« やっぱだめだ | トップページ | 意外隊 »

書くんだジョー

結局飲まないで寝た。けどあんまり寝た気がしない。
何か印象的なイベントごとがあると、目を閉じてもフラッシュバックが凄くて、ずっとそのイメージを見ている感じ。
夢になる前の夢。

今日も2曲書いた。
今回は明快なテーマのもとに、ひたすらいい曲だけ書きたい。
きっかけさえあれば、まだ書けそうだ。
自分と向かい合って書けている気がするし、自分に向かってだけ歌っているわけではない。
前の2枚よりも良くなっていると俺は思っているんだけれど、どうでしょうか。

--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--

「現実と花びら」

君が欲しいというなら 僕が見つけてあげる
君が欲しいというなら 僕が作ってあげる
何も面倒くさくない

君が嫌だというなら 僕が代わってあげる
君がやめるというなら 僕が続けてあげる
何も理由にならない

現実での一度きりの過ちでも構わないよ
現実には君が笑う 花びらは渇いたままなんだ

夢を見たいというなら 僕が探してあげる
有名になりたいのなら 僕が育ててあげる
いつも喜ばせたい

君のコンプレックスは 僕にはチャーム・ポイント
君を見ていることが 僕の生きがいだから
いつも伝えてあげたい

現実だろうと夢だろうと そばにいれば構わないよ
真夜中でも明け方でも 花びらはひらいたままなんだ

--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--

「午前3時」

僕は怖いことを見ないように 見ないように
君と一緒にいたいから
僕は怖いことを見ないように 見ないように
楽しいことだけしたいから

休日に君がしてることを 知りたくないよ
休日に君がどこにいるのか 知りたくないよ
休日に君が食べるものも 知りたくないよ
休日に君が話すことを 知りたくないよ

眠れない 午前3時

僕は怖いことを見ないように 見ないように
君のことが好きだから
僕は怖いことを知ってるのに 知ってるのに
知らないふりをしてしまう

休日に君が見てるものを 知りたくないよ
休日に君が過ごす時間 知りたくないよ
休日に君がかける電話 知りたくないよ
休日に君がつかうお金 知りたくないよ

眠れない 午前3時

僕は暗い道を歩いていく 歩いていく
君は明るい道を行く
僕は君の周りを照らし出す サテライト
重なることも 交わることも
頷くことも 始めることも
深まることも 呼び合うこともないままに

--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--

こんなんで大丈夫かなぁ、俺。
心配だわ。

|

« やっぱだめだ | トップページ | 意外隊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱだめだ | トップページ | 意外隊 »