« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

星に願いを

今日は星も見えないにしても、雲の上には存在する、ある光。

自分的には突発的に物凄い不調なんだけれど、自分と同じような目標や視野で頑張っている人の存在が意識できれば、痛みは緩和されるし、頑張ろうって気になる。

うまくいっているときでも、うまくいっていないときでも、やっぱり頑張ったほうが良いと思うよ。
頑張ってうまくいくのが一番いい。

邪念を捨てて、一日一日頑張るんだ。
そして、週末は爆発。

今、俺はとても恵まれていると思う。
いつか、振り返ったときには、きっとそう思うだろうな。
一日は一日で同じように費やされていくけれど、価値のある一日が多い方が良い。
つまらない一日は価値のある一日のための反動。

今日は面白いニュースはございませんです。

| | コメント (0)

やれば出来る子

今日はなんか、別に凹まなくても良いことで勝手に凹む日。
寝不足とか体調不良とか、理由は色々とあると思うんだよ。
別に誰が悪いでもなく、自分の調子が悪いとしか言いようがない。

タメイキ。

本当に、何も駄目な要素なんてないのにな。

ビールを飲んで、音楽を聴いて、Webで欲しいものを探していたら、少し気分が回復。
ほら、双六みたいなもんで。サイコロ振ってれば、俺にだってツキは回るし、上がりも来るさ。

自分のことを励ますのは手がかかる。

| | コメント (0)

多摩の夕方・多摩境の夜

060129_1726060129_1730今日は、しばらく前に書いてなかなか録音できないでいた曲を録音。
なんとかなったかな。
ユニオンで買ったBIG AUDIO DINAMITE聴きながら少し出かけた。

いつものリハスタでクニツグ君と練習。
時間はあっという間に過ぎた。分かったのは、俺はもっともっと練習をしなきゃならないということ。
もっと気持ちを入れて演奏したり、歌ったりするために練習が必要。

そのあと、クニツグ君の車でDR.FEELGOOD(モトリーではなく)を聴きながら多摩境のファミレス、ジョイフルへ。

昔、ニュータウンが出来る前のことだろうけど、多摩は東京のチベットなんて言われたりしてたらしい。
多摩境のジョイフルの雰囲気は、なんとなくサバンナ。
そんなことを思った。
かなりバッファロー'66です。我思うに。

なんだか、楽しいことと苦しいことの狭間で、ちょっと物悲しい気持ちになってしまう今日。
休みが終わりだからかな。

帰宅して、昼間の録音に、色々と重ねてみる。
今の自分らしいものになったかな、と思う。

| | コメント (2)

高円寺の夜

ちょっとギター弾いて、歌って、今日はまだ録音する日じゃないなと思って、出かけることにした。
下北沢のディスク・ユニオンに、きっと今後も聴かなさそうなCDを売りにいって、結局またあれこれ購入する。
今年前半は、自分に色々投資することだろう。

新宿に移動。
久々にジーンズ買った。これはちょっと高い出費だったなぁ。
タワレコでは、ユニオンでもCD買っていたので自制。

そして丸の内線で新高円寺まで。
ちなみに下北沢まではボブ・マーリィ(ダブオさんに借りたやつ)聴いて、新宿からはニーネ「SEARCH AND DESTROY」聴いてた。
クラブライナーでニーネを観る。
今日は時間が短いと感じたけれど、新曲も聴けたし、良かった。
中村先輩がドラムになって、当たり前だけれど、変わってきている。
ライブは色んな要素が絡み合って、ちょっと冷静に観てしまうときと、もう、完全に入り込んでしまうようなときがあって、その瞬間を、いつも感じたいと思っている。

もっと、みんなと喋る時間が欲しいな。
自分もその瞬間を明るくできるような、そういうことを今、暖めている。

| | コメント (0)

今夜もSEBADOH

SEBADOH「THE SEBADOH」。あれ、これもいいぞ!
SEBADOHはどれもジャケがひどいというかゆるくて、何だかなぁって感じなんだけれど、まぁダイナソーもPAVEMENTも。
まぁ、ともかく、何かいいんだよな~。中味のほうだけど。
声もわりといいし。
なんというか、微熱感覚。どこにも落ち着かないんだよな~。
どこへ行きたいのかも若干謎。

ところで、輸入盤CDって、何でケースの上がシールで止まってるんですか??
日本盤の帯の代わりみたいなものかな。
綺麗にはがれないで糊が残ったりして、それを剥がしたシールをもう一回つけてペタペタ剥がしたりして、手間だなぁと思う。
ちょっとくらいシールが残っても気にしない文化なのか。
あと、日本盤みたいに、テープ?を引っ張ったらピヨ~って綺麗にパッケージを空けられるのも少ない。
何でだか、誰か知ってますか?

