« 自由だ!! | トップページ | 年明けたね~ »

おもひでぽろぽろ

今日は久々に銀杏BOYZ聴きながら新宿へ。
ただ、電車に乗っているだけなのに、ぐっと来てしまう。
すごいなぁ、すごいなぁと思いながら移動。
一時期、凄く忙しいときに、朝起きて布団から出る前に、ニーネの「SEARCH AND DESTROY」や銀杏の「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」からヘッドフォンで数曲聴いてようやく目が覚めるとか、やってたなぁ。

思ったほど街は混んでいない。皆さん帰省中でしょうか。

最近、タワレコに行くと、欲しいCDばかりで、困ってしまうくらい。
あれも聴きたい、これも聴きたい。
中途半端に心地よいものは今は欲していない。何かヒントや驚きが欲しいから、色んなジャンルに目が行く。
できるなら、クラシックとかも聴きたいけどね。

今日凄く驚いたのは、ヴァシュティ・バニヤンの新譜が出ていたこと!
俺は再発のCDで1stを買っているので、そんなに凄く思い入れがあるわけではないけれど、アシッド・フォーク界でも超レア盤として有名なアルバムを1970年に1枚リリースしたきり、という幻のSSWなのだ。
本当はスウィンギン・ロンドンな、ガール・ポップみたいなシングルも出してたことがあるみたいだけどね。
それはともかく、35年ぶりの新作って、凄い!
それだけで興奮して買ってしまった。
今日は買わなかったけれど、ハワイ産アシッド・フォーク、リンダ・パーハックスのCDも、6曲ボーナス・トラックつきだからいつか買おう。女性ヴォーカルのアシッド・フォークも色々あるけど、一番好きで思い入れがあるのはこれなのだ。

PRINCEのネットでは出ていたというシングル「TE AMO CORAZON」も買ってみた。聴いてみた。
シリアスなラテン・ナンバーで、なかなか良いです。艶のある歌唱が楽しめる。

もっともっと色んな音楽を聴きたいな。
80年代ニューウェーヴ、パンクの再評価から、ついにはメタルまで。
ソウルとかも、これまでCD化なんてありえなかったようなレア盤とかがばんばん出てるみたいだし。
アナログはアナログで、その価値は変わらないと思うから、CD再発はどんどんされたらいいと思う。

それで、今、Jackie-O Motherfuckerなるグループのだら~っとした音響系サイケデリック・フォークを聴いてる。
こういうの聴くの、凄い久々。ロス・アプソンとかいくと、こういうの昔からあった気がするけど。

MARQUEEって雑誌があるでしょ。今や開く気もしないような感じになってるけど、一時期良く読んでいて、それでロス・アプソンみたいな店があるのも知った。
俺がMARQUEEを買い始めたのは、ちょうどコーネリアスのFANTASMA、ピチカートの透明ビニール・ハングル語ジャケの奴、あの辺の頃。
MARQUEEの編集長が、メタル雑誌のBURRN!にプログレの連載コーナーを持っていたんだけど、ATARI TEENAGE RIOTとか紹介したあげく、捨て台詞吐いてやめたんだよね。
俺も、メタルって先に進まないな~とようやく気付きだした頃で、それで気になって、そうしたらMARQUEEはちょうどプログレから渋谷系にリニューアルされた頃で、全然知らない世界で、眩しく見えた。
バッファロー・ドーターが表紙のを始めて買ったと思う。
で、サニーデイ・サービスが本当に衝撃的だった。
それまで、メタルか、せいぜい図書館とかでCD借りて、もうちょっと幅広い洋楽のロックとかだったのが、あんな日本語で、柔らかくて、暖かくて、キラキラしたような音楽を知って、本当にのめりこんだ。
ネタンダーズも実は、MARQUEEの記事で知ったはずで、CDも持っているから、3月のラプソディで観るのが、本当に楽しみだ。
フィッシュマンズも知ったし、良かったと思う。

ニーネは、聖跡桜ヶ丘に一時期ディスク・ユニオンがあったときに、そこで「うつむきDXOK」が紹介されてて、「8月のレシーバー」の絡みで当時サニーデイの曽我部恵一も褒めているよみたいに書いてあったので、それで買った。
当時は、曽我部さんの紹介するものは何でも買ってるような感じだったから。
ニーネは、サニーデイを熱心に聴いているけれど、周辺の情報はすっぽり抜けているような、自分の文脈には無い様な歌詞と音楽で、最初はよくわからなかった。
でも、曲はいいなと(確か)思ったので、何回も聴いた。段々、心の中を占めるようになって、「8月のレシーバー」も買った。
思えば、随分前のことだ。ちなみに初めてライブを観たのは、「ハッピータイム ハッピーアワー」の後で、ワンマンより後に、マーガレット・ズロースとの対バン。
新宿JAMで、いわゆるライブ・ハウスに行ったのは初めてだった。
当時はまだベースが平野さんでドラムはサダさんだった。
あれ以来、俺は何本のニーネのライブを観ているのだろう。

今日も一曲、録音をした。
人に力を与えられるように考えてやっているんだけれど、ちょっと肩に力が入りすぎだろうか。

もっと、もっと。
生きている間に、知りたい。感じたい。幸せになりたい。
幸せにしたい。
そういうことは、人類の歴史には、どうでもいいことなんだろうけど、俺の歴史には、それしかない。

昔読んだ本で、人なり、なんなりが、存在したこと、起こったことは、絶対に否定できないんだって出ていた。
誰も知らないところで、誰にも認知されずに、小石が池に落ちたとする。
それは起きたか、起きていないか。
起きたことは、間違いないんだ。
後にも先にも、知るものがいなくても。

こんなに色々考えるのは、酔っ払っているからか、年末だからか。
今年も、思うようにはいかなかった。
来年になったらうまくいくなんて話もないだろう。
それでも、何もないわけじゃない。何かがある。
一緒に楽しんでくれる人がいたら、何よりだ。

|

« 自由だ!! | トップページ | 年明けたね~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自由だ!! | トップページ | 年明けたね~ »