近況

ここのところ、伝統こけしBlogの方しか更新していないので、こちらはかなりご無沙汰です。

mixiはだいぶ前からもういいかなーと思っていたので退会しました。

twitterはやってます。
suntronix_fugaです。

最近は、西荻窪のTHE”ロック”食堂さんでいろいろイベントやっています。
7/22~8/20で伝統こけし関連の雑貨等を出展した「いこいここけし展」を開催、会期中には山内智博くんと一緒にライブをやったり、友達が遊びに来てくれたり、初めて話す方ともこけし話で盛り上がったり。
いろんなきっかけになったと思います。

で、8/31まで「FUGAのまんが展」をやっています。
まんがは2009年の秋頃から突然描き始めて、それをライブ会場で配ったりとかCD-Rのおまけにしたりしていたので、それを一堂に会して読めるようにしたもの。
以前からお世話になっている雑貨屋の店主さんもこの前初めて読みに来てくれて、「ヤバイ…」といいながら爆笑してくれたので、嬉しかったです。
普段なら1分と会話が持たなさそうなギャル?も面白がって見てくれたり。
笑いながら、きゅーんとくる漫画なので、読んだほうがいいですよ。ほんと。
音楽ともたぶん通じるところはあると思うのだけれど。

ということで、本題。
展示最終日の8月31日(水)に記念ライブをやります。
ノーチャージ、通常営業中なのでなにかフードかドリンクをオーダーしてください。
仕事帰りにふらっと飲み食いにきてください。
普通においしいし居心地よい、大好きなお店です。
気が向いたら一杯おごってください。

ライブは久しぶりにアコースティック弾き語りでやります。
エレキでも最終的に試行錯誤の末指弾きに移行しかけていたけれど、アコースティックだとさらにやりやすいし向いているかも。ね。
もともとベースを指弾きでやっていたこともあり、もうちょっとやっていくと、感覚的に同じように弾けるかなー。

新曲はちいとも書けていないけれど、一応向かい合うようにしています。
昔から書けるときはドバーっと書けるし、書けないときは、もう2度と書けないんじゃないか?というくらい書けないので。
あとは、まぁ、時間だとか、環境的なものもありますが。
続いていたイベントも、このライブで、ひとまず何かの区切りに。

これが終わったら鳴子の全国こけし祭りに行きます。
とても楽しみ。

| | コメント (0)

LIFEWORKS ありがとうございました!

昨日は幡ヶ谷ForestLimitの「LifeWorks #13」にお越しいただいたみなさま、主催者・共演者・関係者・スタッフの皆様、本当にありがとうございました。
ドラム叩いてくれたスッパさん、ありがとうございます。

久々に会う人、初めて会う人、いろんな人といろんな話ができて嬉しく、楽しかった。
このイベントには、これまでいろんなミュージシャンが出てきて、みんな少しずつそこで交流も生まれたりしている。

個人的には、非常に反省点もあり、よい部分を多くの人にしっかり伝えていくためには、段階を踏まえて修正していくしかないな、と思いました。
あれもこれもつながっていて、これでいいよって答えはないにしても。
ともあれ、今聴いてほしい曲に、何かを感じていただけたならば、幸いです。

次は7月27日(水)西荻窪ロック食堂、19:00~山内智博くんと。
「いこいここけし展」記念ライブで、やまちゃんと互いの曲にも参加したりしつつやります。
お食事がてら、いらしてください。

| | コメント (0)

7月のライフワークス

とても眠れそうにない夏日の夜。
ライブイベントに出させてもらうので告知です。

Life Works vol.13

2011年7月18日 祝日
forestlimit 東京都渋谷区幡ヶ谷2-8-15 幡ヶ谷K3ビルB1F
open19:00 start19:30
¥1800+1Dオーダー
LIVE:ソウル兄弟 , Oono yuuki , スッパマイクロパンチョップ×山藤輝之 , プリミ恥部 (白井剛史、平岡香純、白井多有)+宇宙マッサージ
写真:田中慎一郎(タナシン )

去年ずっとやっていて、今年前半は休止していた、タナシンのライフワークスが復活しました。
先月のみずにわ君のイベント、ラプソディの会場でソウル兄弟のごう君がスッパさんを誘ったついでに紹介してくれて、そのままイベントにもねじ込んでもらった形。
つまり、スッパさんはソウル兄弟にもなんらかのパートで参加し、俺、つまり、さんとうの出番にもドラム叩いてくれます。
タナシンはと言えば、新宿で撮影した出演者の写真を中心に展示してくれるのだと思います。
イベントとしてのライフワークスの休止中にも、個人のライフワークスは続いていて、みんながこれまでの人生に体験したことのない震災もあったし、まだ生きてるし、互いに成長してきたので、まあ、とにかく思い切りやろう。

聴く人にも自分にも、勇気を与えられるように。
ロックンロールを聴いたからって、貯金が増えたりお腹が膨れることはないけど、まだやれることがあると、自分では日々感じています。
それがなきゃ本当に意味がないけど、案外、今の気持ちでいろんな曲も歌える。
フレッシュな気持ちになりたい人、今から手帖に印つけて遊びにきてください。
自分にも期待しているし、出演者も写真家も豪華なイベントです。
ぜひ。

| | コメント (0)

今週末は

高円寺ShowBoatでこんなイベントがありまーす。
竹野くんのblogより転載。

『Rhapsody vol.18』

2011年5月29日(日)
at 高円寺ShowBoat

開場18:00/開演18:30
前売2,500円+d/当日2,800円+d

【LIVE】
吉村秀樹(bloodthirsty butchers)
割礼
andYoung...(from大阪)
竹野恭章バンド

前売チケット
1.企画者宛へのメール予約受付中です。
 「5/29竹野チケット予約」の件名で、本文にお名前、枚数をご記入の上、
  rhapsodymizlock@hotmail.co.jpまで送信してください。
2.ShowBoat店頭販売(発売中)
3.イープラス(発売中)
整理番号なし、当日早く来た方からの入場になります。

この企画は今となっては長年の友人、みずにわ君がずっと続けているイベントです。
まあ、何はともあれ一朝一夕には辿り着けないこってりと濃いイベントであることは出演者の顔ぶれからわかりますね!?
ShowBoatなので音響もバッチリかと。
皆さまおいでませ。

個人的には竹野くんのライブ観るのは多分震災後初めてになるかな?
ライブ自体全然行ってないかも。
ということで、いろいろ楽しみです。

| | コメント (0)

西荻窪ロック食堂でフリマやります

今日15日、13時〜17時、西荻窪ロック食堂前でフリマやります。
他にも何組かいらして、賑々しく、あるいは無言で並んでると思いますので、遊びに来て下さい。

CD、本、洋服、アクセサリー等、いわゆるフリマ的爆安価格にて提供します。
きっとお値打ち商品見つかるはず。

西荻窪は古本屋、喫茶店、アンティークショップ等たくさんあって、のんびり日曜を過ごすのによいところですよ。
ロック食堂は秋田料理が楽しめるお店なので、そちらもぜひぜひ。
今日ランチもやってるみたいです。

| | コメント (0)

かまってかまって

このBlogは特に音楽Blogということもなく、タイトルどおりに考えること雑記だったのだけれど、こけし関係のエントリーも増えてきたので、こけし用にまた別のBlogを書くことにしました。

こけしのなかのわたし

興味のあるかたはぜひ。
こけし持っていないけれど興味はあるわ、という方への誘い水も続けていきます。
こけしBlogでも、今までのようにこけしを通して色んなことを考えていけたらいいな。

昨日は旧教育テレビことEテレで神聖かまってちゃんのドキュメント見た。
かまってちゃん、ちゃんと聴きたいなー。
あんぐらい不安定な音楽か、普通に古きよき音楽か、どっちか。
あっ、うそうそ、そんな簡単には割り切れないけれど、仕事場でCDがかからなくなってしまったこともあり、音楽聴く機会がほとんどなくなってしまった。
かまってちゃんは、の子はエキセントリックすぎて、それを見守るメンバーの方に感情移入したりして。
あんまりよく知らないけれど、とりあえず、メロディ、歌詞、それを支える気持ち、サウンドデザイン、好きだと思ってる。

さて、今週末5月15日(日)、西荻窪ロック食堂さんのフリマに参加します。
カフェオーケストラのある通りです。
何売るかはまた考えねばならねば。
13:00~17:00くらいまでやると思うので、よろしくお願いしますっ。

| | コメント (0)

はじまったーおわったーまだつづくー

祝日の金曜日は、自転車で野川公園・武蔵野公園の方に行って、中村文具店というお店に行ってきた。
これがまた、ちょうどよい天気・新緑の季節あいまって、白昼夢のように気持ちよいお出かけになりました。
また行きたいわー。
とにかく広くてきれいで、公園以外の、野川の周辺もいいし、行く途中の東八道路のサバービア感も楽しく、ハードオフにも寄ったし、肝心の中村文具店の男くさくマニアックになりすぎないゆるいたたずまいも、すべて最高でした。
中村文具店は平日休みのようなのでご注意。

土・日と高円寺びっくり大道芸内で高円寺チャリティーマーケットの運営を手伝っておりました。
日曜は一日強風、最後は雨で強制撤収ながら、2日で商品提供していただいたお店にもお客さんにも参加スタッフにも、被災地にも、みんなが嬉しい活動ができたのでは、と思います。
売上は全額杉並区を通じて義援金になります。
西荻で知り合ったママさんがお子さん連れて子供服買いに来てくれて、袋いっぱいに買い物してくれたのは本当に嬉しかった!し、激安で可愛いものばかりだったので喜んでももらえたよう。
近隣のお店にはこのイベントでご迷惑もあったかも知れないけれど、いろんな人に高円寺に遊びにきて気に入ってもらえるきっかけになっていて、2日間のみ、今年は特にチャリティーの運営だったのでなにとぞご容赦を。

今日は出勤でもろもろ仕事を片付けて、明日からはまたいろいろお楽しみな企画があるので、遊びに行きたいな。

そういえば、大雨の中タイムテーブル通りにパフォーマンスを遂行するパフォーマーはプロだったなぁ。
そして、傘を差してそれを観て拍手送る観客がたくさんいたことにも感動を憶えました。
肝心の大道芸あんまり観る時間なかったのだけれど、来年もぜひ。

| | コメント (0)

まちがえたー

昨日の記事で、東北チャリティーこけし市の開催日を間違えていたので修正しました!!
ごめんなさい!
改めてご紹介。

「東北チャリティーこけし市 ~誠一とでくのぼうのなかまたち~」

日時:2011年5月3・4・5日(祝) 13時~16時
場所:挽物玩具 ねぎし 東京都台東区根岸3-4-10
会場までのアクセス

あなたのお部屋にこけしを飾り、陸前高田市のこどもたちにこけし工人のコマを贈りませんか

マニア向けのイベントではない、ということなので、こけしに興味があるよ、という方、谷根千巡りのついでにぜひ遊びに行きましょう!!
きっかけは震災でも、こけしの静かな微笑みがあなたの心に、これから過ごす日々にそっと寄り添ってくれるでしょう。

職場のCDラジカセでCDがかからなくなってきた。
ぐっすん。
あんまり他で音楽聴く機会がないので、これは痛い。

マックで週変わりのランチが始まってた。
週変わりの定番ハンバーガーにポテトS,ドリンクSで380円だっけな。
プラス160円でMMになるらしいけど、ポテトだけMがいいな。
なんか物足りなくて、店もすいていたのでマックフルーリーのバナナケーキとやらを追加でデザートにしてしまった、という罠。

明日はお休み、土日は高円寺びっくり大道芸で、北口の高円寺チャリティーマーケットのお手伝い。
チャリティーマーケットは高円寺フェスの企画・運営です。
で、月曜は出勤(休みだとばかり思っていた)、火~木は祝日おやすみなので、上記のこけしイベントほか、遊びに行こうかと。

| | コメント (0)

GWの予定

風が強い。
街のあちこちではらはらしたりはらはらさせられたり人がいるでしょう。
かつらが飛ぶとかスカートがめくれるとか自転車が倒れるとか桶屋が儲かるとか、まぁいろいろ。