今日は、フライデー・ナイト。
そう。明日はサタデー・ナイト。
うれしいなぁ。

やりたいことやって。
燃え上がりたいです。
いい波を捕まえたい。

| | コメント (0)

今夜はSEBADOH

今週も、何とか乗り切ることができそう。
SEBADOHの「BUBBLE & SCRAPE」を聴いて、ビールを飲む。
一日を区切る。
これもなかなか良いアルバムなんじゃないでしょうか!
普通なようで、普通じゃない、SEBADOH。
何か不思議となごむんだよなぁ。轟音でも、スカスカでも。
いそうでいない、ありそうでない。
このアルバムは特にメロがいい、ような気がする。
金太郎飴みたいな人たちではあるが。

土曜はニーネ。
ある意味サマー・オヴ・ラヴな日々。
疲れても、騙されても、裏切られても、ドジ踏んでも、扉は開くし、歌は歌える。
だから、続けられる。

土日は自分の音楽をやるのも楽しみ。
再びクリエイティヴな気持ちになっているので。
頑張れるかなって思っている。

| | コメント (0)

革命前夜はSPARKS

060125_1524昨日書いた曲をRock On。かなりシンプルなので、何か思いついたら音を重ねるか。
今の自分には難しくて、ずっと録れないでいる曲もある。
録ったものの、別のアプローチで録り直そうとしている曲もある。
今回は、じっくり。まぁ、そのわりにラフな出来になるのは分かってるんだけれど。

SPARKSの「A Woofer In Tweeter's Clothing」。
あ、これ今まで聴いたSPARKSのアルバムで一番好きかも~。
というか、ちょっとニルソン寄りじゃない?
それにしたって聴き時が分からない音楽だな。
映画とか本とか絵とか、分かろうと思って向かい合わない。
だから音楽なんて余計そうだけれど、それにしたって分からない。
英語が分かった方が良いのかな。
あ、ドレミの歌。のロック・オペラ・ヴァージョン。笑える。

さて、2006年の俺の音楽はどこへ向かうのかな?
だらだらしてたら、地球の自転に置いてけぼりだ。

困ったことに、今日すでに週末気分。
何でだろう。
頑張らねば。

小市民的な幸せでもいい。たまには噛み締めたい。浸ってみたい。なんて思う今日この頃。
それどころじゃない!革命だ!なんて思いながら布団にもぐったり風呂に浸かったり星を見上げたりしてる今日この頃。

| | コメント (0)

単車最高!

って意味ですかね。
PREFAB SPROUTの「Steve McQueen」ってアルバムの米タイトルは肖像権の絡みで「TWO WHEELS GOOD」というタイトルに。
85年のアルバム。普通に「Steve McQueen」だと思って輸入盤を買ったら「TWO WHEELS GOOD」でした。
PREFAB SPROUTは「ANDROMEDA HEIGHTS」を昔図書館で借りて聴いたことがあるだけだったんだけど、これはいいねぇ。
ジャケもいいしね。タイトル格好いいしね。夜露死苦みたいな感じですか。

部屋が寒いんですよ。相変わらず。

残業過多で目を付けられているのと、仕事もまぁ何とか一山超えたこともあって早く帰宅。
ギター弾きますな。曲も書きますな。
世の中は、バランス。人生は、バランス。バランスを崩すとスピードが出て、揺り戻して、止まる。ような気もする。

俺は世の中のアクチュアルなことについて書くことは控えてるんだけど(パクリ)、一連の報道について思うこと。
とりあえず、逮捕とかなった途端に紹介VTRを忘年会の映像にするのは止めてあげて欲しい。
今までそんなの使ってなかったじゃん。
お前らだってはめはずすことあるじゃん。
天狗になってたって思うなら、人の振り見てわが身を正せばいいじゃん。
まぁ、このことに限らない。
自分のことを棚にあげずに人を裁けるような人っているのかな。
俺はとてもじゃないけど。

それにしてもPREFABはいいなぁ。シュッとしてるね。
でもこういうのを若い多感な頃に聴いたら、あんまり良くないかも。繊細になりすぎて。
世の中に出たら、がっかりしちゃうよ。
それでも、大切にしたい何かが。

恥知らずになるには、TPOがある。
ああ、俺、今、恥知らず。ぐらいのことは分かっていた方が良い。かも知れない。

| | コメント (0)

整備工の夢

今日はあちこち雪が残っているので、風が吹いたりするとめちゃくちゃ寒かったです。
路面もバキバキに凍結していて、陽の当たらない、雪かきもしていないようなところはかなり危険。

