« もうちょいだ | トップページ | 脱しょんぼり計画 »

SHUFFLE

今夜の新曲です。
聴いてください。

「SHUFFLE」

新しい曲 君が喜ぶ 君の役に立つ言葉を選ぶよ
仕事をしている 遊びもできる 君の抱える宇宙 答えを探すよ

夜 暗い 陸橋を渡ると あの人の背中が見える
夜 遠く FMを飛ばすと 東京の街が光る

いつまでも続く 永遠夢見る ロボットみたいに話しちゃ駄目だよ
君は傷を負ってる 熱い血を流す それを僕は見ている
隙間が寒いよ

夜 暗い 陸橋を渡ると あの人の背中が見える
夜 遠く FMを飛ばすと 東京の街が光る

--☆--☆--☆--☆--☆--

マイフレンド、simoの日記&メールへの俺回答でした。

・死ぬことについて
できるだけ、哲学的なことは抜きに語ろう。

死ぬことって怖いね。俺は超怖い。
中学ぐらいの時に突然怖くなった。
でもそう思うのって夜寝るときだけだよねって話を昔友達としてた。
朝一では思わない。
あ、お前も!?って安心した。

澁澤龍彦という作家がいる。もういない。故人です。
とかくアンダーグラウンドな印象が世の中的には強いと思うけれど、中期~晩年の小説や随筆を読めば、そんなことはないと分かる。
世の中を超越し、ひたすら己の興味に生きるようで、政治的な姿勢はおろか、教壇にすら立つことの無かった(例外除く)人。そんな彼の若かりし頃、妹さんが、死ぬのが怖いと打ち明けたとき、彼は「お兄ちゃんも怖いよ」と答えたそう。
あの澁澤龍彦も怖かったんだと思うと安心する。

一昨年の夏だったか。
母方の祖母が亡くなった。母方の祖父は健在で、父方の祖母は子供の頃に亡くなったし、父方の祖父は親父が子供の頃に亡くなっている。
祖母はその年の正月までたいそう元気な人だった。
転倒して怪我をして、体の具合も悪くなって入院して、少しボケてしまった。
入院中、何回かお見舞いに行った。
そのとき、移動中に聴いていた音楽でなぜか唯一覚えているのが、MANTRONIXのMIX CD。
バスを待っていて滝のような夕立が降ったことも覚えている。
そろそろ危ない、という日にも俺はニーネのライブを観に行った。
その頃の自分の精神状態で凄く観たかったし、祖母だったら観に行っていいよと言ってくれそうな気がした。
実際、観に行って本当に良かったと思った。

祖母は亡くなったけれど、思い返してみて、何一つ嫌な思い出がないことが凄いなと思った。
そんな関係の人は、そうそういない。
そういう関係だけがいい訳ではないけれど、いつかはなればなれになった時にも、いい思い出が全てを覆っていればいいと思う。

・仕事について
リアルな話、あるときを境に仕事がきつくなった。
業務量とか、業務の責任とかそういう問題じゃなく。
俺の問題として。
それでも仕事を続けている。
仕事をする以上は、いっぱしになりたいという気持ちもある。

今の俺の音楽が、こういうところに根ざしているというのは間違いなく、正当な評価。
「半径1メートルの世界の中で」が決定打。
自分で思っている以上に、きっちり伝わっているんだなと思って、ありがたくて、嬉しかった。

知らないほうが幸せだと思うことも多々あるけれど、知ってしまった今も、それを超越する幸せを探している。

・音楽について
以上を踏まえて。
俺もしょっちゅうしょんぼりするけれど、誰かにエネルギーを貰っている。
俺もしょんぼりしている人を勇気付けたい。
まぁ、今、ここから出していくしかないな。

・最後に
後悔しないように頑張ろう。
後悔ができるなら、君はまだ生きてる。次は頑張ろう。

|

« もうちょいだ | トップページ | 脱しょんぼり計画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうちょいだ | トップページ | 脱しょんぼり計画 »