いつの間にか、ザ・ムンズ/竹野恭章バンドの竹野くんのBlogが復活していた。

まあ内容は相も変わらず気ままにやってるよ、です。
Blogはムンズのリーダー、宮本くんの方が面白いけど、あんまり書いてくれない。

GWといえば、がなるうなるの略ですが、この時期のイベントについてご紹介。

30日(土)、1日(日) 高円寺びっくり大道芸
毎年恒例のイベントですが、今年は全面的に、東日本大震災の被災地への支援・チャリティーを打ち出しています。
大道芸のイベントはどこでやっても昼間にやって電力なんてほとんど使わないはずなのに、各地での中止が相次いでいるとのこと。
義援金の寄付、芸人さんへの投げ銭、よろしくお願いします。
高円寺フェスでは純情商店街の三菱東京UFJ銀行の横でチャリティーマーケットやります。
高円寺チャリティーマーケット
このほか、福島や関東の野菜販売とかもあるようです。

3日(火・祝)~5日(木・祝) 東北チャリティーこけし市~誠一とでくのぼうのなかまたち~
陸前高田で津波に遭い亡くなられた、こけし蒐集家の高田誠一さんを偲び、こけし仲間たちが企画したイベントです。
売上から被災地のこどもたちに工人さんが作った独楽をプレゼントするとのこと。

1日(日)~15日(日) マーブルマーケット@高円寺ハチマクラ
福島出身の輸入雑貨ネット販売されている方のイベントです。

こういうものに行こうかと思っております。
天候に恵まれますよう。

今回はリンクだらけでした。
皆様もGW楽しんでね。

| | コメント (0)

目と耳

にわか雨とか突風もあるけれど、ともあれ暖かく、春らしくなっている。
今年の夏の暑さが恐ろしいけれど、桜のあとの、新緑も確かめに公園にでも行ってみたいような。
暖かくなると、多少なりとも開放的な気分で個人消費も増えるのでは。
地震のあと、夜出かけるのはあんまりなぁという気分になったけれど、実際どうなのでしょう。
地震と関係ないかな。
お金もあんまりないし。

twitterで自分がフォローしている人が増えてきたので、リストとやらを作ったほうがよいのかなと思っているけれど、ひとつのアカウントでも幅広い発言が含まれている人が多いと思うので、なかなかぱきっと分けられないような。
んー、神経質?
Facebookは友達少ない人間がやって何か得があるのだろうか。

MySpaceは既に完全放置だけれど、あんまりSNSとか管理しなきゃならないものが増えるのも、なー、とか思ったり。
mixiもtwitterやるようになってからは、あんまり、ねぇ。
あ、自分のHPも非常によろしくないのは分かっているけれど、FTPの接続情報とかわからなくなってしまったので、完全放置です。
URL生きているのかな…

最近こけし話が増えて、音楽話が枯渇気味ですね。
無理してすることもないか、という気もするのだけれど、音楽に関しては、もう何年も前に、一通りの刺激を受けて、不感症気味、ともいえる。
だからといって、飽きた、というわけではない、とは思っている。

そういえば、さらに話変わって、昨日NHKでカメラマン3人の鼎談を観た。
カメラマンというのは、人間を撮るのであれば、被写体とコミュニケーションをとる(またはとらない)というところがカメラを扱うという狭義の撮影技術と同じくらいに重要で、それが面白い。
われらが田中慎一郎が撮影していた平賀さち枝さんの写真は、それはそれは素晴らしくて、自分がたなしんにかかわるようになってたくさん写真を見せてもらったここ1~2年の集大成というか、うん、良かったです。
で、カメラマンは視覚要素を切り取るわけだけれど、そこに作家性があって、たいていの人はトリミングはしてもレタッチはしていない、と(勝手に思っている)。
それでは、録音技術師、エンジニアの作家性というのは?と考えてみた。
まず、カメラマンみたいに、マイク持って自分の意志でミュージシャンに録らせてくれ!って人はあんまりいないよね。
もちろん、マイキングひとつでも作家性は出ると思うけれど、実際に音楽の製作現場(ほとんど知らない)では、プロデューサーが作家性の片棒を担いで、エンジニアは黒子に徹している、と。
なんてことを、視覚と聴覚の印象の違い含めて考えていました。

| | コメント (0)

«高円寺・神田