明け方、変な夢を見た。
重たくて分厚い鉄の扉みたいなのがあって、その先は寝転がらないと通れない狭さの通路になっている。
というのを2枚通って、その突き当たりが壁みたいになっている。
寝転がった状態で、さてどうしたものかと思っていると、隙間に手をかけるとぐぐっと下がる。
どうも体重をかけると、通れるくらいの隙間になるらしい。
やったじゃ~ん。最終関門クリアだね、と、その向こうに何があって進もうとしていたのか目的も定かではないが、そう思った。
で、車の整備工の人みたいに仰向けにえっちらおっちらと進んでいる途中で、どうもこのナンセンスさは夢らしいと気付く。
あぁ、中途半端だけど夢だから頑張るのやめとくか、みたいな感じで終了。
そういうこと、ないですか?
ありえないプレゼントとか貰って、このありえなさは…夢かも…みたいな。

いや、実のない話ですね。

炊きたてのご飯で食道と胃を火傷気味。

| | コメント (0)

風物詩

060122_1446_1060122_1443とりあえずお約束。×2。
雪だるまってやっぱり、結構最近になって西洋から入ってきたものなのかな?
雪合戦も西洋にもあるし。
外に出たら札幌雪祭りみたいになってたらどうしよう。
そんな一日で出来るわけないか。城とかが。
昨日は外に出なかったので、今日は渋谷まで出かけてみたけれど、これといって発見はなく。
まぁ、そういうことは、あるね。
本を買ったりしたので、のんびり読みたいと思います。ってそんな時間ないか。
明日は道が凍って大変なことになってそうだから、早く起きなきゃ。
雪国の人は大変だなぁ。凄いなぁ。北の国からだもんな。
南国の人も台風とか来るからなぁ。
そんなニュータウン住民のリアル・サバーバン・ライフ。
明日・明後日・明々後日。次の週末はどうしようか。

| | コメント (0)

デンジャーゾーン

今日は録音とかしてたので外に出なかった。
もったいないなぁ。でも、ニュースとかで見ると人通りの多いところはびちゃびちゃになっているので、それはイヤだなぁと思った。
誰も踏んでいない新雪を踏むのは楽しいね。

でも、革靴は滑るからキケン!!
昨年同じ職場の人が二人連続して側溝の上のステンレスの蓋みたいなところで転倒して宙を舞い、一人骨折。
くわばらくわばら。
というか、そういう事態を見越して普通は格子みたいになっていたり、滑り止めがついているものでは。

今日の新曲。「WinterWonderland」
「WinterWonderland.mp3」をダウンロード

今日の発掘。「やりきれない」(Romantic Seasonの没曲)。
「Yarikirenai.mp3」をダウンロード

いつもより高音質でお届け。そのうち削除すると思いますが。

もっともっと色んなことをやりたいなぁ。と思ってます。

| | コメント (0)

雪だに

060121_1348 凄く寒い。と思ったら雪。
まだ降ってる。
曲が書けたのでこれから録音しまっす。
弾き語りでっす。

| | コメント (0)

やるなら今しかねぇ

眠かったけれど、仕事もまぁまぁ集中してやれたと思うし、それなりに前向きだった。
何かが変わりだしたかな。
下らないと分かりきっていることが実際に下らなくても、がっかりしないで!
コトリのラプソディのCD-Rとダブオさんに借りたボブ・マーリィのCDは聴いたらかなり燃え上がってしまいそうなのでまだ聴いていない。
週末のお楽しみ。
やりたいことは色々ある。
命は短い。
自分のこともできないのも、自分のことしかしないのも、御免だ。
やれることをやってしまうために、やるべきことをやっておこう。
ギンギラギンにさりげなく。そいつが俺のやり方。
今までがどうだったか知らないが、俺が来たからには俺のやり方でビシバシやらせてもらうからな!
おい、今、え~って言った奴!一歩前へ出ろ!(つづきはCMのあと)

| | コメント (0)

3 is a magic number

高円寺CLUB LINERでコトリを観て来た。

定時3分後にガッチャンコとタイムカードを押して脱出。
うちの会社ではほとんど見られない光景。
クニツグ君も無事脱出。
でも、やっぱり定時で帰ると分かっていた方が仕事に身が入る。
帰宅して着替えて出発。

とりあえず、ニーネやコトリのパフォーマンスは、図抜けている。
大塚さんやダブオさんは何かをつかまえに行っているし、そのつかまえに行く対象のレベルが高い。
ここからここまでという、日ごろ意識している範囲を軽く超えている。
だから、何度でもライブを観たくなるんだと思う。
3人のコトリを、もっともっと観たい。
新曲ももっと聴きたいし、どんどん変わっていくのだと思う。
それが、太く強いヴァイブレーションであることには変わりないはず。
興奮冷めやらずで、また眠れないかも。
ライブの終わったあとの余韻が、ギターのフィードバックが消えた後もずっと残った。

