« おはよう地球 | トップページ | Life Goes On »

とけた

P1030374P1030423_1P1030433P1030481コトリイベント、ついついいつの間にか打ち上げに参加させてもらって、結局朝帰りました。
もうぐにゃぐにゃです。

ライブ。
※写真NGな方いらしたらメールください!事後申告ですみません。

オープニングアクトはダブリーフッカー。
サングラスをかけて、ワインをラッパ飲みしながらの登場。
ギタレレを抱えて、歌謡曲を超ルーズでヘヴィなブルースにして熱唱。
やっぱりレベッカの”フレンズ”が大反響。

そこから知恵の輪。
初めて観たけれど、格好よかった。
KING CRIMSONぽい、キメと反復の気持ちよい音楽。
ヴォーカルのタンジさんは長身で長髪。なのにSEX PISTOLSのTシャツ。
ギターにエフェクトかけるバンドはライブハウスで観ると全然カッコよくなかったりするけれど、知恵の輪は迫力もあって、小手先でやっている感じじゃない。
ヴォーカルにディレイをかけた曲も、PRINCEの”Purple Rain”みたいで映画っぽくて良かった。

続いてハッチェル特急楽団。
この並びもどうなのか?という急展開なのだが、めちゃくちゃ楽しかったし、お客さんがどんどん引き込まれるのも分かった。
あれで笑わない人はいないよ。
音楽的には、自分の少ない知識でいうとロバート・クラムのCheap Suit Serenaders(だっけ)みたいな、戦前萌え~の世界。
ノベルティぽいんだけれど、楽しませる感覚にあふれてる。
喋りの掛け合いも芸人の域。
そういえば、なぜかというか、単純に読んだら面白かったという理由で大橋さんの漫画も宣伝してくれていた。

最後はコトリブラックバード。
まず間違いない。
ネタンダーズから山下麻衣様が降臨。
なぜか皆が麻衣様と呼びたくなる、奇跡のオーラを放つ人。
歌っているとき、とても幸せそうで、周りも引き込まれずにいられない。
奇跡のバンドにぴったり。
なんかもう、興奮しすぎたので細かいところは覚えていないけれど、歌詞もしっかり聴こえたし、音も良かった。
本当に、生きている実感と奇跡を感じさせる、マジカルなライブだった。

ということで、総じて最高最高でした。
コトリメンバーは終わってから完全にくったりしていた。

終わってからは色んな音楽話を延々していた。
平井さんとメタル話。
DJをやっていた久保田さんとドナルド・フェイゲンの新作がいい!って話。
大橋さんと漫画売り込み話。
オザケンの「Eclectic」いいよねっていう話もできたし。

朝帰りでも、疲労はあっても悪い気分にはならなかった。
ここからまた次へ行こう。

東京廃人ボーイズはアルバム一枚分のマテリアルを一緒に録るのはできなさそうだ。
でも、クニツグ君との理解は深まっている。
さっき機材を返しに来てくれたんだけれど、東京廃人ボーイズの今後の展望について手紙を書いてくれてた。
こういうところ、本当に助かるし、ありがたい。
ゆみえさんには3曲一緒にやってれば大丈夫と言われた。
何基準かよくわからないけれど安心。
どっちにしろ、みんなの期待(あるのか?)に応えられるレコーディングがもうすぐお届けできます。

すいません、今、店出ましたから!
って感じで。

今日は大橋先生と新宿行ってきます。
もう何が昨日で何が今日なのか分からん。

|

« おはよう地球 | トップページ | Life Goes On »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おはよう地球 | トップページ | Life Goes On »