« 雨の土曜日 | トップページ | 頑張れ若造 »

SPARKSって

今週はとりあえずギターを沢山弾いたり、音楽を聴いたりしたなぁ。
それでも、ワクワク感に到達するには、何かが足りない。
中学生の頃初めてGUNS AND ROSESの「USE YOUR ILLUSION VOL.1」を買った頃には、もう死ぬほど聴き倒した。
その頃から、紆余曲折あるけど、俺は沢山CDを買うようになった。
でも、その頃みたいにアルバムの隅から隅まで聴き倒すっていうことは、滅多になくなってる。
毎日同じアルバムを聴くことはなくなってる。
けど、未だに俺が依存してるのは音楽。いいのか悪いのか。

今日もちょっと出かけて、輸入盤新品で安かったから、SPARKSの1st?とか買ってみた。
安いといっても、この値段で中古盤で見つけても買わないからな。微妙ではある。
SPARKSも、聴いていて全然落ち着かない音楽。タチの悪いQUEENというか。
好きな要素は多いのに、それほど好きじゃない。買ってるけど。
全然関係ないけど、BEARSVILLEレコーズのマークってかわいいよね。熊の口の中にBEARSVILLEって書いてある。
プロデューサーはトッド・ラングレン。
トッドといえば、「Runt. The Ballad Of Todd Rundgren」。超メロウ。
トッド・ラングレンが後ろ向きにピアノに向かっていて、首吊りの縄がかかっている!という無茶なジャケ。
あんなにいい曲はなかなかないよ。

サンレコに、PIXIESのドリトルの頃のレコーディングの話が出ていて、個人的にタイムリーだなと思った。
短い曲が多くて、プロデューサーは最初、ここを繰り返してもっと伸ばしなよとか提案していたんだけれど、メンバーがバディ・ホリーのレコードか何か見せて、曲が2分なくても全然問題ないよって説明した話。
音楽には、あるべき形があって、それを掴めばいい。
今自分が色々とぶちあたっている壁も、視点を変えれば、横とか下から抜けられたりするのかなぁなんて思ったり。します。

|

« 雨の土曜日 | トップページ | 頑張れ若造 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の土曜日 | トップページ | 頑張れ若造 »