終演後、平井さんがメタル小僧でしたと教えてくれた。
昔、伊藤政則が横浜そごうの地下でやってたTVKの公開生放送の番組を毎週観に行っていたという話。
もしかしたら、TVを通して客席の平井さんを見ていたかもしれない。大いにあり得る。
ちなみに以前ダブオさんは、電車の中で前に豹柄のブーツを履いた人がいて、すっげ~と思って上を見たら伊藤政則だったそう。永山で聞いたちょっといい話。

クニツグ君とラーメン食べて帰宅。
私服で行けてよかったけど、やっぱり帰りは遠い。
色々考えたし、週末また色々考えよう。
とりあえず、仕事。頑張ろう。

| | コメント (0)

ある意味ありがとう

やばいやばいと上司が出川哲郎になりかけていた案件も、何とか見えた。
というかこれからテストなので、叩いて叩いて叩きまくってバグというバグを追い出して、無事運用を1回2回とこなすまでは安心できない。
油断大敵。安全第一。無我夢中。謹賀新年。
昔友達のメールで、五里霧中がゴリ夢中って書いてあって、彼のことだから勿論わざとだろう。
うっとりしてるゴリラを思い浮かべてつい笑ってしまう。
明日は、定時ダッシュで帰宅して着替えてコトリ観に行ってきます。
予定。
世間の荒波を乗り切る気力をチャージ。
頑張りマスシス。

| | コメント (0)

けもの道

久々に、TEENAGE FANCLUBの「Songs From Northern Britain」からぽつぽつと曲を聴いたりして。
"Speed Of Light"の、Only You And Me And Allって凄い歌詞だなぁ。
今日はちょっと殺伐デーだったので、なんか、人間ってこう、綺麗なとこと汚いとこがあるというか、大抵綺麗な人はほとんど綺麗だし、汚い人はほとんど汚いと思う。
そういうことを気にしない、気付かない人もいる。
ちなみに俺がこういうことを考えてブルーになっている日は、大抵翌日に自分が思い知らされたりする。
まぁ、あれだね。そういう気がするだけなんだ。そういうことは。
大体、人のことをとやかく言う人は言うだけ言って忘れちゃう人だろう。
自分が言われても気にしないからって、他人もそうだなんて限らない。
ということで、別にそこまで親しくない人のでも、あんまり人の陰口とか悪い評価とかを聞くのは好きじゃない。俺は簡単に忘れられないから。
それに、人のことを簡単に決め付けられるほど偉い人なんてそうそういないし、よく出来た人間は他人のことを簡単に決め付けたりしないと思うんだけどな。
しょうもない話でごめんね~。
と、ショーン・レノンなんか聴いたりして。
90年代の音っていうのもやっぱりあったんだねぇと、90年代の音楽を並べて聴けば分かる。
だからきっと、2000年代の音も、2015年くらいになれば、分かるのかな。
そんなことを思いながら。

| | コメント (0)

頑張れ若造

残業中、俺より7~8歳年上の人だけど、「何で毎日こんなに不安に思いながら仕事しなきゃいけないのか分からない」と。
えぇ~、俺だけじゃないんだぁ~~!というのが俺の感想。

こういう毎日からも何かを拾って先へ進まないと、どこへ行ったって変わらないと思う。
俺は一年間でどれだけ成長したのか、自問自答。
当たり前のことを当たり前にこなしているだけでは、成長なんて知れている。

1月も半分過ぎた。これをあと23回も繰り返せば、来年になる。
頑張らなきゃ、駄目だろう。

| | コメント (0)

SPARKSって

今週はとりあえずギターを沢山弾いたり、音楽を聴いたりしたなぁ。
それでも、ワクワク感に到達するには、何かが足りない。
中学生の頃初めてGUNS AND ROSESの「USE YOUR ILLUSION VOL.1」を買った頃には、もう死ぬほど聴き倒した。
その頃から、紆余曲折あるけど、俺は沢山CDを買うようになった。
でも、その頃みたいにアルバムの隅から隅まで聴き倒すっていうことは、滅多になくなってる。
毎日同じアルバムを聴くことはなくなってる。
けど、未だに俺が依存してるのは音楽。いいのか悪いのか。

今日もちょっと出かけて、輸入盤新品で安かったから、SPARKSの1st?とか買ってみた。
安いといっても、この値段で中古盤で見つけても買わないからな。微妙ではある。
SPARKSも、聴いていて全然落ち着かない音楽。タチの悪いQUEENというか。
好きな要素は多いのに、それほど好きじゃない。買ってるけど。
全然関係ないけど、BEARSVILLEレコーズのマークってかわいいよね。熊の口の中にBEARSVILLEって書いてある。
プロデューサーはトッド・ラングレン。
トッドといえば、「Runt. The Ballad Of Todd Rundgren」。超メロウ。
トッド・ラングレンが後ろ向きにピアノに向かっていて、首吊りの縄がかかっている!という無茶なジャケ。
あんなにいい曲はなかなかないよ。

サンレコに、PIXIESのドリトルの頃のレコーディングの話が出ていて、個人的にタイムリーだなと思った。
短い曲が多くて、プロデューサーは最初、ここを繰り返してもっと伸ばしなよとか提案していたんだけれど、メンバーがバディ・ホリーのレコードか何か見せて、曲が2分なくても全然問題ないよって説明した話。
音楽には、あるべき形があって、それを掴めばいい。
今自分が色々とぶちあたっている壁も、視点を変えれば、横とか下から抜けられたりするのかなぁなんて思ったり。します。

| | コメント (0)

雨の土曜日

仕事に行ったけど、パッとしない感じで。
雨が降って、帰りには止んでいたのでリハスタ予約。
行く頃にはまた降ってきた。
冬の雨。
今日は一人で色々と問題点を考えながら。
なんか倦怠感があって、集中はできなかったなぁ。
体調悪いとは思わないけれど、体が重い。キレがない。(いつあるんだ?)
自分のイメージに実力が伴ってないのも事実。
それに、何か面白いこと、興奮できることを自分に注入するべき頃合なのだ。
俺は頑固な上に飽きるのが早い。たちが悪い。

結構好きなミュージシャンの新譜、ずっと聴いていなくて、聴いたら、何だか肩透かしな内容だった。
少なくとも今日の自分にとっては。
今は、ダイレクトな音楽じゃないと共感できない。共感できなければ、聴いてもつまらない。

ネガティヴな言葉が並んでしまっているようだけど、何かを変えようとして、もがき中。
その何かが見えないことには。
まぁ俗に言うスランプってやつですな。スランプって面倒くさい。

| | コメント (0)

脱ぼんやり

今週はぼんやりしてた。
何となく。土曜は自分のペースに戻すためにちょこっと(予定)出勤。
年末年始で蓄積したエネルギーとか、独特の勢いは無くなりつつあって、普通の毎日になってきている。
今年もこうして淡々と日々は過ぎる。そこに何か印を付けていくのは自分。
面白いものを見つけて、乗っていかないと。
一年はどんどん短く、早くなるから。
なんてことを自分に言い聞かせ。
頑張って早く起きて、やることやるのだ!
あ、明日、雨か~。雨は、やだなぁ。

| | コメント (0)

自分が変わる

疲労蓄積気味。
昨日の夜は久々に寝付けなかった。
仕事が忙しくなると、精神を緊張から解放するのが難しくなるのかな。
しかし、今の仕事、肝心な時期にあるようだ。
ここでどう動くかで、成否が変わりそう。
土曜も出勤になるかも知れないけれど、あとで障害が発生するよりよっぽどいい。
何とかしなくては。

あぁ。でも、殺伐とするなぁ。
何しろ、去年と同じ一年を過ごす訳じゃないんだから、ブランニュー俺。
できることからコツコツと。
必要なのは癒しじゃなくて救い。
ふむ。
困難を乗り越えて、少しは人のためになれるように、ステップUP↑しよう。
そうしよう。

| | コメント (0)

来てます来てます

今日も疲れた。
精神的に来る。南海キャンディーズの山ちゃん風に言うと、目に来る!
こんな日には何を聴くか。
難しいよね。
こういうの、レコスケくんにもあったなぁ。音数多いロックとか聴くと疲れる、みたいな。
家にあったBEE GEESのベスト盤でも聴いてみるかと思ったら、1曲も引っかからないのでびっくり。
”How Deep Is Your Love”もbiceのカヴァーの方が良い。
じゃ、ボブ・ディランの「HIGHWAY 61 REVISITED」。俺はディランは顔が好きなんだ。結局。
いいね!って思うときもあるし、タルいだけじゃんよ~って思うときもあって、難しい。ディランは。
その上聴きながらニール・ヤングのこと考えてたりして。

夢は気持ちいい。布団は暖かい。夜は短い。
うまくいかないよ。

| | コメント (0)

弱気の虫はキックの鬼

今日はへろへろの状態で出勤。
寝つきも悪かったので、朝の辛いこと辛いこと。
先週末に職場のフロア内でプチ引越しがあったんだけれど、例のプリキュアの男性が、自分の荷物を開梱してて。
最初はパソコンのセットアップとかやってたんだけれど、途中から自慢のリラックマ・グッズが出るわ出るわ。
周りは何か殺伐なのに、大柄な男性が両手に熊のぬいぐるみ持って、どこに置こうかと考えてるの。
本物のメルヘンというものが、少し見えたような気がした。

あんまり仕事中とかに自分のや誰かの音楽が頭の中で鳴ることはないんだけど、今日は鳴ってた。
もうちょっとバランスを保っていかないと、やばい。
俺の潜在的ドロップアウト加減は、実は前よりめきめきと上がっている。育ってる。
育て方を考えないと不良化しちゃうからな。
今までやらなかったことだけれど、スポーツマンや格闘家みたいにワークアウトする必要があると感じている。
早くも、次の週末のことを考えている。

| | コメント (0)

お邪魔しました

今回の連休は都心に出ていない。体調は相変わらず腹立つくらいに悪い。
ヨーカ堂で小学生の子供がお母さんに「ダウンロードって何?」と意外と厳しい質問。母ピンチ。
PRINCE JAZZBOののどかに激しいダブを聴きながら新百合ヶ丘へ。
ボサノヴァの教本を買って、いったん家に帰ってから永山へ。
クニツグ君の家で、鬼ブルースセッション、鬼俺セッション。
酒飲みながらCDも色々聴く。
ルースターズ、ヤプーズ(なんじゃこりゃ!!)、フリクション、オリジナル廃人ボーイズ、PIXIES、JAZZBO、RC、コトリ、ニーネ。
楽しい夕べ。
頭の中でロックン・ロールが鳴り止まない。
久しぶりなので話もあるし、ついつい長居してしまった。
ごめんね~。ちゃんと仕事に出られるだろうか…。

| | コメント (0)

ワン・モア・タイム

アレサ・フランクリンを聴きながら出掛けて、コーヒーを飲む。
優しさを少しと、勇気を少し貰う。
続いて、LOVEの「DA CAPO」。
これもいい。粗削りでダイナミックなソフト・ロックとサイケデリックなガレージを行ったり来たり。
今日もブルース・ロック道場。弾きまくり。
もっともっと。

ビールの友はカルビーの堅揚げポテトうすしお味。ポテトチップスなんですが、ちょっと家庭的な感じ?癖になる。
流行って定番になって欲しい。
風邪ひきかけ。こういう生活は改めないと駄目か。
外は物凄く寒いんだけれど、一向に雪の降らない東京。

さて。一介のファンなので、触れるべきか物凄く悩んだのだけれど。
コトリ・ブラックバードからあんずさんがいなくなってしまったこと。
凄く悲しい、淋しいというのが正直なところで。
昨日も偶然コトリの音源聴いて、歌詞とかじっくり聴いて、あんずさん凄いなぁって思ってたんだ。
8月のラプソディ、その後の高円寺クラブライナー、12月のラプソディ(最高に凄かった)。
全てが起こるべくして起こった奇跡だったと思う。
あの世に持って行きたいビューティフルな思い出。

こうして未練がましく?悲しいとか書くのは、コトリのどのメンバーも音楽も好きだからなのであって。
俺が知っていることなんて、ほんの少しだとしても。
勘弁してください。
みんながもっとうまくいって欲しい、いいことがあって欲しいと、ロマンチックに、子供チックに思う。
あんずさんが、ヴァシュティ・バニヤンみたいにいつかまた音楽を聴かせてくれるのなら、そのときもドキドキできる自分でありたい。

過去を振り返ってみれば、ずっと同じものなんて何一つないことが、いい加減分かる。
それなのに、分かってないんだよなぁ。と、わが身を思う。
後悔しない生き方なんていうのも、どのみちできないんだろう。
だったら何か一つうまくいって欲しい。そう思ってるなら、やるしかない。

| | コメント (2)

寝太郎

我ながら、寝すぎ。午前2時くらいに寝て、起きたら午後3時半ですよ。
夕方、ようやく出かける。
DEBRIS'って電子音とかノイズとかありつつの70'sパンク・バンドのCDを聴きながら。
カッコいいような、アホのような。
ブルース・ギターの教則本を突然買ってみる。
と、突然それっぽいフレーズが色々と弾けるようになって楽しい。
ベースは高校生くらいのときに沢山練習したけど、ギターではちゃんと練習はしていない。
若いときに何をするかっていうのは、その後の人生にとても重要だなと思う。
残念ながら、若いときには、自分に必要なものも分からないんだけれど。
今度はボサノヴァの教本も買ってみよう。

帰りはコトリのライブCD-Rを聴いてた。
で、さっきオーティス・レディングを聴いた。

こんな毎日は、前に進む準備期間のようで。
いつになったら本番が始まるんですか?と思う。

| | コメント (0)

今日の何某

寒い。部屋が寒い。
今日もかなり仕事はやられ気味。
ヴァシュティ・バニヤンの新譜「Lookaftering」を聴きながら、酒を飲む。
70年のアルバム、「Just Another Diamond Day」も実はそんなに何回も聴いている訳では無いけれど、この内容ならファンは満足だろう。
アンナ・カリーナの、カトリーヌ(確か)がプロデュースして出した復活盤は、個人的にはかなりがっかりだったけれど、2006年の今になっても、ヴァシュティの声は綺麗だ。
曲はあっさりしているけれど、穏やかな、陰影を楽しむような音楽。
機織りだとか、どこか北欧の海面だとかを想像するような、メルヘンの世界にしかないような音楽なんだ。
いい音楽を、いいタイミングで聴けることは、とても幸せ。
そして、また3連休。
何か、見つかるといいなと思っている。
小さなきっかけがね。

| | コメント (0)

仕事初め

今日から仕事。
辛かった。正月の自堕落な生活のツケが回ってきたのか、体調悪いし。
仕事の見通しも。不安で一杯だ。
仕事中、音楽のことを色々考えてしまう。

昨晩は、エラ・フィッツジェラルド聴きながら寝た。
布団最高。睡眠最高。エラも最高。
去年「半径1メートルの世界の中で」を録音した頃は、不眠症に悩まされていたけれど、今は良く眠れる。
眠る前にはいくばくかの恐怖心があるけれど、朝になれば、幾らでも寝ていたいと思う人間の不思議。

ロスアプで今年初購入の中から、WATER INTO WINE BAND「His Climbing For Beginners」を聴く。
クリスチャンのアシッド・フォーク・ロック・バンド。
なんだけど、このダイナミックさ、ドラマティックさは…NWOBHM(※注)のそれです!

注)New Wave Of British Heavy Metalの略。
IRON MAIDENとか。PRAYING MANTISとか。JUDAS PRIESTもそうかな?

それにしても、こういう音楽はあんまり何回も聴こうとは思わないな。
今、幻の名盤!みたいな感じでCDでリイシューされるような音楽って、結局当時売れなかった理由って何となく分かる。
どこかいなたいとか、ドラムのブレイクはめちゃくちゃファンキーだけど歌は地味とか。
でも、チャーミングではある。センスだけ良さそうというところに命懸けているよりは。

明日頑張れば、また休みだ。
嬉しい休みだ。

| | コメント (0)

あっという間です

昨日渋谷が気分といったばかりだけど、今日は新宿。
おぉ、セールだ、セールだ、人だ、人だ、ってな感じで。
勿論自分もその一員なのだ。

もう働いている人も沢山いることだろうけれど、自分は明日から仕事なので、悔しくて?最後のあがきに出かけた。
金に羽が生えているような気がするときが、たまにある。
今でこそ何とかなっているけれど、仕事も見つからなくて、金が無いことほどみじめなことはない、というのも知っている。
少なくとも今の日本では。

CDは、面白いほど面白いものが見つかる。今は、そういう時なのだ。持っている中の名盤よりも、未知の音楽を聴きたい。
新たな可能性を見つけられるなら、何十年前の音楽でも、昨日の音楽でも構わない。
そこら辺のおっちゃんやお兄ちゃん、お姉ちゃんの音楽でも、スーパースターの音楽でも、宇宙人の音楽でも、何でも良い。
最近は、あんまり実験的な音楽は聴かないけれどね。
自分が歌ものをやっているので。

今日はマイブラの初期レア・トラック集みたいなのを聴きながら出かけて、帰りはUPSETTERSの「Return Of Django」。
今聴いているのはジョゼフ・スペンスのスミソニアン・フォークウェイズから出ているブルースのコンピレーション。
ほとんどがハナモゲラの歌(うなり声)と、能天気なジョン・フェイヒィみたいなアコースティック・ブルース。
めちゃくちゃまったりする。まったりと、熱くなる。

結局のところ、正月休みに作曲と録音はしていない。
もっといい曲が書きたいな。
あんまり人の曲のコピーとかしないし出来ないから、自分で歌うための歌を、自分で書く。
できれば、もっと料理も出来たらいいだろう。そういうことを面倒くさがらない心があれば。

今年、お雑煮に入っていた以外に餅を食べていない。
すると、何故か餅が食べたい。毎年、別に食べたいなんてそんなに思っていなかったのにな。
無ければ無いで欲しくなる。というか、無いとなると欲しくなる。そんな俺が面倒くさい。

ミシシッピ・フレッド・マクダウェルのアルバムにも”聖者の行進”が入っていたけれど、ジョゼフさんのにも、賛美歌(とは思っていなかった)が入っている。トラディショナルって書いてあるけど。
明るいよね。ジャマイカのレゲエにもこういうのはある。
とことん平和な、宗教観。

2006年。平成18年。仕事に行ったら、そういう始まった気分になるかな。
頑張ります。

| | コメント (0)

気持ちE

060103_1649060103_1815 鷺沼(結構遠い)で、親戚のおごりで寿司を食べた。当たり前に旨い。
あと、寿司屋のおやじって喋りも達者だね。いろんな人が来て、カウンター挟んで喋らなきゃいけないんだから、そうなるんだろう。

あざみ野のじいちゃんの家に行って、一昨年の夏に亡くなったばあちゃんの遺影に手を合わせ、線香をあげた。
入院時にMANTRONIXのMIXCDを聴きながらバスで見舞いに行ったことを思い出す。
ばあちゃんのことは本当に大好きだった。
絶対的な信頼があった。
ばあちゃんの妹は健在で、少なくとも自分が物心ついてからは、ばあちゃんが亡くなるときに初めて会ったのだけれど、これまたとても魅力的な人だった。
こういうことは、とても俺に勇気を与えてくれる。

食事のあと、ひとりで渋谷の街に出て無駄に買い物。でもすこぶる気持ちE。つかの間の自由を満喫している気分。
俺の行動範囲は狭く、渋谷・新宿・下北沢に行くことが多いが、最近は渋谷が気分。
新宿のタワレコは好き。物欲がとまらなくなる。

ニューヨーカーズ・カフェで休憩。席数が多くて確実に座れるので。今日はかなり混んでいた。
ドトールとかニューヨーカーズ・カフェとか、安いコーヒー屋って落ち着く。
作詞家や脚本家か放送作家にでもなって、こういうところが仕事場になったら良いだろうなと一瞬思うが、締切前のストレスとか凄いだろうね。

ラスト一日をどうやって過ごすか。
とりあえず早起きだな。それで、二度寝します。
その気持ちよさを味わう。どうだ、ざまぁみろ!寝てやるぜ!みたいな。
まぁ、そのまま午後まで寝てしまってはいかんので、うまいこと調整します。

| | コメント (0)

新年会

060102_1942060102_1945_2今日は友人と新年会です。
餃子多数にチーズフォンデュを作って、さらに買ってきた焼き鳥なんぞもあるという良く分からない組み合わせで完全に満腹に。
ちなみにチーズフォンデュは結局パンを使うのが一番旨い。
明日は親戚と食事に行くので、胃腸を酷使する以外何もしていない正月。
自分の時間が欲しい。
あんまり創作活動のヴァイブレーションは出ていないけど。
正月のTVもなんだかな。
内Pスペシャルはちょっと久々に爆笑したけど。
いやはや。

| | コメント (0)

ドリトル

正月にしては、珍しく天気のあまりよくない東京の空。
でも、何か不思議な気持ちになるような色で。雰囲気があるというかね。
初詣でちょこっと外出。
結構1日から営業する店があるみたいで驚いた。働く人は大変だ。
もともとそういう職業の人は、土日とか関係ないのだろうけど。

ギターを弾いたけど、今日は何も出ない日。
まぁ、いいさ、いいさ。貯めていこう。

買いだめ音源、PIXIES「DOOLITTLE」を聴く。実はPIXIES初めて聴く。
これは、かなりカッコいいというか、結構折に触れ、聴きそうな感じ。
頭の2曲、凄い。13曲目もカッコいいなぁ。パッと聴き。

こんな風に、おいしいものを食べたり、良い音楽を聴いたりできることを、ありがたく思う。

| | コメント (0)

年明けたね~

明けましておめでとうございます。
こうして年を越せることは、全くありがたいことだ。

カナダに恋愛留学中の友人からもメールが来た。ありがとう。

ダブオさんのところに上がってた「真夜中のレインボー」弾き語り、凄く良いね。
2006年も、沢山良い音楽を聴いて、ぶっ飛ばされたい。

俺も、HPのInfoから新曲が聴けるようにしたので、聴いてみてください。
いつもありがとうです。

今日はあんまりCDとか聴いてない。
明日から聴こう。
や、でも、年越しって、いざその瞬間には、何の感慨もないなぁ。
準備をしなさすぎたかな。

ともかく、2006年がどんな年になるのかは、凄く気にしている。
2005年を踏まえてね。飛躍の年にしたい。お、ありがち?

| | コメント (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »