会。

あ、明日はニーネ@高円寺JIROKICHI。
ニーネといえばJIROKICHIという印象は、その内容の濃さから、あるよね。
何度も何度もライブを観てきたけれど、明日はかなり待望の!という感じで。
よほどのことが無い限り行きます。
仕事に若干の不安要素があるけれど…。

少しずつ心が前向きになっているのを感じるよ。
人生は大げさなものなんかじゃない、んだっけ。
楽しい時間を増やしたい。

| | コメント (0)

One is the loneliest number

今日も長いこと会社にいたなぁ。
イマイチ調子は上がってこない。
もっとやれるはずだったってのは幻想かな。
人間、一人じゃ上がらない。
明日一日どこまで頑張れるかな。

かなり疲れてるし、やられたけれど、ちょっとしたことで元気になれるもんさ。
つながりを確認できるというのは、いいことだ。
気持ちは前向き。
いつもこうやってコントロールしていきたいんだけれど、それはきっと一人ではできないんだな。
眠いです。おすぎです。ピーコです。寝ます。

| | コメント (2)

ULTRA BLUE

結構な土砂降りの中、歯医者へ行った。
お医者さんも助手の方も感じがいいし、いい感じだ。
「黄泉がえり」の続きが見られる訳も無く、今日のDVDは「踊る大走査線」。の最後の方。
いや~これTVで観たことあるし。しかももう終わりだし。
とか考える間もなく、さっさと治療してさっさと終わった。

歯医者ってガリガリ削られていても自分の状況がよくわからない。
この前虫歯の穴に薬を詰めて歯の神経を殺す処置をしたので、さらに今回歯を削って、前回とは違う薬を詰めましたとのこと。
そうやって神経の根元まで殺して、残骸を掻き出して、最後にゴムみたいなのをその隙間に詰めて蓋をするのだそうな。
すげー。歯医者すげー。
イラストを描いて説明してくれた。
でも、そうやって根元までとると、噛み合せたときに響いて痛いこともあるらしい。
今は右中心に噛んでるけど、両方の歯がそうなったらかなわんね。

今日は、やまだないとの「西荻カメラ」読んで、宇多田ヒカルの「ULTRA BLUE」聴いた。
2曲目が良かった。あとはシングル曲の色々。
ヒッキーはとにかく歌がいい。声がいい。歌メロもいい。
時々こそばゆい歌詞もいい。
しかし、プログラミングはファンシーで音数が多くてせわしない。
音が悪いんだよなぁ。

とか思っていたけれど、たまたま今日見たNHKのトップランナーで、「非ジャンル化が最近のテーマ」って言っていて、かっこいいなぁと思った。
彼女の存在自体がちょっと近未来。
頑張れヒッキー!俺も頑張るよ!

突如かつどっぷりといとうせいこうに興味を抱き始めた俺。

いとうせいこう - 噂だけの世紀末 - Live(SMTVモノラル)
http://www.youtube.com/watch?v=38L3A90-SNs&search=

そう、近未来は過去にもあるのだ。
P.K.ディック然り、キューブリック然り、ボリス・ヴィアン然り…。

明日からまた仕事。
でもなんか大丈夫そうな気がしている。
最近の、illな俺にも救いの天使はいるのであって。
ベルリン天使の詩か、頼りない天使か。ってぐらいに。
だからもう、過度な期待も諦めも捨てて、素直に楽しめるよ。

夏なんで、暑いね。蒸し暑い。外は涼しいかもね。

| | コメント (0)

MESS/AGE

眼を覚ましたら午後二時。
昨日夜更かしをしすぎた。

雨が降り始めたけれど出かけて、スタバでまったりして、いとうせいこう「MESS/AGE」聴いた。
久々に何回も聴いているアルバム。
トラックもいとうせいこうのラップも曲によって表情を変えて、情報量が多い。
聴いていると静かに気持ちが上がってくるところもいい。

