« 予感 | トップページ | ブランニュー・シーズン »

理由がある

下北沢のClubQUEでニーネのライブを観てきた。
もう、結論から言うと、めちゃくちゃ良かった。予想以上に。
楽しくて、カッコ良くて、暖かい気持ちになった。
平井さんのステージングも演奏も、コトリの時とは違っていて、ちゃんとニーネの平井さんになっていた。
中村先輩の跳ねるようなドラムに、平井さんがピック弾きで刻むアタッキーなベースが既にしっくり来ていて、とてもいいバランス。
シンプルにしてストレンジな、ニーネの魅力全開。
終わったあとの、平井さんと大塚さんの”やりきった感”が印象的で、観ている間も、本当に幸せだと思った。
まさかのアンコールも2曲。
まさかのブラックホール・ベイビー。
カワムさんも言っていたけれど、アンコールがあって丁度良く、満足できた。

新しいCD-R「THE LAST OF KAWAMU」は新宿RedClothのカワムさんのラストライブを収録。
今聴いているんだけれど、凄く音がクリアで、ライブの雰囲気も生々しく伝える傑作。

もう何年も、ニーネを聴いて、ライブに通っている。
凄くポジティブなエネルギーを感じる。
これだから、やめられない。
本当に、ありがたくて、嬉しくて、たまらない。

|

« 予感 | トップページ | ブランニュー・シーズン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予感 | トップページ | ブランニュー・シーズン »