買ったけれど聴いていないCDが何枚かある。
聴くならちゃんと1枚一気に聴きたいし、それには相応のシチュエーションがある気がして、結果、聴いてない。

日ごろぼんやり過ごしてしまう方なので、考える機会をくれる人・ことには感謝したい。
コミュニケーションは色々難しくて、結局は、誤解をなくすまで素直になって心を開くことがひとつの道と思う。
そして、自分のメリットばかりで動かない。
やっぱり煩悩がないときの方がスムーズにうまくいく気がする。
うまくいかないときほど邪念が増えて失敗するんだろう。
しかし、人間、煩悩はあるもの。
なかったら仏だもんな。

何より分からないのは自分のこと。
そんな気もする。
他の人のことを考えるとき、あの人はああいう人というイメージがそれなりにある。
自分のイメージはどこかあやふや。
それが主観ってことかな。
他の人から見たら、きっと、ああいう人っていうイメージがあって、それを聞いたら、違うよ~って思うんだろう。
きっとみんながそう思っている。

誤解は誤解で、そうさせる要素が自分にあるんだと思う。
認めると楽になる。
犯罪じゃないけど。

悩むのは、もう十分やってきた気がする。
ぱきっとあちこち飛び込める、身軽な人間になりたい。
というこの日記が既に重い。

いとうせいこうのラップの「マック・ザ・せいこうはNo.1ラッパー!と、思う」というフレーズ。
「と、思う」に日本人らしさとリアリティを感じる。

| | コメント (0)

夏の朝

今日は久々にかなりの長時間残業。
土日は休んで、月火また頑張って、水曜のニーネ観に行きます。

ここのところ、開発らしい開発はやってなかったけれど、久しぶりにやってる。
PHPでとある国内産のフレームワークを使っていて、部署では新しい試み。
が、まだノウハウもないし、辛いのが本も出ていないしWeb上でも資料が少ないこと。
開発期間は限られているので、結局力技に頼るはめに。
まぁ何だかんだいって、そうやって頭を使うのはそこそこ楽しい。
知ること自体は別に大したことじゃないんだ。

アップダウンの激しい一日だった。
別に何も無いのに、ね。

歯は神経の痛みはなくなった。
が、虫歯周辺の歯茎が腫れてる。
体調が悪いと、やっぱり絶望的な気分になる。
虫歯はともかく、ここのところ良く体調を崩すので。
長期療養の人とか、相当きついと思う。

午前2時過ぎ、雨が降ったあとの湿度の高い夜の街を歩き、公園を通る。
なんか懐かしいデジャ・ヴめいた感覚。

突然もらう友達からのメールは、とても嬉しい。
理由なんてどうでもいいよね。

そうこうしているうちに外では小鳥達が鳴き始めた。
そのうち、また蝉の声も聞こえるのか。

中学生1年生の途中までボーイスカウトをやっていた(やらされていた)。
またキャンプなんかに行くことはあるのだろうか。

今の部長はアウトドアとか日曜大工とか料理とか大変得意な人。
そういう人がIT業界に身を置いているのも面白いけれど。
ダッチオーブンの料理はとてもおいしそう。
一度食べてみたいものです。

さて。寝ますか。

| | コメント (0)

続・歯痛

まじめな話、大人になるまで虫歯の生えなかった俺は歯医者に行ったことがなかった。
が、今回はかなりアグレッシブな痛みで虫歯菌が俺たち本気だぞ!と迫ってくるので根負け。
午後から休みにして、会社の人がすすめてくれた歯科にとぼとぼと向かう。

実際、写真で見せてもらったら、自分で思っていたよりもかなり大きい穴ががっつり空いていた。
今痛くなっているのは左上だけれど、右上も虫歯。
で、左上が神経までいってるので、麻酔をかけて抜くか、穴ぼこに薬をつめて蓋をして神経を殺すかだけれど、後者がおすすめですと言われたのでそうしてもらう。

痛いのは3~4時間で、神経が死ねば痛くなくなるとのことだったが、蓋をしたところに下の歯があたるとまだ痛い。

頼んでいないけれどレントゲン写真をくれた。
自分の骨格とかをみると、生きてるな~と思う。

なにしろおすすめされるだけあって、よその設備は知らないけれど、かなり新しいものがそろっているのではと思われる。
雰囲気もいい。
アームのついたTVモニターがあって、歯の様子や、待ち時間は映画が観られる。
草なぎ君の「黄泉がえり」やってた。音なしの字幕つき。
邦画の字幕つきって新鮮。

中途半端に観たので、今更ながらに気になる。
レンタルしたいな。字幕つきで。
ちゃんと宣伝でやっているのならかなり効果的だ。
次回続きから観られるとかいう仕組みにしたらみんな通い続けると思う。

父親が隣の駅の大学病院に入院したので見舞いに行ったが寝ていて母親もいなかったので、そのまま帰った。

そういえば、今年は医療費が随分かかってるなぁ。自分自身。

体は前を向いても、強い向かい風を感じる今日この頃。
動く前に、中途半端な雑念を消したい。

| | コメント (0)

歯痛

ちょっと忙しい今日この頃。
来週の頭までは。
納期調整してもなお忙しい。

残業していたら滅茶苦茶歯が痛くなってきた。
気が狂いそう。頭が半分もげそう。
いて~。
この痛さ、ハリウッド級。
あまりの痛さに動きが止まる。
しかし、ちょっとしばらくは歯医者にいくような余裕はない。

家に痛み止めがあったので飲んだけれど、なかなか効かないな。

時間がなくて、余裕もない。
余裕があったら、じっくりと、いとうせいこう「MESS/AGE」でも聴きたいな。
そんな感じ。

| | コメント (0)

この瞬間

今日は落ち込んでいるわけではないけれど、疲れたな。

会社にインド人SEが来て、隣の席に座っていたのだが、予定期間よりも早く、突然の帰国になった。
結局、日本での仕事に慣れなかったみたい。
そもそも、うちでやったWeb系のアプリケーション開発自体がほとんど経験なかったみたいだったので、相当ストレスもあったと思う。
週末にみんなで東京観光に連れて行こうとしていて、楽しみにしていたがそれもお流れに。
切ない話だ。
まともに外国人と英語で喋ったのは生まれて初めてで、結構楽しかった。
もう少し話をしたりしたら、とも思ったが、彼自身がそこまで社交的でなかったから難しかっただろうな。

大体が、この仕事は日本人でもストレスを抱えやすい。
今週、また一人やめてしまう。
原因ははっきり知らないけれど、もう少し幸せに仕事ができればいいと思う。

残業していたら、姉から会社に電話がかかってきて(携帯は電波入らない)、父親が入院するとのこと。
手術の可能性もあるので仕事を切り上げて病院に向かった。
ひとまず意識もはっきりしているし、即手術というわけでもなさそうなので安心。
極度の貧血で輸血が必要かもとかいうのが当初の話だったようだが、俺も最近体調崩しているので、自分の血を抜いたら自分が倒れるんじゃないかと思った。

俺はこういう一大事とか、地震とかのとき、妙に冷静に振舞う。
現実感がないんだと思う。
そして、なってしまったら仕方がない、という気持ちもある。

誰もみな、いつまでも変わらずにはいられない。
使い古された言葉だけれど、今を大切にしなきゃいけない。
「今」はあっという間に、戻れない「過去」になる。
俺たちは10秒前にだって戻ることができない。
未来は夢。
過去は記憶。
今という瞬間だけが現実。

インド人はシヴァという名前だった。
ベタだけれど本当。
多分もう、一生会うことはないんだな。
案内するはずだった東京タワーや浅草に彼が行くことも無いだろう。
彼の日本の印象は何だったのかな。

よく分からないよ。
コントロールできないことばかりだ。

毎日、近くにいる人と仲良くしよう。
もっとスムーズに心を開けるように。
後悔は食えない。
できるだけ作らない方向で。
しっかりしよう。

| | コメント (0)

27も折り返し地点とっくに過ぎてますよの夜

会社の隣の席の男性に、俺が初めて夢に出てきたと言われた。
どんな夢かと聞くと、俺が「やってらんねーよ!」と言い残してバイクで箱根に向かったのでバイクで追いかける夢だったそう。
とりあえず、「正夢です。バイクは盗んだバイクです」と言っておいた。
バイクは乗れないけれど、面白い話だ。

というか、一体普段どう思われているのか。

サッカーそろそろ日本戦。
ジーコが監督になってからの日本代表の試合にはあまりどきどきしたことがない。
というかここのところ、サッカーをまる1試合観たことが記憶に無い。
やっぱ長いもんな。2時間近くも。
でもまぁ、せっかく観られる時間にやっているのでとりあえず観てみる。
4年前は確かに面白かったのだ。
難しいことは抜きにして、サッカーを楽しむためには、自国の代表チームを応援して観るしかない。
何ぼつまらなくても、地味でも、点が入らなくても、仕方が無い。

4年後には、どこの代表チームにも俺と同じ歳の選手はほとんどいなくなっていることだろう。
また、見られるとして。
こうして、歳をとるのを実感する。

| | コメント (2)

新宿や渋谷の街を

うろうろしていた。
昨日の晩は、いとうせいこうの「MESS/AGE」を聴いた。
大変今更だが、かなりグッときた。FRESH。
とんがってるいとうせいこう。
89年のアルバム。
そもそも手に入らないのかと思っていたので、探してもいなかったけれど、普通に95年にリイシューされてて普通に手に入る。
知らなかった。
何度かヤン富田が作品を出したときにも、特に目にしなかった。
もうひとつ今更ながら、DOOPEESのキュート&ロリータなキャロライン・ノヴァクのヴォーカルの正体が、某バンドのあの人だったとは。

しかしながら、知らなかったことは、大抵、知る瞬間までは知りようが無い。
漫画とかドラマとかで、もしもこのとき違う選択をしていたら…みたいな話がたまにあるけれど、現実には、そういうことはない。
ひとつひとつの後戻りできない選択と偶然が現実を形作っている。
だから、ドラえもんでも時空パトロールみたいなのが出て来るんだよね。
後悔したときには、それを未来への布石にするしかない。
それをしないと、同じ後悔を将来の自分が味わう。

今までやっていなかったアプローチをひとつ見つけた。
アプローチはロック的。
アウトプットはフューチャリスティック。
全くやっていなかったというのは嘘だけれど、根本的に発想が変わったという感じ。
多分、同じことをやっている人はいない…と思ったけれど、そうでもないかな。
血肉になるまでやりこんだら、新しい俺になれそうだ。
もっと大きく、懐を深く。

今日は他にマジック・サムのライブ盤も聴いてた。
2枚組で別々のライブを収録しているが、2枚目が凄い。

こうして、まるで何の接点もない音楽を聴けるのは楽しいことだ。
選択して、実行することを思う。
それは改革。
継続するのも難しい。
多分、改革しつづけなきゃならない。
課程で問題がすり変わったりしないように。
まだちょっとクリアになってないな。
意外と焦る、悪い癖。

| | コメント (0)

空を見ていると

今日、どっちつかずの曇り空を見上げたら、何かつかんだような気がした。
思えば物心ついたころから、同じようにそこにあるんだ。
花も車も人も、大して変わらない。
直後にぽつりぽつりと雨が降ってきた。
悩み事は、本人には最大級の一大事だけれど、外界においては本当になんでもないこと。
自然界は恐ろしくて、ちょっと安心する。

祖母の法要は、いつものタレントの内山君そっくりの住職ではなく副住職だった。
「空」(くう)についての説法を聞いた。
ざっくり乱暴に言うと、たとえば自分にごく近しい二人の人が川で溺れている。
どちらを助けますか?といったときにあれこれ考えたりこだわるのが煩悩で、「自分に(物理的場所が)近い方から助ける」のが「般若」、すなわち仏の知恵だそうだ。

待合室に、香川新聞かなにかの記事があって、仏教系の故事が引用されていたんだけれど、すごいあっさりとライトに死が描写されてたのでちょっと面白かった。
グリム童話とか一時期話題になっていたけれど、当然のように日本昔話も結構残酷だったりする。
しかも淡白というか滑稽というか。

久しぶりにギターを弾いて歌った。

日記は一度書かないと、書けなくなる。
また続けて書くかどうかも分からない。
こんなのも、煩悩。

ふと、煩悩が、スペースシャトルのブースターみたいに思えた。
生きている間は、それが良くも悪くも推進力。
いつかは切り離すもの。

なにもかも、気にし始めるときりがない。
無限回廊、長いトンネルの中。
つかの間の休息。
難しいけれど、目的があれば、続けられる。

あじさいは、俺にとってKing Of Wetな花。
好きだけれど、なんだかそわそわもぞもぞしてしまうな。

| | コメント (0)

刺を握る

P1030827P1030826_1HP上にて「NIGHT MUSIC」が聴けます。
http://suntronix.michikusa.jp/
(ここで聴けるのと全く同一ファイルです。)
ひっそりと開く、夜の花。

| | コメント (0)

NIGHT MUSIC

ここまでやったら、それなりのやりきった感。
アルバム・タイトル曲。
今回は結構トータル・アルバム。
同じことの繰り返し。それって結構リアル。

--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--

「NIGHT MUSIC」

君を守るために 生まれてきた言葉
君を守るために 生まれてきた音楽
君を守るために どこまでできるかな
君を守るために 生まれてきた僕さ

もう二度と 戻れない 戻らない
もう二度と 遠くへ行きたくない
もう二度と 夜の谷 落ちたくない
もう二度と 鍵は渡せない

君を照らすために 生まれてきた太陽
君を照らすために 燃え尽きてく夕焼け
君を包むために 広がっていく星空
君を包むために 作られてる音楽

もう二度と 離れない 離したくない
もう二度と クリアにはならない
もう二度と そんな気分させたくない
もう二度と 渡すつもりはない

NIGHT MUSIC

夜 走る 君の中
夜 眠る 君の中
夜 燃える 君の中
夜 遠く FMを飛ばすと

NIGHT MUSIC

この街も変わってゆく 友達も変わってゆく
この気持ちは変わらない むしろ強くなってく
この道は続いてゆく どこまでも続いてゆく
この気持ちも続いてゆく そして強くなってゆく

NIGHT MUSIC 僕を許して
NIGHT MUSIC 僕に許して
NIGHT MUSIC 僕を許して
NIGHT MUSIC

NIGHT MUSIC 君を許して
NIGHT MUSIC 僕に許して
NIGHT MUSIC 全て許して
NIGHT MUSIC

--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--

ありきたりのことは、ありきたりじゃなかった。
これからもどんどん変わっていくにしても、こんな風にできたっていうのはいいね。
一人でやっていても、一人じゃない。
なんてことを思ったりして。
とにもかくにも、一歩進めた。
手がかりができると、次はもっと推進できる。
今回は全部自宅録音だったからスタジオもあまり行っていないけれど、また行ってみよう。
少しは変わっているかな。

今日の夜はニーネを観てきます。
二夜連続で素晴らしい音楽の旅。

| | コメント (0)

下北沢。夜の音楽

060602_1931素晴らしい夜だった。

日中はかなりやられ気味。
業務的にも、体調面でも。来週は復活するかな。
あれもこれも放り出して、ほぼ定時で逃げるように会社を去る。

今日は、下北沢leteでネタンダーズ塚本功さんのソロ・ライブ。
事前にHPで見た店の写真もかなり雰囲気があったし、何といっても20人しか入れないという会場。
かなり楽しみにしていた。

ちょっと早めについて、店の場所を大体しか知らないからうろうろしていたのだけれど、看板とか表に大きく出していないので、実際分かりにくかった。
何度か行き過ぎたあげくに店を発見。まだ開いていない。
外でまたうろうろ。
お店に戻ったら、少し人が並んで、開場してる。
前に並んでいる人に見覚えが…と思ったら、麻衣様!でした。

折角なので話しかけると、かなり気さくに応じてくれて、開演まで色んな音楽話。
ブルースは誰が好きとか。
マディ・ウォーターズとか、ライトニン・ホプキンスとかマジック・サムとか。
ニック・ドレイクとかドノヴァンとか、ニルソンとかSSWの話。
この前のコトリイベントの話。
(どうも池袋のコトリライブのあとに俺のことをダブオさんや大塚さんから聞いていたとのこと。)

東京廃人BOYZのCD-Rも貰っていただきました。
超感動。
本当に、超いい人だなぁ。見習いたい!

leteは入ってみたら本当に小さくてびっくり。
でも雰囲気があって、お酒もおいしいし、かなりマジカルなスペース。

そして、塚本さん登場。
GUYATONEのスプリング・リバーブ内蔵の古いミニ・アンプを使って、エレキのインストと弾き語り。
凄まじいテクニックで、ミニマムからマキシマムまでを表現。
繊細にして豪快。
エモーションとテクニックが組み合わさって、スケールの大きな音楽表現になっている。
ダブオさん、薦めてくれてありがとうございます。
めがね君も是非!
ピアソラの曲を引用した”タンゴ”とか、”アヴェ・マリア”とか、もう、全部が素晴らしく、刺激的。
店の雰囲気も相まって、イタリア映画みたいだった。

そんなライブの途中に、「歌手の方をお呼びしましょう」と言われて隣の席の山下さんが立ち上がる。
これにはびっくり。
ということで2曲ほど麻衣様と塚本さんの二人で。
かっこよかった。しびれた。
二人で一本のマイクを挟んで歌っているのが格好よかった。

時間もたっぷり2時間くらいで、かなり楽しめた。
塚本さんにも紹介していただいて、少しだけ話した。
終わってからお店の方にもCD-Rを渡した。
出られるかどうかはともかく、快く貰っていただけた。
とにかく、今日はそんな、スペシャルな夜になった。

帰りは丁度小田急線の多摩急行が来ていたので小田急線で帰った。
結構空いていたし、乗り換えもないし、京王線より全然良かった。

久しぶりに、やさしい気持ちになれた。
いつもと同じ道が明るく見えるような、そんな夜だった。
明日から、また何かできる。

明日はニーネ@BASEMENT BARに行きます。

| | コメント (0)

黒薔薇

今朝(昨晩)の新曲。

--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--

「BLACK ROSE」

君が指を通した 髪が風に舞った
その行方を見てた 夢の中へ 夢の中へ
退屈なことでも 楽しそうに話す
君の能力が好き 離れないで 離れないで

いつも君を見てた やめるときも 眠るときも
不可抗力っていうか 悪いけど 悲しいほど

BLACK ROSE このままじゃ夜も眠れない
BLACK ROSE 一人でも十分綺麗だけど
BLACK ROSE 君だったら目に入れても平気
BLACK ROSE そこにいてこの続きを見させて

君が袖を通した ドレスが風に舞った
黒い薔薇のようだった 夢の中へ 夢の中へ
言えない言葉が残った 刺のように刺さった
君の存在が好き 離れないで 近くにいて

BLACK ROSE わがままな君で構わない
BLACK ROSE 夜の闇 僕が終わらせるよ
BLACK ROSE 君だから手に入れてしまいたい
BLACK ROSE そこで見続けるのかい?

--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--

今日下北沢leteに行くので、この曲も入れてアルバム持って行こうと思って早起きして録音したけれど、よく考えたら今までの曲全部Wavファイルには落としていなかった。
とりあえず、東京廃人BOYZのアルバム持っていくけれど、今ライブをやるなら「NIGHT MUSIC」の気分です。

昨日は帰り際クニツグ君と久々に少し話した。
隣のインド人の話とか。

ところで朝からお腹痛いです。
確実にどこか炎症起こしてるな。

| | コメント (0)

時間がない

060601_0725相変わらず内蔵がきりきりと痛みやがるのだが、そんなことにスピードは止められたくないのだ。
全部歌いたい。
今日も1曲書いたけれど、残業して帰ってきたので時間が遅かった。録音はなしよ。
明日早起きして録音しようかな。とか思ってる。

明日は下北沢leteで塚本さん観て来ます。
体調が良くなっていることを祈る。
しまった、まだ薬飲んでなかった。

俺はうまくいきたい。
うまくいきたいんだよ。
ここから急に嘘みたいに急展開があるんじゃないかって期待してる。
期待して準備しよう。

まだ6月って実感がないんだよ。
もっと手ごたえ、ぐいぐい来いよ。
追い込まれたら強気だよ。

ギブ・ミー・時間。時間アンド金。
気持ちが乗ってきた。
仕掛けよう。
だんだん良くなっていくんだよ。

ニーネのDM来てた。
俺のは中村先輩からだった。
もちのろん、観に行きます。

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »